おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

*

液タブを利用する際には手袋を併用する事が重要!その理由とは?

   

WIBERTA 2本指グローブ 絵描き 手袋 ペンタブレット グラフィックモニター イラストレーター 左右兼用

液タブは、デジタルのイラストを制作しやすい事から、プロのデザイナーや、趣味でイラストを制作している方たちの多くが利用しています。

しかし、素手で液タブを利用しようとしたら、様々な問題点があるので『手袋』を併用する事も必要なのです。

実際に、液タブと手袋を併用したら、効率よくイラストを制作する事ができるので、その理由や手袋の種類などを紹介しましょう。



おすすめ液タブ・板タブ製品ランキングはこちら

スポンサーリンク

液タブと手袋を併用するメリット

液タブを利用するだけでも、イラストを効率よく制作できますが、手袋を併用しなければ、効率よく制作できない方までいます。

そのため、全ての方が手袋を併用したほうが良いという事ではありませんが、念のために手袋を併用したほうが良い方は多いので、手袋を併用するメリットについて解説します。

熱のダメージを軽減

液タブは『熱』を発してしまうので、本体部分に手を乗せて描いていたら、熱く感じてしまう方は多くいます。

多くの方たちは、我慢して作業を続けてしまうかもしれませんが、そのような状態ではスムーズに線や色を引く事ができないので注意しなければいけません。

最悪のケースでは、手を火傷する恐れまであるので、液タブの熱から手を保護する必要があるのです。

手袋の種類によっては、熱から手を保護する事もできるので、液タブを利用している時に熱く感じてしまう方には、手袋の利用をおすすめします。

滑り止め

液タブは、板タブとは違って、液晶画面にイラストを制作する事はできますが、本体部分に液晶ディスプレイが搭載されています。

液晶ディスプレイは、ツルツルと滑りやすいので、専用ペンを滑らせる事はできても、手まで滑りやすくなってしまうので注意しなければいけません。

ところが、手袋を着用したら、ある程度まで手が滑りづらくなるので、イラストを制作しやすくなります。

手が滑りづらくなれば、イメージ通りの線や色を引きやすくなるので、手袋の利用価値は高いです。

汗の対策

液タブは、熱を発してしまうので、手から汗をかきやすくなってしまいます。

手から汗をかいてしまえば、その汗が液晶ディスプレイに付着してしまって、逆に手が滑りづらくなる場合もあるのです。

熱をあまり感じない方であれば手が滑りやすくなって、熱を熱く感じる場合には手を滑らせる事が難しいので、注意する必要があります。

ところが、手袋を着用しておけば、ある程度まで熱のダメージを軽減する事ができますし、ある程度まで滑りやすいので利用しやすいです。

ルーティーン

多くの方が見過ごしやすいポイントとして『ルーティーン』に手袋の着用を取り入れる事ができます。

ルーティーンとは、決まった動作を繰り返す事を指していて、野球で活躍していた元イチロー選手はルーティーンにこだわる方で有名です。

イチロー選手は、ルーティーンにこだわる事によって、驚異的な記録を打ち立てる事に成功したとも言われているのです。

実際に、イラストを制作しようと考えても、プライベートの時間から、突然イラストの制作作業に切り替える事は簡単ではありません。

ところが、手袋を着用してからイラスト制作をするようになれば、手袋を着用する事によって、イラスト制作するための気持ちのスイッチを入れる事が可能になります(個人差があるので注意)。

そうすれば、いつまでもイラストの作業にとりかかれない方でも、手袋を着用する事によって、イラスト制作を始めやすいです。



おすすめ液タブ・板タブ製品ランキングはこちら

スポンサーリンク

手袋の種類

手袋のメリットを理解できても、利用する種類によって使用感が違っているので、注意しなければいけません。

そこで、綿・ナイロン・専用の3種類の使用感や特徴について解説するので、確認してみて下さい。

綿の手袋

綿の手袋は、値段が安くなっているので、まとめ買いしやすくなっているので、簡単に取り替える事が可能です。

しかし、綿の手袋を利用しようとしたら、汗をかきやすくなっているので、熱や汗に弱い生地になっています。

汗をかいているのに、綿の手袋の利用を続けていたら、少しずつ手を滑らせる事が難しくなってしまうのです。

さらに耐久性もあまり優れていないので、綿の手袋は使い捨ての手袋と思って、まとめ買いしたほうが良いでしょう。

ナイロンの手袋

ナイロンは、綿よりも値段が高めの手袋になっているので、簡単にまとめ買いする事はできません。

しかし、綿よりも耐久性が優れているので、値段が少し高くなっていたとしても、コストパフォーマンスが悪い訳ではありません。

さらに、ナイロンはある程度まで、手を滑らせる事もできるので、スムーズに線や色を引きやすくなっています。

利用者によっては、ナイロンの手袋はフィット感が優れているように感じる方もいたので、手袋を利用していても気にしないで、制作をする事もできるでしょう(個人差があるので注意)。

専用の手袋

綿やナイロンなどの手袋は、ホームセンターで購入する事ができますが、Amazonを利用すれば、液タブ専用の手袋を購入する事もできます。

実は、専用の手袋は、液タブを利用しやすいように作られているので、他の生地の手袋よりも作業を進めやすくなっているのです。

専用の手袋は『通気性』が優れているものがあるので、汗をかきづらくなっていますし、長く作業をしていても、あまり気にしないでイラストを制作する事もできます。

おすすめの手袋

Amazonには、液タブの専用の手袋がいくつも販売していて、使用感が優れている物があります。

そこで、綿やナイロンなどでは、満足できない方たちのために、Amazonで販売されている手袋を2種類ほど紹介するので参考にしてみて下さい。

HUION 手袋 グローブ Cura CR-01

『HUION 手袋 グローブ Cura CR-01』は、手首から薬指や小指などを保護するタイプになります。

保護する指の数が少なくなっているので、あまり窮屈(きゅうくつ)に感じないようになっているのです。

さらに手の下側に位置する場所を保護できるので、手が滑りづらくなっています。

液晶ディスプレイから手を保護してくれるので、手があまり摩擦しないようになっているので、長く作業をしていても、手にかかる負担を軽減する事も可能です。

WIBERTA 2本指グローブ 絵描き 手袋

WIBERTA 2本指グローブ 絵描き 手袋 ペンタブレット グラフィックモニター イラストレーター 左右兼用

『WIBERTA 2本指グローブ 絵描き 手袋』も、手首から薬指・小指だけを保護できるようになっているので、あまり窮屈に感じない上に、手をある程度まで滑らす事ができます。

『伸縮性』が優れている手袋になっているので、本製品を着用していても、専用ペンを動かしやすいです。

生地は柔らかくなっているので、指を動かしやすくなっている事から、手をあまり圧迫しません。

そして、右利き・左利きのどちらでも利用できるようになっているので、左利きの方でも気軽に購入できます。

イラストを効率よく制作するメリット

手袋を着用して、液タブを利用していたら、イラストを効率よく制作できます。

実際に、イラストを効率よく制作できれば、短期間で作品を完成させる事ができるので、プロのデザイナーであれば報酬を増やす事が可能です。

趣味でイラストを制作している方でも、多くのイラストを制作できれば、下描きを買いてから、次の作品の下描きまで時間をあまりかけないで済みます。

そうすれば、前の作品で失敗した内容を覚えやすくなっているので、その失敗を教訓として活かす事ができるので、画力をアップさせる事も可能です。

まとめ

液タブは、アナログに近い環境で、デジタルのイラストを制作する事ができるので、今までペンタブを利用した事がない方でも利用しやすくなっています。

しかし、液タブは熱を発してしまうので、火傷してしまうケースもあれば、汗によって手が滑りづらくなってしまう場合もあるのです。

そのような事があるので、少しでも効率よく作業を進めたい場合には、手袋も検討したほうが良いでしょう。

参考URL・参考文献・根拠など

https://simatei.com/tablet-gloves
https://www.amazon.co.jp/HUION-%E3%…
https://www.amazon.co.jp/WIBERTA-2%…
https://courrier.jp/info/26525/
https://www.amazon.co.jp/HUION-%E3%…
https://www.amazon.co.jp/WIBERTA-2%…

スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 液晶ペンタブレット(液タブ)