おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

*

持ち運びしやすい液タブはメリットが多い!選ぶ際のポイントを紹介

   

wacom ワコム Cintiq 13 HD フィルム ペーパーライク 液タブ 紙のような 保護フィルム アンチグレア 反射低減 Touch Companion2 マット [EXMO,Inc.] EXPF-cintiq13-PL

液タブを利用している方たちの多くは、自宅でイラスト作品を制作しているでしょう。

実際に、液タブを自宅に設置して作業できたら、外まで持ち運ぶ必要がないように思うかもしれません。

ところが、外まで液タブを持ち運ぶ事ができたら、様々なメリットがあるのです。

そこで、液タブを外まで持ち運びしやすくするためのポイントやメリットなどを紹介するので、参考にしてみて下さい。



おすすめ液タブ・板タブ製品ランキングはこちら

スポンサーリンク

液タブを持ち運ぶ際のポイント

液タブを外まで持ち運ぶ場合には、パソコンの種類も重要になる場合もあれば、液タブの選び方が重要になる場合もあります。

そこで、どのようなパソコンや液タブを選んだら良いのか解説するので、確認してみて下さい。

ノートパソコンを併用

多くの液タブは、パソコンと併用する必要があるので、外まで液タブを持ち運ぶ場合には、パソコンも必要になってしまいます。

そこで、おすすめなのが『ノートパソコン』を併用する方法です。

ノートパソコンと液タブであれば、どちらともコンパクトなサイズになっているので、1つのバッグに収納する事もできるので、それほど荷物になる事がないのです。

ただし、ノートパソコンと液タブが接触するような収納の仕方では、故障の原因になるので注意しなければいけません。

2つの機種を収納する場合には、2つの機種を分けて収納できる製品を選ぶようにして下さい。

小型サイズの液タブ

液タブには、大型サイズの機種もあれば、小型サイズの液タブもあります。

実際に、27インチにもなっている機種がありますが、13インチ前後になっている機種もあるのです。

13インチ前後であれば、バッグに収納しやすくなっていますし、それほど重くもありません。

そのため、外まで液タブを持ち運びしたい場合には、小型サイズの液タブを選ぶようにしましょう。

パソコン不要の液タブ

小型サイズの液タブとノートパソコンを併用したら、外まで持ち運びしやすくなりますが、2つの機種を接続する事が面倒に感じてしまう方もいるでしょう。

そのような方におすすめしたいのが、OSを搭載している『上位機種』の液タブです。

OSを搭載していれば、パソコンを使わなくても、液タブだけでイラストを制作する事ができるので、外出先でも簡単にイラストを制作する事ができます。



おすすめ液タブ・板タブ製品ランキングはこちら

スポンサーリンク

パソコン不要の液タブのメリット

パソコンを利用しなくても、イラストを制作できる液タブは、様々なメリットがあるので、利用価値が高くなっています。

今まで、上位機種の液タブを利用した事がない方たちのために、どのようなメリットがあるのか紹介するので参考にしてみて下さい。

気分転換が容易

自宅で、作業ばかりしていたら、集中力が低下してしまって、イメージ通りのイラストを制作できない場合があるのです。

そのような事になったら、思わずインターネットやテレビなどを見てしまって、作業を中断するケースまであるので注意しなければいけません。

それに引き換え、カフェでイラストを制作する事ができれば、美味しいコーヒーやケーキを口に入れる事ができる上に、オシャレな内装を見る事もできます。

そうすれば、気分転換を行う事ができるので、イメージ通りのイラストを制作できる可能性が高くなります。

打ち合わせで活用

液タブを利用している方たちの中には、プロのイラストレーターの方も多いでしょう。

今は、インターネットを活用する事により、自宅でもクライアントの方と打ち合わせをする事も可能です。

しかし、イラストレーターの場合には、実際にクライアントの方と対面して、様々なイラストを見せるほうが自分の才能をアピールする事ができます。

そのため、少しでも多くの仕事を確保したい場合には、持ち運びしやすい液タブを外出先まで持参して、自分の才能をアピールする事は大きなメリットといえるでしょう。

スキマ時間を活用

カフェで、イラストを制作できるようになれば、公共交通で待っている間でも作品制作する事ができます。

実際に、最近では駅ビルの中に多くのカフェがあるので、電車またはバスが到着するまで、作業を進める事が可能です。

駅ビルは、全ての所にある訳ではありませんが、小さな駅であっても周辺にはカフェが存在する所は多くあります。

そのような事が可能になっているので、持ち運びしやすい液タブを利用していれば、スキマ時間を活用する事も可能です。

スキマ時間を活用する重要性

自宅で、イラストを制作するほうが、気持ちが落ち着く方もいるかもしれません。

ところが、スキマ時間を活用して、イラスト制作していれば、様々なメリットを得る事ができるので詳しく紹介します。

そのメリットを知れば、スキマ時間を活用する重要性が理解できるはずです。

収入アップ

イラストレーターの場合であれば、多くのイラスト作品を制作する事により、収入をアップさせる事ができます。

しかし、会社員の方はイラストを制作できる時間を確保する事が難しいでしょう。

実際に、自宅から1時間以上もかけて会社に通勤している場合には、仕事時間だけではなく通勤時間もあるので、イラストを制作する時間は少ないのが現状です。

ところが、スキマ時間を活用する事ができれば、会社員の方でもイラストを制作できるようになるので副収入も得られるので、収入アップする事ができます。

自由な時間を確保

スキマ時間を活用する事ができれば、自由な時間を確保しやすくなるので、あまりストレスをためないで済みます。

実際に、イラストレーターの仕事だけで生活をできるのは難しいので、スキマ時間を活用しなければ、自由な時間を確保する事は難しいのです。

そのような事を考えたら、少しでもスキマ時間を確保しておく事は重要なポイントと言えるでしょう。

小型サイズの液タブのデメリット

小型サイズの液タブであれば、外まで持ち運びしやすくなっていますが、残念ながらデメリットもあります。

そのデメリットを知らないで購入してしまえば後悔する事になってしまうので詳しく解説しましょう。

視認性が低い

液タブは、板タブとは違って、イラストがパソコンではなくペンタブ本体のディスプレイに表示されます。

そのため、コンパクトなサイズになっていたら、イラストが小さく表示されてしまうので、少し見えづらくなっているのです。

専用ソフトの『拡大ツール』を活用したら、イラストを拡大する事ができますが、元のサイズに戻すためには縮小ツールを活用する必要があるので、少し手間暇をかけてしまいます。

そのため、視力が低い方は少しイライラしてしまう可能性があるので注意して下さい。

線を引く事が難しい

大型サイズになっている液タブであれば、肘を使って専用ペンをスライドさせる事はできますが、小型サイズになっていたら手首を使って専用ペンをスライドさせなければハミ出やすくなっています。

手首を使って、専用ペンをスライドさせようとしたら、線が曲がりやすくなってしまうので注意して下さい。

そのため、コンパクトなサイズの液タブは、あまり勢いよく線を引けない事は覚えておいてほうが良いでしょう。

まとめ

自宅で作業する場合には、落ち着いてイラストを制作する事はできますが、スキマ時間を活用する事は難しいです。

実際に、インターネットでクライアントと打ち合わせしようとしても、クラウドソーシングでメッセージや画像を送信しても、相手が見るまで時間をかけてしまう場合があります。

そのような事を考えたら、直に液タブを持参して、クライアントの方に見せるメリットは大きいので、持ち運びしやすい液タブを検討する価値があります。

参考URL・参考文献・根拠など

https://www.amazon.co.jp/%E3%83%AF%…

スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 液晶ペンタブレット(液タブ)