おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

*

液タブを使う場合はノートパソコンのスペック要求なども必要になる

   

CHUWI Herobook 14.1" ノートパソコンWindows10 Homeメモリー4GB +64G ROM +128GB M.2 SSD 1TB ノートパソコン 軽量 大画面 Bluetooth Wi-Fi 802.11 b/g/n

ノートパソコンを買う場合、普通のノートパソコンではなく液晶タブレットのパソコンで欲しいというような人も多いのではないかと思います。

特に液タブを使ってイラストなどを描きたいという人や、絵を描きたいという人にとっては液タブであった方が良いと考える人も多いですよね。

そんな時に大事なのはどんなに良いものを買っていても、ノートパソコンが大事になるということです。



おすすめ液タブ・板タブ製品ランキングはこちら

スポンサーリンク

パソコンにもスペックがある

よくパソコンを買う時にCPUであったりメモリと書いてあったりして分からないというような事になったことはありませんか?

特にパソコンに関して疎いというような人や、分からないという人には難しい話しになりますよね。

一人暮らしをしている人の多くは、何か専門的なものをしない限りはノートパソコンを買うことが多いと思います。

その時にもスペックというものがあるのですが、そのスペック次第でパソコンがさくさくと動くかどうかに関わってくるのです。

例えばWordなどのソフトを使うだけということや、インターネットサーフィンをする場合はそこまでスペックは高くなくて大丈夫です。

しかしながら、イラストを描きたいということや、何かゲームなどをしたいとなった場合はある程度必要になってくるのではないかと思います。

その時にスペックが低くなってしまうと、動作がモッサリとしてしまい反応しなくなるというような事も多くあるのです。

液タブなどを買っても、そのパソコンの性能がいかに高いのかどうかで、動作感なども変わってくるのではないかと思います。

液タブはなるべく高いものを買おう

パソコンもピンからキリまでの値段で売っていることが多く、値段の安いものも多いです。

しかしながら高いものでも他のソフトがついているから高いというようなことがあり、スペックが低くてもある程度の値段をすることが多いのではないかと思います。

しかし液タブの場合は、数も実は多く、値段もピンからキリまであります。

値段が安めの変わりに性能が良いというものであったり、高いけれど機能が充実しているなど、種類によって様々あります。

そんな時にどれを買おうか迷うということもあるのではないかと思います。

基本的には、自分にあったものを買うことがベストです。

電気屋さんに行くと、場所によってはその液タブを触ることができることができます。

その液タブを触り、判断をするという方法もできるので、レビューなどを見て判断をするだけでなく、実際に触ると良いでしょう。



おすすめ液タブ・板タブ製品ランキングはこちら

スポンサーリンク

液タブを買う前に実際に使ってみる

先ほども言ったように液タブを買う場合は実際に使うことをおすすめします。

電気屋さんに行く場合は、その場所だけでなく近くに多くあるのであれば様々なお店に行くのが良いです。

何故なら、場所によっては置いていないというような事もあるからです。

例えば品切れになっているということはもちろん、取り扱いをしていないというような事もあります。

人気のある物だけを置いているという場合もあるので、多くのものが見たいとなっていても、数が少ないと判断ができないですよね。

特にレビューで高評価になっているものであったり、気になる物というのは実際に使ってみないと感覚が分からないですよね。

もしかすると他の人とは違った感覚になる可能性もあります。

なので液タブを買う前に、実際に使うことをおすすめします。

液タブの値段や性能は重要

液タブもピンからキリまで多くあります。

値段の安いものだとだいたい20000円前後するものが多く、高いと100000円前後するものもあります。

やはり高いものだと書きやすかったり、性能が良いということになるので、つい高いものを買ってしまいがちです。

しかしながら液タブを使うとなった場合、どの様な目的で使うのかというのも重要なことになるのではないかと思います。

例えば液タブを絵を描く目的で使う場合、それが趣味なのか仕事なのかで変わってくるのではないでしょうか?

もし趣味で描く場合は、そこまで費用を使わないで良いという形になりますが、仕事の場合は話しが別になってきますよね。

イラストレーターさんや、漫画家さん、イラストなどの仕事をしている人にとってはとても重要なものになります。

描いている最中に反応が鈍いというようなことになってしまうと、イライラしてしまい仕事が捗らなくもなってしまいますよね。

なので液タブの値段や性能というのはとても重要なことになるのです。

何故別で買うのか

ノートパソコンにタッチパネルであったり、そのまま液晶を触って操作ができる場合、それでも良いのではないかと考えてしまうことも多いと思います。

実際にノートパソコンを買ったけど、タッチパネルで動かしているというような人も多いのではないでしょうか?

ですが、液タブを別で買うというのにも理由があるのです。

それは液タブを使う場合と使わない場合の差に違いがあるからなのです。

簡単な絵を描くとします。

その簡単な絵を描く場合、液タブを使う場合とそのまま直接描く場合、どちらが描き易いのかという事になるのです。

仮にそのまま描く場合というのは、そのノートパソコンのスペックも要求されることが多くなり、思ったように描けないというような事にもなってしまうのです。

その理由というのは、タッチパネル自体が、操作をするものであって絵やイラストを描くものではないからということです。

簡単に言えばスマートフォンやiPhoneに手書きで描くというイメージを持っていただけると分かりやすいのではないかと思います。

なので思ったように上手く描けないことが多いのではないかと思います。

ですが液タブを使う場合、スペック次第ではラグなども少なく、スムーズに書き上げることができるのです。

液タブの利点は描きやすさなどもある

イラストなどを描く人にとって液タブというのはとても必須なものにも思えます。

特にスムーズに描くことができれば、ストレスもなくいろいろなものが描けるのではないでしょうか。

パソコン次第ではラグというものがあり、描いてから反映されるまで時間が数秒ほどかかるというような事もあります。

そのラグで実際に変になるというような事もあるので、どうしても上手くいかないとイライラとしてしまいますよね。

ですが液タブを通すことで、手元に置けるので描きやすくなるのではないかと思います。

またスムーズに描いたりすることもできるので、作業の効率が違ってくるのです。

フィルムなどで保護もしよう

フィルムなどを貼って逆に描き難いというようなこともあるのではないかと思います。

しかし、フィルムをつけずに描いたりしてしまうとどうしても傷ついてしまうことが多いです。

直接描いてしまうといずれ液晶に傷が入ってしまい、描く場合反応がしないということにも繋がってしまいます。

皆さんもスマートフォンなどに液晶保護フィルムを貼っていると思いますが、それと同じです。

保護をして傷つけないようにすることが大切になるでしょう。

定期的に状態のチェックも

液タブを使い続けるとどうしても傷つけたり、反応が鈍くなるということがあります。

そういった場合は、一旦使用するのを止めて、必ず状態のチェックをするようにしましょう。

また液タブだけではなくノートパソコンの状態もチェックをすることが大事になります。

ノートパソコンの重さが原因で鈍くなったり反応しないということもあるので、十分にチェックをするようにしましょう。

まとめ

液タブを買ったとしてもノートパソコンのスペック次第で大きく変わってしまいます。

特に値段もピンからキリまでとあるので、レビューで確認したものをすぐに買うのではなく、1度触ってみてから買うことをおすすめします。

反応などが鈍い場合は先ずは液タブのチェックをして、次にノートパソコンなどの状態をチェックするように心がけましょう。

参考URL・参考文献・根拠など

液晶タブレット ワコム
https://store.wacom.jp/cintiq

スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 液晶ペンタブレット(液タブ)