おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

*

液タブとキーボードを設置する方法!窮屈に感じないで済む?

   

Loctek フルモーションガス圧式モニターアーム USB3.0ポート付き 10-30インチ対応 D8

液タブは、板タブよりも大きなサイズになっている機種が多いので、パソコンデスクに設置したら、少し窮屈(きゅうくつ)に感じてしまう事があります。

実際に、液タブを設置してしまえば、キーボードが邪魔に感じてしまうので、頭を悩ませている方は多いでしょう。

そこで、液タブとキーボードを併用する際のポイントを紹介するので、悩んでいる方は参考にしてみて下さい(製品の値段は2019年4月26日時点の情報)。

おすすめ液タブ・板タブ製品ランキングはこちら

スポンサーリンク

液タブとキーボードを併用する際のポイント

液タブとキーボードを同じデスクの上に設置する際に、ポイントなるのが『デスク』です。

液タブの種類や、アームがポイントになる事もありますが、多くのケースではデスクが重要です。

そこで、液タブを設置しても、あまりキーボードが邪魔にならない方法を解説するので確認してみて下さい。

コンパクトなサイズの液タブ

デスクを買い換えるほどの余裕がない場合には、小型サイズの液タブを購入する方法がおすすめです。

液タブは、大型サイズになれば27インチにもなっている機種がありますが、コンパクトなサイズになっている機種であれば13インチ程度になっている機種もあります。

コンパクトなサイズの機種を利用しようとしたら、作業エリアが狭くなってしまうので、勢いよく線や色を引く事はできません。

それでも、お金をあまりかけないで、キーボードを一緒に設置したい場合であれば、コンパクトなサイズの液タブを検討してみる価値があります。

モニターアーム

液タブとキーボードを併用するという事は、パソコンを設置しているケースが多いでしょう。

そのような場合には、パソコンを他の場所に移動させる事ができれば、キーボードを奥のほうに移動させる事ができて、あまりパソコンデスクの上が窮屈になりません。

パソコンを移動させる方法で、最もおすすめなのが『モニターアーム』です。

モニターアームとは、パソコンのディスプレイをアームの先端に設置する事ができるので、パソコンデスクの上にパソコンを設置しないで済むのです。

L字型デスク

モニターアームは、デスクに設置する必要があるので、慣れていない方は『安定感』が気になってしまうかもしれません。

そのような場合には、モニターアームよりも『L字型デスク』のほうがおすすめです。

L字型デスクとは、名前の通りで『L』の形状をしていて、幅の広いデスクになっています。

幅が広くなっているデスクなので、パソコンとキーボードを置いている隣のほうに、液タブを設置する事ができるのです。

さらに、デスクの種類によれば、イラスト関連の資料を置ける場合もあるので、利便性は優れています。

スライド棚

L字型デスクは便利な製品ですが、部屋の角に設置しなければ、多くの空きスペースが必要になるので、注意しなければいけません。

部屋の角になっている所に、テレビや本棚などを設置していて、動かせない場合には『パソコンデスク』がおすすめです。

ただし、パソコンデスクであれば、どれでも良いという訳ではなくて『スライド棚』を備えている必要があります。

スライド棚があれば、その棚にキーボードを設置する事によって、パソコンデスクの上に液タブを設置しても、あまり邪魔に感じません。

おすすめ液タブ・板タブ製品ランキングはこちら

スポンサーリンク

キーボードと液タブを分けるメリット

L字型やスライド棚を利用して、液タブとキーボードを置いている場所を隔てる事ができれば、いくつかメリットを得る事ができるので詳しく紹介しましょう。

コードを分散

キーボードや液タブの多くの製品は、コードを接続する必要があるので、同じ場所に設置していたら、多くのコードが邪魔に感じてしまう事があります。

液タブまたはキーボードを利用している際に、コードが指に引っかかってしまえば、機器を落下させてしまって、故障の原因になる可能性もあるのです。

それに引き換え、キーボードと液タブを設置している場所を隔てておけば、ある程度までコードも分ける事ができるので、あまり邪魔に感じなくなります。

接触や熱を防止

キーボードの近くに液タブを設置していたら、利用している最中に、機種を少しずらす事によって、2つの機種が接触してしまう恐れがあります。

1~2回の接触であれば、問題はないかもしれませんが、勢いよく接触している回数が何回も起きるようになってしまえば、液タブまたはキーボードが故障する可能性があるので注意しなければいけません。

さらに、液タブの機種によって、凄く熱を発する場合もあるので、キーボードに大きなダメージを与える可能性があります。

しかし、キーボードと液タブを離しておけば、そのような接触や熱のダメージを防ぐ事ができるのです。

おすすめのデスク

液タブとキーボードを設置する場合には、L字型またはパソコンデスクを利用する方法が有効ですが、様々な製品が多く販売されているので、どれを購入したら良いのか悩んでしまうでしょう。

そこで、数多くある製品の中から厳選して、おすすめの商品を2種類まで紹介するので参考にしてみて下さい。

soges パソコンデスク L字型コーナーデスク

『soges パソコンデスク L字型コーナーデスク』は、150cm幅のデスクと150cm幅のデスクを連結したL字型デスクです。

これほど幅の長いデスクになっているので、片方の150cm幅のデスクにパソコンとキーボードを設置して、もう片方の150cm幅のデスクに液タブを設置する事が可能です。

キャスター付きの椅子を併用すれば、椅子を少しすらすだけで、キーボードを使う作業から液タブを使う作業へ簡単に切り替える事ができます。

値段のほうは、Amazonでは税込価格11,990円で販売されています。

LOWYA パソコンデスク 収納付きデスク

パソコンデスクと言えば、多くの方たちは、スライド棚が備えられているだけと思ってしまうかもしれません。

ところが『LOWYA パソコンデスク 収納付きデスク』は、スライド棚を備えている上に、多くの引き出しや『マガジンラック』まであるのです。

マガジンラックはデスクをコーディネートする事ができるだけではなく、大きめの書籍を立てかける事ができるので、イラストの資料が大きくなっていても収納する事ができます。

本製品は、Amazonでは税込価格10,990円で購入する事が可能です。

おすすめのモニターアーム

モニターアームもデスクと同じで、様々な製品が販売されています。

そこで、特に利用しやすいモニターアームを2種類ほど紹介するので、みていきましょう。

FLEXIMOUNTS 液晶ディスプレイアーム

FLEXIMOUNTS モニターアーム 液晶ディスプレイアーム クランプ式 水平多関節 30インチ10KGまで対応 M21

『FLEXIMOUNTS 液晶ディスプレイアーム』は、グロメットとクランプの2種類の取り付け方法が可能になっています。

グロメットとは天板に穴を開けて、ボルトを通していく方法なので、パソコンデスクに穴を開ける必要があるので、多くの方たちが敬遠したくなるでしょう。

ところが、クランプであれば、モニターアームの一部分を、天板を上下から挟み込むだけで良いので天板に穴を開ける必要がありません。

さらに、10~27インチものディスプレイを設置する事ができる上に、無段階で高さを調節する事もできます。

魅力的なポイントが多いモニターアームですが、Amazonでは税込価格5,360円で販売されています。

Loctek フルモーションガス圧式モニターアーム

Loctek フルモーションガス圧式モニターアーム USB3.0ポート付き 10-30インチ対応 D8

『Loctek フルモーションガス圧式モニターアーム』も、グロメットとクランプなどの取り付け方法が可能になっているので、好きなほうを選べます。

本製品は、驚くべき事に10~30インチまで設置する事ができるので、大きめの液晶ディスプレイでも気軽に設置する事が可能です。

本製品は、角度調整できるようになっていて、上下85~15度・左右90度まで調整できます。

回転は360度まで可能になっていて、見やすい角度に調整しやすいモニタアームです。

値段は少し高くなっていて、Amazonでは税込価格7,380円で販売されています。

まとめ

液タブとキーボードを同じデスクの上に設置する場合には、少し工夫を施しておかなければ、窮屈に感じてしまうので注意しなければいけません。

デスクやアームなどを設置しようとしたら、お金をかけてしまいますし、手間暇もかけなくてはいけません。

そのため、これから液タブを購入しようと考えている方は、パソコンデスクの上に設置しても、窮屈に感じない程度のサイズを選んだほうが良いでしょう。

参考URL・参考文献・根拠など

https://www.amazon.co.jp/%E3%83%91%…
https://www.amazon.co.jp/LOWYA-%E3%…
https://www.sanwa.co.jp/product/des…
https://www.amazon.co.jp/s?k=%E3%83…
https://www.amazon.co.jp/%E5%B1%B1%…
https://www.amazon.co.jp/FLEXIMOUNT…
https://www.amazon.co.jp/Loctek-D8-…

スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 全件