おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

*

液晶テレビで映画を見るときにNGなことは?4つの注意点

   

液晶テレビで映画を見るときは、快適に見るための注意点をチェックしておく必要があります。

適当に映像を見ていると、意外なデメリットが発生してしまい、作品の魅力を十分に感じることができない場合があるのです。

デメリットを防いで、しっかり映画を楽しむためには、避けるべきポイントを把握しておかなければなりません。

ここでは、映画を見るときにNGなことについて、詳しく説明していきます。

私が絶対おすすめする液晶テレビランキングはこちら

スポンサーリンク

画面を明るくしすぎている

液晶テレビで映画を見るときは、画面の明るさをチェックしてください。

画面の明るさが極端に高い値になっていると、普通に見ているつもりでも、目が疲れやすくなってしまいます。

明るすぎるものを見続けるという行為は、目に大きな負担をかけてしまうのです。

それでも、短い間だけなら、少しくらいの眩しさは気にならないこともあります。

しかし、映画は2時間くらいのものが多いので、どうしても画面を長く見つめなければなりません。

そうなると、疲れがどんどん蓄積されることになります。

また、あまり負担をかけ続けていると、視力への影響も心配です。

眩しいものを見たからといって、すぐに影響が出るわけではありませんが、それを何度も繰り返すようなことになれば、悪影響が出る可能性もあります。

そうしたデメリットを発生させないためにも、きちんと明るさをチェックして、眩しく感じない設定にしてから視聴を開始してください。

暗い部屋での視聴は要注意

明るさを適度な設定にするといっても、日中に見ているときは、あまり違和感を覚えたりはしないものです。

しかし、映画を見るために部屋を暗くする場合は、それまで普通に見ていたとしても、必ず明るさをチェックする必要があります。

なぜなら、周囲が暗くなると、画面の明るさが強調されてしまうからです。

暗い部屋の中に浮かび上がる映像は、意外なほど眩しく感じることがあります。

日中の明るい部屋でテレビを見るときに眩しさを感じないのは、周囲の明るさと画面の明るさの間に、あまり大きな差がないからです。

その状態だと、映像が見やすくなるため、特に違和感は覚えません。

一方、映画を見るために照明を絞った場合は、周囲の明るさが極端に低下することで、画面の明るさが際立つことになります。

すると、どうしても目が疲れやすくなってしまうのです。

したがって、映画を見るときは、明るさの設定を軽視してはいけません。

暗い場所での視聴に合うように、画面の明るさを調整するようにしましょう。

映画モードを利用しよう

映画を見るときに画面の明るさを抑えるのであれば、単純に輝度を下げるだけでなく、映画モードに設定しておくのも、おすすめの方法です。

液晶テレビには、スタンダードやダイナミックといった映像モードの他にも、映画に適したモードを備えた商品が多くあります。

映画モードは、通常よりも少し暗めで、ぼやっとした感じに見えることがあるので、あまりよいイメージをもたない人も多いですが、映画を見るときには、やはり適したモードなのです。

明るさが控えめになっている点はもちろん、一見すると不鮮明に見える映像にも、メリットがあります。

映画モードは、ダイナミックのように映像を誇張せず、作品本来の自然な色を再現することができます。

ぼんやりしているように見えるのは、色の違和感を抑えた結果であり、慣れてくれば、それほど気になるものではありません。

目の負担を軽減して、快適に視聴を続けるためには、ぜひ映画モードを試してみてください。

私が絶対おすすめする液晶テレビランキングはこちら

スポンサーリンク

反射の対策をしていない

液晶テレビで映画を見るときは、画面の明るさだけでなく、光の反射にも注意が必要です。

画面が光を反射していれば、いくら画面の明るさを抑えていても、眩しさを軽減するのは難しくなってしまいます。

これは、「映画は明るい部屋で見る」という人の場合、特に注意が必要です。

映画を見るときの環境は人それぞれであり、雰囲気などを考慮して暗くする人もいれば、目の負担を軽減するために明るくしておく人もいます。

ただし、明るい部屋で見る場合は、照明などの光が画面に反射してしまうことがあるため、対策が必要になるのです。

光が反射した状態だと、目に入る光の量が無駄に増加してしまい、眩しさや見づらさを感じることになります。

それでは、どんな名作映画を見ていても、純粋に楽しむことができません。

映画の魅力をしっかり味わうためには、反射を抑えて見やすい画面にしておきましょう。

反射防止フィルムを貼る

最近の液晶テレビは、ほとんどがグレア液晶になっているため、何も対策をせずに使っていると、光を多く反射してしまいます。

これは、グレア液晶の表面に光沢があるためです。

かつては、光沢のないノングレア液晶の商品も多くあったので、反射が気になる人は、グレアを避ければ済むことでした。

しかし、グレア液晶が主流となった現在では、なんとかして反射を抑える工夫をしなければなりません。

そこでおすすめなのが、反射を防止するためのフィルムです。

これを画面に貼り付けておけば、グレア液晶であっても、ひどく反射するようなことはなくなります。

反射を防いで見やすくしたいなら、ぜひ使ってみてください。

映り込みもなくなる

光の反射を軽減するということは、画面の移り込みを防ぐことにもなります。

照明の光を反射する画面は、鏡のように部屋の中の様子などを映してしまうものです。

特に、暗いシーンの多い作品などは、画面が黒っぽくなることで、より映り込みが目立ってしまいます。

見ていれば慣れてくる場合もあるため、必ずしも邪魔になるというわけではありませんが、ふとした瞬間に自分の顔などが見えてしまう可能性は、ゼロではありません。

それが重要なシーンだったりすると、興醒めしてしまうこともあるので、気になる人はしっかり対策をしておきましょう。

コントラストを高くしすぎている

液晶テレビで映画を見るときは、少しでも見やすくするために、自分なりに設定をいじったりするものです。

しかし、コントラストを変更するときは、やりすぎに注意しなければなりません。

適度なコントラストがあると、映像がきれいに見えるものですが、あまり高く設定していると、見づらくなることがあるのです。

コントラストが効いていると、白い色と黒い色が強調され、映像にメリハリをつけることができます。

これをやりすぎた場合は、暗いシーンが真っ暗になってしまったり、明るいシーンが眩しくなったりするのです。

そのような不自然な映像では、映画の魅力が損なわれてしまうだけでなく、目にも負担をかけることになります。

コントラストを変えるときは、適当にいじったりせず、自分にとって見やすい映像になるように、慎重に調整していきましょう。

音声出力を2chに変えていない

液晶テレビで映画を快適に見るためには、映像だけでなく、音にも注意しなければなりません。

映画をDVDやブルーレイで見る場合、セリフが小さく、周りの効果音ばかりが大きくなってしまうことがあります。

これは、5.1ch音声をステレオスピーカーで再生したときに起こる現象です。

5.1chサラウンドシステムがある場合ならともかく、普通のスピーカーでは、どうしてもセリフが聞き取りにくくなってしまいます。

このデメリットを解消するためには、プレーヤーの設定を2ch出力にしてください。

プレーヤーの設定が5.1ch出力のままだと、スピーカーに合っていないことになります。

2ch出力にしておけば、5.1ch音声がうまく振り分けられ、セリフが聞き取りやすくなるのです。

音の大きさによるストレスを回避して、作品に集中するためには、この点を事前にチェックしておくようにしましょう。

まとめ

液晶テレビで映画を見るとき、ただ漠然と眺めるのではなく、「作品をしっかりと味わいたい」という人は、ここで紹介したようなNGとなるポイントを、しっかりと頭に入れておきましょう。

避けるべきことを把握しておけば、余計なデメリットに悩まされることはなくなります。

液晶テレビを適切な方法で使い、映像の美しさや素晴らしい演出など、映画の魅力を存分に堪能してください。

スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 液晶テレビ