おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

*

液晶テレビがくしゃみで汚れたら?きれいにするための5つのポイント

   

シャープ 液晶テレビ画面用 クリーニングクロス(サイズ:24×24cm)「実際に、AQUOSの生産工程で使われています」 CA-300WH1

液晶テレビを見ているときは、うっかり大きなくしゃみをしてしまったために、画面を汚してしまうことがあります。

顔を背けることができればよいですが、毎回成功するとは限りません。

もし汚れてしまったときは、放置したりせず、しっかりと画面の掃除をするようにしましょう。

では、汚れをきれいに落とすためのポイントを紹介していきます。

私が絶対おすすめする液晶テレビランキングはこちら

スポンサーリンク

柔らかいもので拭き取る

液晶テレビの画面にくしゃみの飛沫がかかったとき、汚れをきれいに拭き取るのであれば、柔らかい布を使うのがおすすめです。

ここで重要になるのは、「柔らかい」という部分になります。

液晶テレビの画面はとても繊細なので、硬くてゴワゴワした布で拭くのはNGです。

もし硬いもので拭いてしまった場合は、画面に傷をつけてしまうことになります。

そんなことでは、いくらこまめに画面を拭いていても、液晶テレビを長持ちさせることはできません。

拭くたびに傷が増えていくようなことになれば、画面の見やすさに影響してくる可能性もあるのです。

そうした失敗を防ぐためには、必ず柔らかい布を使うようにしましょう。

クリーニングクロス

液晶テレビの画面を拭くための柔らかいものとしては、ティッシュを思い浮かべることも多いですが、それで拭いてしまうのは軽率です。

確かにティッシュは柔らかいものですが、液晶画面を拭くには、まだ少し硬めです。

そのため、近くにあったティッシュで適当に拭ったりすると、細かい傷をつけてしまう可能性があります。

液晶テレビの画面は、ティッシュでも傷ついてしまうくらい繊細なものなのです。

そこでおすすめしたいのが、クリーニングクロスになります。

クリーニングクロスは、カメラや眼鏡など、液晶テレビの画面と同じく、とても繊細なものを拭くときに使われます。

そのため、ティッシュよりもさらに柔らかく、安全に掃除をすることができるのです。

液晶テレビの近くに置いておくと、汚れたときにすぐ対応できるので、ぜひ使ってみてください。

落ちにくいときは曇らせる

くしゃみをしてしまったとき、画面の汚れをすぐ拭き取ることができればよいですが、見落としが合ったりすると、乾いて跡が残る可能性があります。

そうした汚れは、軽く拭いただけでは落ちないこともあるので、少し工夫をしてみましょう。

落ちにくい汚れには、息を吹きかけて曇らせる方法がおすすめです。

この方法は、息によって少しだけ水分を加えることがポイントになります。

乾いて落ちにくくなった汚れでも、水分を含ませることで、すんなり取り除くことができるのです。

落ちにくい汚れがあったときは、「強く擦れば落ちるだろう」と楽観的に考えてしまうこともありますが、画面を拭くときに力を入れるのはよくないので、まずは息で対応してみてください。

私が絶対おすすめする液晶テレビランキングはこちら

スポンサーリンク

油はキッチンペーパーで

くしゃみの飛沫がかかったとしても、それがただの唾であれば、それほど掃除に苦労することはありません。

しかし、何か食べていたときのくしゃみだった場合は、そう簡単にはいかないこともあります。

スナック菓子や揚げ物などを食べているときのくしゃみだと、油を含んだ飛沫になってしまい、なかなか落ちない汚れがつく可能性が高いのです。

もちろん、そんな失敗をしないために、テレビの近くでの飲食を避けることが大切ではありますが、万が一の事態を想定して、対処法は知っておくようにしましょう。

おすすめは、キッチンペーパーを使って拭き取ることです。

油を含んだ汚れの場合、普通に拭いただけでは落とすことができず、広がってしまうことも多いですが、キッチンペーパーは、油を吸い取ることができます。

この方法なら、ただ拭くよりも確実です。

油汚れがついてしまったときは、ぜひ試してみてください。

油の手垢にも有効

液晶テレビ油汚れは、子供が汚れた手で触ったときなどにもついてしまうものです。

お菓子を食べた手で触ったりすると、油を含んだ手垢がべったり付着してしまいます。

大人ならそんなことはしませんが、無邪気な子供は、好きな物や気になるものが画面に映っていると、つい触りたくなってしまうものです。

そんなときも、キッチンペーパーで拭いてみてください。

普通に拭いただけでは落ちない油の手垢も、きれいに落とすことができます。

汚れを見えやすくする

液晶テレビの画面を見ていて、くしゃみのものと思われる飛沫の跡を発見したときは、そのまま拭き取るのではなく、まず電源を切ってください。

これは、汚れの位置をしっかり把握するためのコツです。

電源を入れたままだと、画面が白っぽくなってしまうため、どうしても汚れの判別が難しくなります。

しかし、電源を落として画面を黒くしておけば、乾いた飛沫の跡をすぐに見分けることができるのです。

飛沫の跡は、白っぽくなっていることが多いため、黒い画面の中では目立つことになります。

掃除するときは、この方法でしっかりと汚れの位置を見極め、一回で済むようにしましょう。

汚れが見えにくい状態だと、あとから拭き残しを発見して、もう一度拭くことになってしまいます。

わずかな汚れなら時間はかかりませんが、それが二度三度と続くようでは面倒になることも多いので、電源はきちんと切っておきましょう。

ホコリに注意

くしゃみの跡を拭き取るときは、いきなり画面を拭くのではなく、その前にホコリを払ってください。

液晶画面にホコリが付着していた場合、その上から拭くことで、傷をつけてしまう可能性があるのです。

ティッシュで傷つくほど繊細な画面だと、小さなホコリであっても、ダメージの原因になってしまいます。

そのため、画面を拭くのであれば、必ずホコリを取り除き、きれいな状態にしてから拭くことをおすすめします。

ただし、その方法には注意してください。

ホコリを除去するためのモップの中には、薬剤を使ったものがありますが、それでは画面への刺激が強すぎます。

余計なダメージを避けるためには、薬剤を使っていない通常のもので、なおかつ柔らかいことを重視して選んでください。

それなら、画面を傷つけずにホコリを払うことができます。

汚さないための工夫

液晶テレビの画面をきれいにするためには、くしゃみの飛沫がついたときの対処法だけでなく、そうした汚れを防ぐ方法も重要になります。

先にも少し触れましたが、液晶テレビは、汚さないように大切に扱うことが大切です。

そのために役立つのが、液晶テレビに被せるカバーになります。

カバーをかけて保護しておけば、汚れが多く付着したりはしません。

デザインにこだわったおしゃれなカバーも多く出ているので、ぜひ使ってみてください。

保護パネルもおすすめ

液晶テレビのカバーは便利ですが、基本的に使っていないときに被せるものなので、普通に見ているときの汚れは防ぐことができません。

見ているときの汚れを防ぐなら、画面に重ねて使う保護パネルをおすすめします。

透明な保護パネルなら、テレビの視聴を妨げることはないので、常に画面を守ってくれます。

また、汚れだけでなく、傷を防ぐ効果も高いので、子供がふざけて玩具を投げたりしても安心です。

まとめ

液晶テレビを使っているときに大きなくしゃみが出てしまうと、「やってしまった」と慌ててしまうこともありますが、ここで紹介した掃除のポイントを押さえておくと、すぐきれいにすることができます。

適切なものを使い、適切な方法で掃除をすれば、画面に余計なダメージを与えずに、しっかりと汚れを取り除くことができるのです。

いつもきれいな状態で使い、劣化を防いでいきましょう。

スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 液晶テレビ