おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

*

液タブとは何か?マウスや板タブと比較しながら徹底検証!

   

デジタルのイラストを制作する場合には、様々な機器を利用する事になりますが、大きく分けて3つのタイプがあります。

それが、マウス・板タブ・液タブなどです。

3つの機器の中で、最も人気が高くなっているのが『液タブ』です。

しかし、液タブはマススや板タブと比べて、どのような違いがあるのか分からなかったら購入できないと思うので、違いを検証してみましょう。



おすすめ液タブ・板タブ製品ランキングはこちら

スポンサーリンク

ペンタブとマウスの違い

液タブや板タブは、どちらともペンタブと呼ばれています。

実は、2つのペンタブは共通している部分がありますが、マウスだけが違う特徴になっているポイントがいくつもあるので詳しく解説しましょう。

接触する場所

マウスは、楕円状になっている機器になっていて、ペンタブの場合には長方形のペンタイプになっています。

楕円状のマウスを利用する場合には、どのポイントで線を引く事ができるのか分かりづらくなっているので、スムーズに線や色を引く事が難しくなっているのです。

それに引き換え、ペンタブの場合であれば、ペンタイプになっているので、先端が見えやすくなっています。

先端と台が接触している場所が分かるので、マウスよりもペンタブのほうが、なめらかな線や色を引くことが可能です。

太さを調整

ペンタブとマウスの決定的な違いとして『太さ調整』が挙げられます。

マウスの場合には、線や色の太さを調整する場合には、専用ソフトの太さの数値を変えなくてはいけません。

そのような事をしていたら、手間暇をかけてしまうので、イラスト作品を完成させるまで時間をかけてしまいます。

ところが、ペンタブの場合には『筆圧機能』が搭載されているので、専用ペンにかける力を加減する事により、線や色の太さを調整する事ができるのです。

効率よくイラストを制作したい場合には、マウスよりもペンタブのほうが、おすすめです。



おすすめ液タブ・板タブ製品ランキングはこちら

スポンサーリンク

液タブと板タブの違い

液タブと板タブは共通しているポイントがあっても、違うポイントを把握しておかなければ、液タブを購入した後に板タブのほうを購入したほうが良かったと後悔する可能性があります。

そのような事態を避けるために、どのような違いがあるのか説明しましょう。

イラストが表示される場所

板タブは、マウスを利用している時と同じで、イラストが表示される場所は、パソコンのディスプレイになっています。

それに引き換え、液タブの場合には本体部分の液晶ディスプレイにイラストが表示されるので、パソコンのディスプレイを見る必要がありません。

実際に、専用ペンを使っている場所にイラストが表示されたら、アナログで紙に鉛筆を滑らしているような感覚でイラストを制作できます。

そのため、今までペンタブを利用した事がない方でも、液タブのほうが短期間で操作法に慣れる事が可能です。

筆圧レベル

ペンタブは、どちらとも筆圧機能が搭載されていますが、板タブよりも液タブのほうが、筆圧のレベルが高くなっています。

筆圧のレベルが低くなっていたら、専用ペンに力を入れても、あまり線や色を太くする事ができないですし、あまり力を入れなくても線や色を細くする事も難しいです。

それに引き換え、筆圧レベルが高くなっている液タブであれば線や色の太さの幅が広くなっているので、キャラクターの眉毛が細い場合には、ひと塗りで描く事ができます。

液晶ディスプレイ

板タブの場合には、イラストがパソコンのディスプレイに表示されるので、本体部分には液晶ディスプレイが搭載されていません。

液タブの場合は、本体に液晶ディスプレイが搭載されているので、少しツルツルとしています。

ツルツルとしているほうが、専用ペンを滑らせる事が容易ですが、利用する方によっては使用しづらく感じてしまう事もあるのです。

なぜなら、専用ペンが滑りすぎて、思ったように線や色を引く事ができなくなってしまうからです。

そのため、滑りがよくなっているほうを利用したい場合は液タブを利用して、あまり滑らないほうが良い場合には板タブを利用したほうが良いでしょう。

サイズ

板タブの場合には、本体部分にイラストが表示される訳ではないので、サイズがコンパクトになっていても、それほど困る事はありません。

しかし、液タブの場合には本体部分にイラストが表示されるので、ある程度まで大きなサイズになっていなくては見えづらくなってしまうのです。

そのような事もあって、液タブは大型サイズになっている機種が販売されていて、大きい機種では27インチになっているものがあります。

大きすぎるサイズの液タブを購入してしまえば、パソコンデスクに設置する事が難しくなってしまうので注意したほうが良いです。

液タブのメリット

液タブは、マウスや板タブと違う特徴があるので、様々なメリットを得る事ができます。

それでは、どのようなメリットがあるのか解説するので確認してみて下さい。

視認性

液タブは、本体にイラストが表示されるので『視認性』が優れている機種がいくつも販売されています。

数多くある液タブの中には『4K』にまでなっている機種まであるのです。

実際に、美しい色を表示できなかったら、イラスト作品を制作しようとするモチベーションを維持する事が難しくなってしまいます。

そのような事を考えたら、視認性が優れているのは、液タブの大きなメリットと言えるでしょう。

高機能

液タブには、様々な『ボタン』や『スタンド』が搭載されていて、使用感が優れています。

実際に、本体部分に『エクスプレスキー』が数多く搭載されていて、専用ソフトのツールをクリックしなくても、作業を切り替えられるようになっているのです(全ての作業を切り替えられる訳ではないので注意)。

板タブにもエクスプレスキーを搭載している機種もありますが、液タブの場合にはエクスプレスキーを搭載している数が多い機種もあるので、効率よくイラストを制作できます。

液タブのデメリット

液タブはメリットの多い機種ですが、残念ながらデメリットもあります。

デメリットを知らないで購入してしまえば、イメージしたものと違ってしまう可能性があるので、詳しく紹介しましょう。

手が邪魔になるケース

液タブで、作品を制作しようとしたら、イラストを表示している上に、手と専用ペンがある状態なので、イラストが見えづらくなってしまいます。

それに引き換え、板タブの場合には、イラストが表示されるパソコンのディスプレイには邪魔なものがないので、イラストが見えやすくなっているのです。

アナログのような環境になっているのは、液タブの大きな魅力ですが、イラストが見えづらくなっているのは大きなデメリットなので注意して下さい。

体にかかる負担

液タブは、パソコンよりも低い位置にあるので、イラストを見るためには頭を少し下のほうへ傾ける必要があります。

頭を傾けてしまえば、肩や首に大きな負担をかけてしまうので、肩こりや首こりになりやすいので注意しなければいけません。

最近ではスマホを見すぎる事によって、長い間に渡って頭を下のほうに傾ける事によって『ストレートネック』という症状を引き起こしてしまうケースがあります。

液タブでも同じような姿勢になってしまうので、ストレートネックを引き起こす恐れがあるので、気を付けたほうが良いです。

まとめ

液タブは、アナログのような環境で、デジタルのイラストを制作する事ができます。

しかし、本体部分のディスプレイにイラストが表示される事から、頭をある程度まで下のほうに傾けなくてはいけないですし、手が邪魔になってしまうので注意しなければいけません。

そのような注意点さえ気にならなければ、効率よくイラストを表示できるので、これから液タブを購入しようと考えている方はメリットやデメリットを把握した上で、検討してみて下さい。

参考URL・参考文献・根拠など

https://www.hyok1115.com/archives/p…
https://www.lafary.net/creator/2682…
https://pentablet.club/ekishoutable…

スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 液晶ペンタブレット(液タブ)