おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

*

本格的にイラストを学べる通信講座の魅力や注意点を紹介!

      2017/09/08

イラストを学べる通信講座は多いのですが、本格的にイラストを学べる所が少ないのが現状です。

しかし『通信教育講座』は、大阪総合デザイン専門学校の別科なので、自宅にいながら本格的にイラストの技術を習得していく事が出来るのです。

ただし、この通信講座は注意点もあるので、利用してから後悔しないために詳しく説明しましょう。

私が絶対おすすめするイラスト専門学校・通信講座ランキングはこちら

スポンサーリンク

通信教育講座の3つの魅力を紹介

通信教育講座を利用しようか悩んでいる方のために、この通信講座の3つの魅力を紹介します。

この魅力を知れば、通信教育講座の素晴らしさが分かるはずです。

通信講座のメリット

大阪総合デザイン専門学校の別科とは言っても、他の通信講座と同じように自宅でイラストを学ぶ方法に変わりはないので、自宅にいながらスキルアップをする事が可能です。

そのため、外出して雨や雪に当たって服を濡らす事もなければ、移動する時間や費用をカットする事も出来ます。

そのような事を考えれば、本格的にイラストの技術を学べるとは言っても、それほど緊張する事もなく利用を始める事が出来るでしょう。

本格的な講座

大阪総合デザイン専門学校は、新しいデザイン教育を提供し続けた学校で、多くのクリエイターを育成してきた事でも知られています。

そのため、どこの通信講座が信頼出来るものか悩んでいる方には、おすすめの通信講座なのです。

ただし、この通信講座は進学や就職を目指すものではなく、自分自身でスキルアップしていく事をサポートする所です。

そのため、プロのイラストレーターを目指している方は、自分で努力をしていく事も必要になっていくでしょう。

魅力的なシステム

通信講座は、実際に講師が横で指導をしてくれないので、スキルアップしづらい場合もあります。

しかし、通信教育講座は分かりやすいオリジナルテキストを提供してくれるので、心配する必要がありません。

さらに、すぐに始められる専門画材も提供してくれるので、通信講座を始めたら何も迷うこともなくイラストの技術を学ぶ事が出来るのです。

私が絶対おすすめするイラスト専門学校・通信講座ランキングはこちら

スポンサーリンク

通信教育講座の3つのコースを紹介

通信教育講座には、コミックアート講座/絵本講座/漫画講座の3つのコースがあります。

この3つのコースでは、どのような学習内容になっているのか詳しく紹介します。

コミックアート講座

コミックアート講座ではキャラクターデザインを中心に学べる内容になっており、キャラクターを描くのが苦手な方でも、短期間で魅力あふれるキャラクターを描けるようになります。

そして指導科目は、人物表現/イラスト表現/イラストパース/オリジナル作品制作となっています。

このコースでは、デジタルとアナログ両方のイラストを指導してくれるのも可能なので、CGのイラストを制作したい方にはおすすめです。

さらに最終作品は、クリアファイルに印刷して郵送してくれるので、この辺りも嬉しい所でしょう。

絵本講座

日本では絵本を描くイラストレーターは数多く活躍しており、今から絵本を描けるイラストレーターを目指している方もいるでしょう。

絵本講座では、そのような方を満足させる学習内容になっており、絵本を完成させる能力が身に付くように指導してくれます。

指導科目は、ミニ絵本9冊・創作絵本2冊の制作/絵本の基礎・応用知識/絵本研究・作家研究/絵本の技術/文章表現/製本技術などです。

どの指導科目も絵本を制作する上で重要な事ですから、基礎からしっかりと絵本を制作する知識を覚えたい方にはおすすめのコースです。

漫画講座

漫画講座では、漫画の描き方を基礎からしっかりと教えてくれるコースなので、漫画とイラスト両方を描けるようになりたい方にはおすすめのコースです。

このコースは、漫画を描けるスキルに関係なく始める事が出来るので、今まで漫画を描いた事がない方でも安心して学ぶ事が出来ます。

そして、このコースの指導科目は、オリジナル作品制作/人物描写/漫画表現/漫画のカメラワークなどです。

このコースでは、技術を習得させるだけでなく、ストーリーを作るコツなども教えてくれるので、短期間で漫画を描ける事も可能です。

通信教育講座の説明会

通信教育講座を始めも、イメージしていたのと違う場合もあるでしょう。

そのような事態を避けるために、大阪総合デザイン専門学校で行われている説明会へ参加する方法があります。

この説明会では、受講の申し込み方法/支援制度/特典などを説明してくれるので、通信講座を始める前に疑問に思っている事を解決出来るでしょう。

そして、説明会を受ける時は校舎の施設を見学する事が出来るので、信頼出来る通信講座が行われるのか大きな目安になるはずです。

もしも校舎が気に入れば、通信講座ではなく、この専門学校へ入学するのも悪くはありません。

この通信講座には3つのコースがある事を説明しましたが、その学習内容を知っても、どのコースを選んでいいのか悩んでしまう方もいるでしょう。

そのような方のために、この説明会では各コースの受講スケジュール/課題/作品/教材について詳しく説明してもらえるので、どのコースを選べば良いのか決めやすくなります。

さらに、個別相談も対応しているので、コースについて何か疑問に思う事があれば相談してみましょう。

通信教育講座の注意点

通信教育講座は、本格的にイラストを学べますが、いくつか注意点があります。

この注意点を知らなければ、後になってイメージしていたのと違って落胆する事も考えれるので、注意点について詳しく説明します。

年齢制限

通信教育講座を始める上で、注意しなければいけないのが『年齢制限』です。

実は12歳以上でなければ利用する事が出来ないので、12歳以下の方は注意して下さい。

そして、12歳以上の方でも、20歳未満であれば保護者の同意が必要になるので気を付ける必要があります。

もしも20歳未満であれば、ご両親に通信教育講座を始めて良いのか相談してみましょう。

費用の対応

多くの専門学校では、学費をサポートしてくれる所がありますが、残念ながら通信教育講座ではあまり学費をサポートしてくれる制度がありません。

その理由は、通信教育講座は本科ではなく別科であるという事が大きいようです。

ただし、学費の分割に関して言えば『教育ローン』を組む事が可能です。

通信教育講座を始めてから、受講を取りやめたい方は入金してから7日以内であれば受講費248,000円を全額返金してもらえます。

その際の注意点として、入学金1万円は返金されなくて、教材や画材を受け取った場合は受講料も返金されなくなるので覚えておきましょう。

期間限定

数多くある通信講座の中には期間を限定していない所もありますが、この通信教育講座は1年制なので、期間があらかじめ決められています。

そのためマイペースに学びたい方というよりは、1日でも早くスキルアップしたい方に合った通信講座と言えます。

ただし猶予期間があって、受講期間(1年間)に猶予期間(1年間)を合わせて、2年間まで学ぶ事が出来るので安心して下さい。

まとめ

通信教育講座の魅力や注意点を紹介してきましたが、いかがだったでしょうか?

本格的に学べるので多くの方がスキルアップしやすいのですが、通信講座なのに学べる期間が決められており、マイペースに学ぶ事が難しいという問題点があります。

ただし、イラストを本格的に学びたい方には、特にデメリットがあてはまらないので、検討してみる価値があるでしょう。

スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 専門学校で学ぶ