おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

*

液晶テレビで映画を見るときの注意点は? 気をつけたい4つのポイント

   

液晶テレビは、映画を見るときには便利な商品です。

現在では、スマートフォンやパソコンで手軽に動画を見ることができますが、画面の大きさを確保したい場合には、液晶テレビは最適な方法になります。

映画館のスクリーンほどではなくても、それなりに大きい画面で作品を楽しむことができるのです。

しかし、自宅で映画を見るときは、いくつか注意点を押さえておく必要があります。

では、その注意点について、詳しく説明していきましょう。

私が絶対おすすめする液晶テレビランキングはこちら

スポンサーリンク

部屋を暗くしすぎない

液晶テレビで映画を見るときは、「部屋を真っ暗にしてから見る」という人もいます。

確かに、部屋を真っ暗にしておくと、映画館で見ているような感覚を味わえるので、つい暗くしたくなるものです。

家庭で使う一般的な液晶テレビは、スマートフォンやパソコンよりは大きいとしても、やはり映画館のスクリーンに比べると見劣りしてしまいます。

そこで、なるべく部屋を暗くしておき、雰囲気だけでも近い状態にもっていくわけです。

また、周りの余計なものが目に入らないことで、より映画に集中できるというメリットもあります。

部屋が暗ければ、画面だけが浮き上がって見えるようになるため、映像への没入感が高まるのです。

しかし、真っ暗な部屋でテレビを見るということは、メリットだけではありません。

デメリットになる部分もあるため、部屋の明るさには注意する必要があります。

そのデメリットとは、目に負担をかけてしまうことです。

目に負担をかけないように

暗い部屋で映画を見るというのは、ついやりたくなる行動ですが、目にかかる負担を考えれば、なるべく避けなければなりません。

真っ暗な部屋の中に浮かび上がる明るい画面は、目に強い刺激を与えてしまうのです。

しかも、映画を見るとなれば、約2時間は画面を見つめ続けることになります。

ただでさえ負担が大きいというのに、長い時間画面を見るとなれば、負担はさらに大きくなってしまいます。

そのため、部屋の明るさは、あまり落としすぎないようにしましょう。

といっても、あまり明るい中で見ると、「せっかくの映画なのに雰囲気に浸れない」ということもあります。

したがって、照明をしっかりつけるのではなく、少し暗い程度にとどめておくのがおすすめです。

それなら、目の負担を減らしつつ、映画を見る気分も味わうことができます。

私が絶対おすすめする液晶テレビランキングはこちら

スポンサーリンク

画質を適切に

液晶テレビで映画を見るなら、画質にも気を配っておきたいところです。

画質はあまり重視せず、「とりあえずストーリーがわかればいい」という人ならともかく、なるべくよい高画質で見たい人は、きちんと画質を調節しておきましょう。

最近の4Kテレビなどは、ただ使っていても、従来のテレビより高画質な映像になる場合もありますが、映画を見るときには、やはり映画に適した設定がおすすめです。

明るさやコントラストなどをしっかり調整しておけば、より美しい映像を楽しむことができます。

ただし、自分が快適に感じる設定は、いろいろと試して慎重に探してください。

適当に調節していると、変更する前よりも見づらい画面になってしまうことがあります。

例えば、コントラストを上げすぎると、白い色がとんでしまい、眩しさを感じるようになるのです。

その場合、黒い部分も強調されすぎてしまい、暗いシーンが黒で潰れてしまう可能性もあります。

画質で大切なのは、映画本来の魅力をしっかり再現できることなので、やりすぎにならないように注意しましょう。

映画モードを利用しよう

液晶テレビの画質設定をするときは、その商品に備わった映画モードもうまく利用するのがおすすめです。

大抵の液晶テレビでは、映画を見るためのモードが選択できるようになっており、それを使えば、簡単に最適な設定をすることができます。

画質を調節するといっても、明るさやコントラスト、色の濃さなどを適切なものにしようと思えば、あまり詳しくない人だと、なかなか難しいものです。

ちょうどよい画質がどんなものかわからず、時間だけをとられて、結局は諦めてしまうこともあります。

そんなときは、液晶テレビの映画モードが、とても便利です。

画質についてよくわからなくても、とりあえず映画モードにしておけば、作品に相応しい画質で見ることができます。

調節を少し面倒に感じている人も、ぜひ利用してみてください。

音の注意点

液晶テレビで映画を見るときは、スピーカーから出る音に注意しなければなりません。

映画は、普通に見ていると、人のセリフが聞き取りづらくなってしまうことが多いのです。

これは、DVDやブルーレイで映画を見るとき、特に気をつける必要があります。

セリフが聞き取りづらくなってしまう原因には、映画の5.1ch音声の影響があるためです。

5.1ch音声は、通常のステレオ音声よりも音が多いことで、臨場感が出るというメリットがあります。

これは、ホームシアターなど、音響設備が整っている状態だと高い効果を発揮しますが、液晶テレビの普通のスピーカーで見たときは、周りの音ばかり大きく聞こえてしまうのです。

そうなると、重要なセリフなども聞き取りづらくなってしまい、快適に見ることができません。

セリフを聞こうとして音量を上げると、急に他の音が大きくなるような場面もあり、落ち着いて鑑賞できなくなります。

これを避けるためには、音の設定もチェックしておくようにしましょう。

セリフをクリアに

液晶テレビで映画を見るときは、できるだけセリフがクリアに聞こえる設定がおすすめです。

これは、5.1ch音声の映像を見るとき、人物のセリフを強調してくれるので、とても見やすくなります。

普通に見ていても、セリフが聞き取りづらいということはなく、音量を上げすぎてびっくりすることもありません。

商品によって、「ボイスズーム」「シネマボイス」などの名前の違いはありますが、こうした機能を備えたものは多いので、ぜひチェックしてみてください。

逆に、サラウンドの設定には注意しましょう。

これは、音に広がりをもたせて臨場感を上げるものですが、映画のような5.1ch音声にサラウンド設定を組み合わせると、セリフがさらに聞こえにくくなる可能性があります。

セリフが聞こえにくいときは、このサラウンドがONになっていることも多いので、設定を確認してみてください。

何本も見るときは注意

液晶テレビで映画を見るときは、意外と目に負担がかかっているものです。

1本見るだけでも、「ちょっと疲れたな」と感じることがありますが、そんなときは目の疲労も蓄積されています。

そのため、もし続けて何本も見たいようなときは、必ず休憩の時間を設けるようにしましょう。

あまり長時間見続けるようだと、目にはよくありません。

連続ドラマなどは、先が気になって延々と見てしまうことも多いですが、映画の場合も、シリーズものなどは続けて見たくなることがあります。

そういうときは、ときどき休憩を入れて、目を休めながら見るようにしましょう。

休憩中の工夫

映画を続けて見るときは休憩することが大切ですが、そのときは、できるだけ目の負担を減らすような工夫をしてください。

例えば、目薬を入れるのはおすすめです。

画面を集中して見ていると、どうしても目が乾いてきます。

その渇きを潤すために、休憩中は目薬を入れるようにしましょう。

目に潤いを与えてスッキリさせれば、また快適に映画を楽しむことができます。

また、なるべく遠くの景色を見るのも、よい方法です。

液晶テレビの画面を見つめていると、目の筋肉が固まってくることで、疲労が蓄積されてしまいます。

目の焦点を遠くに合わせることで、その固まった筋肉をほぐすようにしましょう。

まとめ

液晶テレビは、映画を大きな画面で見るには最適な商品ですが、ここで紹介したようなポイントには、常に注意しておきましょう。

適当な見方をしていると、気持ちよく作品を楽しめないこともあります。

しかし、注意点を意識して、適切な方法で液晶テレビを使うようにすれば、より快適に映画鑑賞をすることができるのです。

余計なストレスはなるべく減らして、映画をもっと楽しくしていきましょう。

スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 液晶テレビ