おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

*

東京デザイナー学院は漫画編集者を目指せる専門学校?

   

多くの方たちは、漫画を制作する職業と聞かれたら、漫画家と答えるかもしれません。

ところが、漫画を制作する職業は漫画家だけではなく、漫画編集者もいます。

漫画編集者は漫画を制作するだけではなく、漫画家とコミュニケーションを取る必要があるので、漫画だけではなく人と接したい方に合った職業です。

そして『東京デザイナー学院』という専門学校で学べば、漫画編集者になる事も夢ではないので、その秘密や魅力について詳しく紹介しましょう。



私が絶対おすすめするイラスト・アニメ専門学校・通信講座ランキングはこちら

スポンサーリンク

漫画編集者に向いているタイプ

本校へ入学するべきか考える前に、まずは、あなたが漫画編集者に向いているタイプなのか、把握する事が重要になります。

そこで、漫画編集者に向いているタイプについて紹介するので、参考にしてみて下さい。

漫画制作が好き

漫画編集者だけではなく漫画家にも同じ事が言えますが、漫画制作を好きな事が最低条件になります。

ここで多くの方たちが誤解しやすいのですが、漫画を好きになる事と漫画を制作する事には大きな違いがあるのです。

なぜなら、漫画を見る事は好きでも、一つの作品の制作に打ち込む事は多くの労力や時間を費やします。

そのため、漫画が好きでも漫画制作が苦手に感じてしまう場合もあるのです。

あなたが漫画が好きであっても、漫画制作まで好きであるか、把握するようにして下さい。

コミュニケーション能力

漫画家であれば、漫画制作に打ち込むだけでも良いのですが、漫画編集者ともなれば、漫画家と上手くコミュニケーションを取る事が重要になります。

実際に、漫画編集者は漫画家をサポートしながら、作品を完成に導かなければいけません。

そのため、人と会話する事が好きなだけでは務まらない職業なので、ある程度のコミュニケーション能力まで必要になるので、注意して下さい。

嫌われる覚悟

日本の漫画編集者として有名な『長崎尚志』さんは、多くのヒット作品を生み出してきた浦沢直樹先生を担当してきました。

長崎尚志さんは、NHKの番組『プロフェッショナル』で、漫画家に嫌われかねないほど厳しい指摘をするシーンが流れました。

多くの方たちは、漫画家と仲良く仕事をしたいと思うかもしれませんが、時には厳しく接しなければ、人々を感動させる作品を完成させる事は難しいのです。

そのため、漫画編集者を目指す場合には、嫌われる覚悟を持つ事が必要となります。



私が絶対おすすめするイラスト・アニメ専門学校・通信講座ランキングはこちら

スポンサーリンク

東京デザイナー学院の専攻

漫画編集者に向いているタイプの場合には、本校で学べば漫画編集者になれる可能性は高いです。

しかし、本校には多くの専攻があるので、どこの専攻を選ぶかが重要になるので、その違いについて説明しましょう。

マンガ専攻

本校には、マンガ専攻・デジタルマンガ専攻・マンガストーリー専攻があって、マンガ専攻は漫画を制作する上で基本的なスキルを学ぶ事ができます。

実際に、マンガ専攻で学べば、漫画家やイラストレーターになるためのスキルを習得する事ができるので、学んでいる途中から漫画家になりたい場合でも対応する事ができます。

そして、マンガ専攻では、企画の出し方まで学ぶ事ができるので、漫画編集者を目指している方にとって学ぶメリットは大きいです。

そのため、本校は漫画編集者を目指している方に、おすすめの専門学校です。

デジタルマンガ専攻

昔であれば、漫画原稿用紙にペン入れをして、作品を制作するのが常識でした。

ところが、最近ではCG技術の進歩によって、デジタル漫画を制作するケースが増えてきました。

デジタルマンガ専攻では、デジタル漫画を制作するテクニックを多く学ぶ事ができるので、今までパソコンをあまり利用してこなかった方でも、デジタル漫画を制作できるようになります。

さらに、液晶タブレットやパソコンも用意されているので、どの機種を購入したら良いのか悩む必要もありません。

マンガストーリー専攻

漫画編集者は、漫画家が仕上げた作品を見て、どこの部分がよくて、どこの部分が悪いのか指摘する必要があります。

ただし、文句を言うだけではなく、どのように直すべきか指摘する必要があるので、ネームやストーリーなどを制作するスキルも必要になるのです。

本校のマンガストーリー専攻では『ネーム演習』や『マンガシナリオ』などを学ぶ事ができるので、漫画家が制作した作品を指摘する能力を身につける事ができます。

本校で学ぶメリット

本校は、漫画編集者を目指せるだけではなく、いくつかメリットを得る事ができます。

そのメリットを知れば、本校がいかに素晴らしい専門学校なのか分かると思うので、詳しく紹介しましょう。

恵まれた立地

本校は、恵まれた立地にあって、東京都千代田区にあるので、公共交通で通学する事が可能です(首都圏に住んでいる場合)。

さらに、本校の周辺には、多くの出版社があるので、漫画業界について詳しく把握する事もできます。

そのため、本校で学んでいる間に、どこの出版社に所属するべきか、考えながらスキルを習得する事ができるのです。

そして東京にあるので、漫画のイベントに参加しやすい環境にあるので、漫画の制作に関わりたい方にとって、恵まれた環境にあります。

短期間でスキルアップ

本校には『オリジナルカリキュラム』が用意されていて、短期間でスキルアップする事ができます。

もしも、ゆっくりとスキルアップするような場合には、途中で挫折する可能性があります。

そのため、飽きやすい方は、本校で学ぶメリットは大きいです。

さらに、本校では一流の講師陣がいるので、今まで独学ではスキルアップできない場合でも、本校であればスキルアップする事は十分に可能です。

ただし、本校の講師にばかり頼っていたら、漫画編集者になる可能性が低くなるので注意して下さい。

本校で完備されている設備

優秀な講師陣がいても、設備があまり完備されていなかったら、漫画編集者または漫画家になる事も難しいです。

そこで、本校の設備について紹介するので、どこまで優れた専門学校なのか、確認してみて下さい。

CGに関連する設備

本校には、多くのCGソフトが用意されていて『Photoshop』や『Illustrator』などを利用する事ができます。

実際にPhotoshopを利用して、漫画を制作する本は多く出版されているので、デジタル漫画を制作する上で重要なCGソフトです。

さらにIllustratorもCG作品を制作する際に、必要なツールが多くあるのです。

このように本校は、デジタル漫画を制作しやすい設備が完備されているので、CG漫画を制作できるようになりたい方は入学してみる価値があります。

書籍を閲覧できる設備

漫画を制作するためのスキルを身につけたとしても、日頃から多くの情報に目を通しておかなければ、オリジナリティーの高い作品を完成させる事はできません。

そのような事では、漫画家が制作した作品に、正しい指摘をする事ができないので、注意する必要があります。

そこで、本校では『マンガ閲覧室』が完備されていて、少年漫画から少女漫画まで多くの本を読む事ができるのです。

多くの漫画作品を読んでおけば、その知識は大きな財産となります。

ただし、作品の内容を真似しては、著作権違反となるので、あくまでも参考程度にとどめるようにして下さい。

まとめ

本校は、漫画を制作する上で、魅力的な立地に位置している上に、充実した設備を完備しています。

さらに優秀な講師陣がいるので、漫画編集者になるために必要なスキルを習得する事ができる専門学校です。

ただし、漫画編集者は、漫画家に嫌われる覚悟がいるので、本校で学ぶだけでは漫画編集者が務まる訳ではないので注意して下さい。

スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 専門学校で学ぶ