おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

*

新潟デザイン専門学校はデザインを学びたい方には魅力的な場所!

   

日本にはデザインを学べる専門学校は多くありますが、自分が学びたいと思える学科がない場合があります。

そのため、デザインを学べると思って専門学校へ入学したのに、数年間を無駄にしてしまう可能性があるので、注意しなければいけません。

そこで、おすすめしたいのが『新潟デザイン専門学校』です。

この専門学校は、デザインに関連する学科が数多くあるのです。

そのため、デザインを学びたい方には興味深い専門学校だと思うので、その魅力やカリキュラムなどを紹介しましょう。

私が絶対おすすめするイラスト・アニメ専門学校・通信講座ランキングはこちら

スポンサーリンク

新潟デザイン専門学校をおすすめする理由

デザインを学びたい方に、本製品をおすすめする理由は、様々な学科が用意されているだけではなく、優秀な講師陣がいるからです。

実際に、本校には50名を超える現役のデザイナーやクリエイターたちが生徒たちを指導しています(2018年7月3日時点)。

そのため、短い学習期間でもスキルアップする事が十分に可能です。

そして本校では、スキルアップした生徒たちを強力に後押しをしてくれる『就職バックアップ制度』まで用意しています。

そのため、スキルアップできるだけではなく、デザイン業界で活躍したい方は、本校で学んでみる価値があります。

私が絶対おすすめするイラスト・アニメ専門学校・通信講座ランキングはこちら

スポンサーリンク

プロフェッショナルな人材を育成する学科

本校には、プロフェッショナルな人材を育成できる学科が6つも用意されていて、それが、デジタルデザイン科・グラフィックデザイン科・キャラクターイラストデザイン科・美術&工藝デザイン科・写真デザイン科・雑貨&ジュエリーデザイン科です。

そこで、この6つの学科について詳しく紹介するので確認してみて下さい。

デジタルデザイン科

デザイタルデザイン科は、パソコンの操作やデザインの基礎知識などを学ぶ事ができるので、CGデザイナーやCGイラストレーターなどを目指す事ができるのです。

そのため、アナログ関連のデザインの作品を製作する事が苦手な方は、デジタルデザイン科はおすすめです。

実際に、デジタルデザイン科では、ムービーデザインや3DCGデザインイラストなどを学ぶ事ができるので、CG関連のイラストを製作できるスキルを習得する事ができます。

グラフィックデザイン科

デザインは、ムービーやキャラクターなどを製作するだけではなく、新聞やポスターなどをデザインする分野もあります。

そのようなスキルを学ぶ事ができるのが、グラフィックデザイン科です。

このグラフィックデザイン科では『POP広告クリエイター技能審査試験』や『色彩士検定』などを取得する事も目指せます。

さらに、グラフィックデザイン科で学べば、アートディレクターや広告プランターなども目指す事ができるので、幅広い分野で就職活動する事が可能です。

キャラクターイラストデザイン科

日本全国で根強い人気を誇っているもので『ゆるキャラ』があります。

それは、新潟県では『トッキッキ』があったり、熊本県では『くまモン』などがあったりして、地元だけではなく他県からも注目されているのです。

そのため、キャラクターを製作できる人材は必要とされているので、デザイン業界で活躍したい方には、キャラクター製作のスキルを習得するメリットは大きいです。

そして、キャラクターデザイン科では、そのキャラクター製作のスキルを習得できるカリキュラムが用意されています。

美術&工芸デザイン科

デジタルのデザインよりも、工芸品をデザインしたい方もいるでしょう。

そのような方におすすめしたいのが、美術&工芸デザイン科です。

この美術&工芸デザイン科では、平面の他にも、立体や空間などを実践的に学ぶ事ができます。

しかし、工芸品をデザインするためには、ある程度のデッサン力が必要になります。

そこで、美術&工芸デザイン科ではデッサンを学ぶ授業が用意されているので、今までデッサン力がない方でも、しっかりとしたスキルを身につける事が可能です。

写真デザイン科

デザインを学びたい方たちの中には、意外に思う方もいるかもしれませんが、カメラを使ってデザインする分野もあるのです。

実際に『コマーシャルフォトグラファー』は、企業が購入してもらいたい商品の購買意欲を高めるための雑誌広告やポスター製作などに関わります。

そして写真デザイン科では、写真撮影するスキルを身に付けられるように、デジタルカメラの基礎知識や、デジタルフォトなどを学ぶ事ができます。

さらに、人物撮影まで学ぶ事ができるので、カメラマンになる事も夢ではありません。

雑貨&ジュエリーデザイン科

女性であれば、雑貨やジュエリーをデザインしたい方もいるでしょう。

雑貨&ジュエリーデザイン科では、ジュエリーデザイナーやシルバーデザイナーを目指せるカリキュラムを用意しています。

ジュエリーデザイナーであれば聞いた事がある方は多いかもしれませんが、このシルバーデザイナーとはシルバー素材を加工してデザインする仕事になります。

そして、雑貨&ジュエリーデザイン科はショップスタッフやショップオーナーを育成する事まで行なっているので、自分のお店を持ちたい方には魅力的な学科です。

マルチなスキルを身につける学科

プロフェッショナルな人材を育成する学科では、様々な職業を目指す事はできても、様々なスキルを習得できる学科は多くありません。

それに引き換え、マルチなスキルを習得できる学科もいくつかあるので、詳しく紹介するので参考にしてみて下さい。

デザインマスターズ科

デザイン業界で活躍したい方たちの中には、学校を卒業した方だけではなく、社会人の方もいるでしょう。

しかし、社会人からデザイン業界の職業へ転職する事は簡単ではありません。

ところが、デザインマスターズ科であれば、わずか1年でデザイン業界の職業へ就職する事を目指せるのです。

そのため、社会人で蓄えがあまりない方でも、1年であれば転職する事も十分に可能なので、本校のデザインマスターズ科で学んでみる価値があります。

ただし、わずか1年の間に、デザインに関連する専門知識や技術を数多く習得するので、率先的に学ぼうという姿勢で臨まなければ就職する事は難しいので注意して下さい。

クリエイティブデザイン科

デザインマスターズ科とは違って、クリエイティブデザイン科では4年もの学習期間を設けて、デジタルの基礎・応用・実践まで幅広く学ぶ所です。

実際に、クリエイティブデザイン科では1年~2年次では選んだ各専攻の技能や応用などを習得して、3年~4年次で本学科へ編入される流れとなっています。

さらに、企業プロジェクトやインターンシップの参加なども設けられているので、在学中からしっかりと就職活動に取り組む事もできるのです。

本校のイベントで貴重な体験

本校で、デザインを勉強しようと考えていても、毎日デザインばかりを勉強していたらストレスがたまる方もいるでしょう。

そのような状態に陥ったら、集中力が低下してしまいますが、本校では数多くの『イベント』が用意されているので適度にストレスを発散する事ができます。

実際に『NSG大運動会』や『国内研修』などが行われているので、本校の校舎から外に出て、様々な体験をする事ができます。

そのため、本校に入学をしたら、デザインの他にも、様々な事も学ぶ事ができるのです。

まとめ

本校では、様々な学科が用意されている専門学校なので、デザイン業界で活躍したい方には魅力的な所です。

実際に学科の種類が少なければ、あなたが目指している職業に就くためのスキルを習得できない場合あるので注意しなければいけません。

ただし、学科の数が多いという事は、逆の言い方をすれば、あなたが選ぶべき学科を専攻しなければデザイン業界で活躍できないので注意して下さい。

スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 専門学校で学ぶ