おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

*

映像の制作現場に携わりたい! 映像について学びたい時のデザイン専門学校の選び方

   

様々なデザインの分野がありますが、中でも映像の分野はほかにはない無限の可能性と魅力があります。

CM制作や音楽のPV制作、映画など映像とひとことで言っても幅広い種類があるので、将来プロとして映像の制作現場に携わりたい場合には、方向性をしっかり定めて必要なスキルを身につけることが大切です。

ここでは、映像について学びたい時のデザイン専門学校の選び方をご紹介したいと思います。

私が絶対おすすめするイラスト・アニメ専門学校・通信講座ランキングはこちら

スポンサーリンク

プロとして映像を作るために必要なスキルとは

現在はパソコンやカメラ、ソフトさえあれば簡単に映像が作れる時代です。

しかし、映像を仕事にする場合、プロとして一通りのスキルを身につけた上でクオリティの高い作品を作る必要があります。

プロとして映像を作るために必要なスキルについて見ていくことにしましょう。

映像作りに欠かせないソフトや機材の使い方の習得

映像には動画や静止画、文字など様々な素材がひとつにまとめられています。

映像やイラストや文字などをひとつの作品として仕上げるには、それらの素材をパソコンに取り込んでソフトを使って加工したりまとめる技術が必要となります。

映像作りに欠かせないソフトの使い方の基本を学び制作を通して応用を身につけることで、プロとして完成された映像を作り上げることができます。

撮影の基本と応用のスキル

映像作りの要となるものは、イメージに近い映像をとるための撮影の基本と応用のスキルです。

被写体をより美しく撮るスキルや絵コンテなどをもとに綿密に撮影をしていくなど、イメージ通りの映像を作り出すには、撮影の基本を身につけた上で経験をもとにイメージに近づけるための応用のスキルが必要となります。

幅広い撮影スキルを持っていることで、独自の世界観を作品に反映させることができるでしょう。

映像で使う音響のスキル

動画を撮るように、周囲の音がそのまま入っている状態で映像を撮るだけでもひとつの作品が出来上がります。

そのまま撮っただけでも偶然の一致によって素晴らしい作品になることが稀にありますが、プロとして映像を作る場合には、どのような雰囲気の映像作品にするかあらかじめイメージがあり、そのイメージに映像作品を近づけるために高度なスキルを駆使する必要があるのです。

イメージに近い音響を選んで映像に重ねることで、映像を見た時の感動がさらに深まります。

完成度の高い映像を作るためには、効果的な音や音楽を選択したり作り出すスキルが必要なのです。

映像を編集するスキル

映像・イラスト・文字・音など様々なものがひとつになることで、ようやく作品が完成します。

映像を編集するスキルはイメージ通りの作品を作るのに欠かせないスキルなので、基礎から応用的技術をしっかり学んでおくことをおすすめします。

専用のソフトを使いこなせるようになれば、自由に映像を編集して完成度の高い作品が作れるようになります。

私が絶対おすすめするイラスト・アニメ専門学校・通信講座ランキングはこちら

スポンサーリンク

映像について学びたい時のデザイン専門学校の選び方

アマチュアとして趣味で映像作品を作る場合には、書籍やパソコンの検索機能を使って知りたい技術を調べて機材やソフトなどを使いこなせば良いのですが、プロとして仕事の依頼を受けて作品を納品しなければならない場合、プロに相応しい作品を作るためのスキルを身につけておく必要があります。

映像制作のスキルが学べるデザイン専門学校はプロに必要なスキルを幅広く学べますが、どのように選んだら良いのでしょうか。

最先端の映像の技術が学べる学校を選ぶ

映像業界はCMや音楽のPVなどトレンドを映像の中に取り入れる必要がありますが、現場では新しい機材が取り入れられることも多いので最先端の技術について学んでおくことが大切です。

映像コースがあるデザイン専門学校では、基礎と応用を身につけた上で最先端の技術について学ぶので、プロの現場で通用するスキルを身につけることができます。

設備が整ったデザイン専門学校であるほど最新の技術の習得に対応しているので、体験授業などに積極的に参加して教室や設備等を観察すると良いでしょう。

プロの現場でのインターンシップ制度がある学校を選ぶ

デザインの専門学校で学ぶことでプロに必要なスキルを身につけることができますが、実際にプロの現場で仕事をすることで応用などより重要なスキルを身につけることができます。

デザイン専門学校の中には授業を通して学ぶだけではなく、インターンシップ制度を設けておりプロの現場で実践的な技術を身につけることができる学校もあるのでプロを目指す方におすすめです。

プロのクリエイター達とのやり取りを通して、プロの現場でしか学ぶことができない貴重な体験ができる可能性があります。

映像制作の業界とのパイプが太い学校を選ぶ

デザイン専門学校の中には映像制作の業界とのパイプが太く、映像の幅広い分野の求人が集まる学校があります。

身につけたスキルを生かすには、映像制作会社に就職するなどの方法がありますが、業界との繋がりがある専門学校なら人気の会社や質が高い仕事をしている会社の求人が数多く集まる可能性が高いので、自分が目指す夢に近づきやすいでしょう。

また、数多くの映像クリエイターを輩出しているデザイン専門学校なら、卒業生を通して憧れの会社との繋がりができる可能性もあるので就職活動の際に有利に働く場合があります。

映像のスキルを身につけるとどんな職種に就けるのか

映像制作コースがあるデザイン専門学校では、映像に関する幅広いスキルを身につけることができます。

映像制作の仕事に興味はあるけれど、具体的にどのような職種があるのか分からない、もしくはどの職種を目指せば良いのか分からない場合には、映像にまつわる職種の仕事内容について把握することで将来の方向性が定めやすくなるでしょう。

映像クリエイーター

映像クリエイターは、仕事の依頼内容に沿って様々なジャンルの映像制作を手掛けます。

クライアントのイメージをヒアリングすることで絵コンテを作成し、機材やソフトを駆使しながらイメージ通りの作品を制作します。

撮影の基礎や応用・編集技術・ソフトの使い方など、一通りのスキルを身につけた上で自分のセンスをもとに映像を作り上げるやりがいのある仕事です。

個人で仕事をすることもあれば、スタイリストや音楽スタッフなどほかのプロと組んで仕事をすることもあるので、制作のスキルと共にコミュニケーション能力を高める必要があります。

映像ディレクター

映像ディレクターは、ひとつの映像作品を作り上げるために集まったプロの一人ひとりとコミュニケーションをとりながら現場を指揮する大切な役割を持っています。

映像全体に統一感を持たせるなど、完成度の高い仕上がりを目指すためにひとつの作品を様々な角度から客観的に眺めることができる目を持つ必要がある職種です。

現場での経験を十分に積み重ねる必要があるので、映像の現場で最終的に目指す職種のひとつとも言えます。

映画制作スタッフ

映画制作には脚本家・映画製作スタッフ・俳優など、様々なプロが集まってひとつの作品を作り上げる喜びがあります。

作品のもともとのイメージを大切にしながら、完成度の高い作品を目指すためにチームワークを大切にする必要があるので、映画制作スタッフは物作りのスキルと現場の空気を読みながら限られた時間の中で効率良く作業をするスキルが必要となります。

映像制作会社への就職活動の方法とは

一般的な会社に就職する時のように、映像制作会社も就職活動することで入社のチャンスを得ることができます。

そのほかにも映像を仕事にするためのいくつかの方法があるのでさっそく見てみましょう。

デザイン専門学校の求人をもとに面接を受ける

デザイン専門学校にはたくさんの求人が集まるので、求人情報をもとに自分が働きたいと思う映像制作会社を見つけて面接を受ける方法があります。

働きたい映像制作会社に直接作品を持ち込みする

働きたいと思う映像制作会社があっても求人していない場合には、思い切って自分の作品を持ち込むというのも方法のひとつです。

その際には、担当者に事前にアポイントメントをとるなどしてマナーを守ることが大切です。

映像作品のコンテストに応募して賞をとる

会社に所属することなく個人で映像の仕事をしたい場合には、映像作品のコンテストに応募して賞をとるのも方法のひとつです。

作品の世界観に共感する人が多ければ、仕事の依頼が舞い込む可能性があります。

まとめ

映像を仕事にするためには、プロとしてクオリティの高い作品を作るためのスキルが必要となります。

デザイン専門学校はプロの現場に通用するスキルを身につけるのに最適な場ですが、整備が整った最先端の授業内容の学校を選ぶことが大切です。

自分に最適な専門学校で学ぶことで、イメージを形にする力が身につき映像にまつわる仕事をする夢に近づくことができるでしょう。

スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 専門学校で学ぶ