おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

*

液晶テレビでイヤホンやヘッドホンを使うときの注意点は?  気をつけたい4つのポイント

   

液晶テレビを使うときは、普通に本体から音を出す以外に、イヤホンやヘッドホンを利用する方法があります。

この方法だと、周囲の音を気にせず、映像の世界に入り込むことができます。

また、音が聞き取りにくいときや、夜の遅い時間にテレビを見たいときなども、便利に使うことができるのです。

ただし、イヤホンやヘッドホンを使うときは、いくつか注意しておきたいポイントもあります。

では、その注意点について、詳しく説明していきましょう。

私が絶対おすすめする液晶テレビランキングはこちら

スポンサーリンク

目的に合ったものを使おう

液晶テレビをイヤホンやヘッドホンで見るときは、「使用する商品が目的に合っているか」という点に注目してください。

商品によってさまざまな特徴があるので、最も便利で使いやすいものを選ぶべきです。

例えば、ヘッドホンの中には、折り畳んでコンパクトにする機能を備えたものがありますが、その機能が本当に必要かどうか考えてみましょう。

コンパクトにできるなら、持ち運んだり、狭い場所に収納したりするときは役立ちそうですが、収納の問題がなく、基本的に自室でのみ使用するのであれば、あまり意味のない機能になってしまいます。

「自宅で映画など楽しみたい」という目的があるなら、そうした機能よりも、大きめのサイズであることを優先してください。

ヘッドホンは、大型の方がよい音質に感じられるので、映画の音響をじっくり味わうにはおすすめです。

コンパクトで持ち運びしやすいものは、家でテレビを見るよりも、外で音を楽しむときの方が向いています。

このように、商品によっては、液晶テレビに合わないこともあるので、選ぶときは注意が必要です。

目的を考えて、「どこでどのように使うか」ということを明確にしておけば、最適な商品を見極めることができます。

有線とワイヤレス

目的に合わせてベストな商品を選ぶのであれば、有線とワイヤレスの違いは、重要なポイントになります。

液晶テレビを見るとき、普通に画面の前に座るのであれば、有線でも特に問題はありません。

しかし、「離れた場所でもテレビを楽しみたい」という目的があるなら、やはりワイヤレスにしておくべきです。

ワイヤレスの商品なら、台所で何か作業をしながらでも、居間にあるテレビの音をしっかり聞くことができます。

このように、距離が大きく離れるときや、移動する必要があるときなどは、コードが邪魔にならないワイヤレスだと、快適に使うことができるのです。

また、液晶テレビの前に座るときでも、ワイヤレスの方がよい場合があります。

液晶テレビの適切な視聴距離は、画面の高さによって異なるので、サイズが大きい場合は、より長く距離をとらなければなりません。

そうなると、コードの長さが足りなくなることもありますが、ワイヤレスなら、しっかりと視聴距離を確保することができるのです。

開放型と密閉型

液晶テレビをヘッドホンで見るのであれば、「開放型か密閉型か」という点にも注目してみましょう。

できるだけ高音質で映像を楽しみたいなら、開放型のヘッドホンがおすすめです。

ただし、周囲に音が漏れやすいというデメリットがあるので、他にも人がいる環境で使うことが多いなら、注意しなければなりません。

テレビを見るときは基本的に一人であり、周囲への影響よりも音質を優先できるようなら、安心して使うことができます。

そして、密閉型のヘッドホンは、周りの音がうるさく、映像に集中できないときに便利です。

密閉型は、余計な音をシャットアウトしてくれるので、外で大きな音が鳴っているときでも、細かい音やセリフなどを聞き逃すことはありません。

また、重低音を利かせることができるため、映画などで迫力のある音を楽しみたいときは、最適な商品になります。

ただし、重くて蒸れやすいので、あまり長時間使うような場合には向いていません。

このように、開放型と密閉型には、それぞれ異なる特徴があります。

液晶テレビを見るときの環境や、優先すべき点をしっかり考えて、適切なタイプを選んでください。

私が絶対おすすめする液晶テレビランキングはこちら

スポンサーリンク

赤外線はノイズに注意

液晶テレビの音を離れた場所でも楽しむためには、ワイヤレスのイヤホンやヘッドホンがおすすめです。

ただし、一口にワイヤレスといっても、音を聞くための方法は、赤外線とBluetoothの2種類があります。

そして、赤外線で音を聞くタイプの商品は、ノイズに注意しなければなりません。

使用する場所が台所だった場合は、特に気をつける必要があります。

なぜなら、赤外線は、電子レンジや冷蔵庫の影響を受けやすいからです。

電子レンジや冷蔵庫から出る電磁波は、赤外線で聞く音にノイズを発生させてしまいます。

そのため、赤外線の商品を使うなら、場所を考えることが大切です。

電磁波の多い台所での使用は避けて、なるべくノイズが入らない環境で使うようにしましょう。

音の遅延はない

ノイズが発生しやすいことを考えると、赤外線タイプは不便なように感じてしまいますが、メリットもあります。

それは、音の遅延がないことです。

離れた場所に音を伝えるときは、映像と音の間にタイムラグが生じてしまい、違和感を感じることがあります。

そうなると、余計なストレスがたまり、純粋に楽しむことができなくなってしまいますが、赤外線なら問題はありません。

遅延を防ぎ、常に正確な音を再現してくれるため、映像とのズレを感じることはなくなります。

そのため、ノイズの原因になるものが周囲にない環境なら、赤外線タイプも快適に使うことができるのです。

Bluetoothは遅延がある

液晶テレビの音をBluetoothで聞くときは、遅延が発生しやすくなります。

そのため、テレビ用のイヤホンやヘッドホンは、赤外線のものが多くなっているのです。

apt-Xに対応した商品なら、いくらか遅延を抑えることもできますが、完全に防ぐことはできません。

ただし、赤外線と違ってノイズが発生することはないので、できるだけクリアな音を求めるのであれば、Bluetoothがおすすめです。

また、Bluetoothを使うと、赤外線よりも使用できる範囲が広くなります。

赤外線は、遮蔽物があると音に影響してしまいますが、Bluetoothの場合は、電波の範囲内ならどこにいても使用できるのです。

遅延による違和感があまり気にならないようなら、Bluetoothも便利なので、ノイズを抑えて台所で音を聞きたいときは、ぜひ検討してみてください。

音量は適度に抑える

液晶テレビの音をイヤホンやヘッドホンで聞くときは、適度な音量にすることが大切です。

周りの音がうるさいときや、「しっかり映像の世界に浸りたい」というときは、つい大きめの音で聞きたくなってしまうものですが、やりすぎると難聴になる恐れがあります。

そのため、音量の調節をするときは、常に注意しなければなりません。

イヤホンやヘッドホンをつけているときは、耳に蓋をした状態であり、非常に近い距離から音の刺激を受けることになります。

それで必要以上に音を大きくしていた場合は、耳に大きな負担がかかり、聴力の低下や耳鳴りなどを引き起こしてしまうのです。

映画などは、「大きい音でないと見た気がしない」と感じてしまう人もいますが、多少物足りなく感じたとしても、できるだけ負担の少ない方法で聞くようにしましょう。

遮音性による対策を

音量を上げすぎてしまう原因のひとつには、「周囲の音が気になってしまう」というものがあります。

周りの音に負けないように音量を上げ、セリフなどをしっかり聞き取ろうとするわけです。

そのため、音の上げすぎを防ぐのであれば、遮音性の高いイヤホンやヘッドホンを使用しましょう。

周りの音をシャットアウトできれば、無駄に音を大きくする必要はなくなります。

ヘッドホンなら、先述のような密閉型がおすすめです。

イヤホンにも、遮音性を高めた商品が多くあるので、音量を上げなくても済むように、積極的に利用していきましょう。

まとめ

液晶テレビを見るときにイヤホンやヘッドホンがあると、とても便利なものです。

しかし、ただ何となく使っているだけでは、メリットを得ることはできません。

適当な商品を選ぶと、逆に不便さを感じてしまうことがあり、間違った使い方をすれば、メリットどころかデメリットを被ることもあるのです。

ここで紹介した注意点を押さえて、イヤホンやヘッドホンをしっかり使いこなしていきましょう。

スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 液晶テレビ