おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

*

液晶テレビにはとても多くのタイプがあるためまずはその機能を知ることから始める

      2018/04/02

シャープ 50V型 4K対応 液晶 テレビ AQUOS LC-50U40 HDR対応 高精細4K低反射液晶パネル

液晶テレビは、今ではどの家庭でも当たり前のように設置してあります。

しかし、完全に満足できる液晶テレビかどうかと聞かれると、疑問に感じている人も多いのではないでしょうか。

こうしたときには、まずは液晶テレビについての知識を高めていき、さらにその知識をしっかり活かして、自分に合った液晶テレビを選んでいくようにしましょう。

私が絶対おすすめする液晶テレビランキングはこちら

スポンサーリンク

液晶テレビのメリットとデメリット

画面の見やすさは大きなメリット

液晶テレビの第一のメリットは、なんと言っても画面がとても見やすいことです。

はっきりとした画質で、鮮明な映像を楽しむことができますので、長時間見続けていても疲れにくいと言う特徴を持っています。

そのため、さまざまな映像に向いており普段見ているテレビの映像や映画、そしてゲームなどとの相性も良いため、さまざまな映像で活用することができます。

はっきりとした映像は疲れにくいと言うことだけではなく、一瞬の映像でも見逃すと言うことも少なくなると言えます。

消費電力の低さもメリット

また、液晶テレビは消費電力が低いこともメリットの一つです。

余計な電力を発生させない構造になっているため、エコと言う面から考えても優れていることが理解できます。

とくに長時間テレビを見ることが多いと言う人は、迷うことなく液晶テレビを選ぶことが良いでしょう。

スピーディーな動きに付いていけない面がある

メリットの多い液晶テレビですが、実は液晶テレビにもデメリットはあります。

とくにスピーディーな動きに画像が付いていけない、つまり残像が残りやすいと言うことは多くの液晶テレビで確認されることです。

そのため、素早い動きのスポーツ観戦やスピーディーなゲームなどでは映像が付いていけない場面があります。

はっきりとそう見えると言うわけではありませんが、違和感を覚えてしまいます。

ただ、こうしたデメリットも最近の液晶テレビでは解消されている面もあります。

さまざまな映像に対応できるようになった液晶テレビを選ぶようにすれば、こうしたデメリットを感じることは少なくなります。

私が絶対おすすめする液晶テレビランキングはこちら

スポンサーリンク

液晶テレビの選び方のコツ

サイズを重視する選び方

液晶テレビを選ぶときには、性能に重点を置く選び方になってしまいますが、最終的にどうしても悩んでしまうのが画面サイズです。

画面サイズは大きく分けても6種類から8種類ほどに分けることができるため、この多くのサイズから選ぶことは簡単ではなくなります。

当然、購入する液晶テレビを設置する部屋の状況にもよりますが、基本的な選び方はどのくらい離れてみれば液晶テレビが見えやすくなるかと言うことなのです。

例えば、画面サイズとしては最も購入されている42型の液晶テレビについては1.6m以上離れてみることが望ましいとされています。

これ以上近くで見ても見えないことはありませんが、長時間の視聴を行った場合には疲れが蓄積されやすくなります。

また、大画面サイズの52型に至っては、2m以上は離れてみる必要があります。

少なくてもこの距離を保って見続けることを想定して、設置する部屋のバランスを考慮して選んでいきましょう。

設置するソファーやテーブルの位置など、トータル的な距離のバランスを考慮して選べば、最高の環境を整えることができます。

パネルの性能から選ぶ

一口に液晶テレビと言っても、実はとても多くの種類があります。

その種類の代表と言えるのが、パネルの性能の違いです。

例えば現在主流になってきいるフルハイビジョンについては、とても優れた画質性能を持っています。

解像度は1920×1080もあり、とても鮮明が画像を楽しむことができるようになっています。

画面サイズも80インチまで展開されていますので、レベルの高い液晶テレビを手に入れたいと考えている人にはフルハイビジョンは外すことができない存在です。

また、4Kも徐々にではありますが浸透してきている面があります。

4Kはフルハイビジョンよりもさらに優れた能力を持っており、3840×2160と言う驚きの超高画質を実現しています。

画素数もフルハイビジョンの4倍もあり829万画素と、これ以上ない綺麗な画面で映像を楽しむことができるようになっています。

これだけレベルの高い画質を持っていますので、近くで見ても目が疲れにくいと言う特徴もあるのです。

多くの面でメリットの多い4Kは、まだまだ高価な液晶テレビですが本格的な物を求めている人にはおすすめできます。

省エネにも注目する

LEDバックライトは必ず重視する

どのような液晶テレビでもエコと言う面においては重視して作られています。

もともと液晶テレビ自体が消費電力が小さい物なのですが、よりエコと言う面から考えて選ぶのではれば、LEDバックライトは外せない存在になってきます。

昔はCCFLと言う蛍光灯に近い物で映像を映し出していましたが、これでは消費電力がどうしても増してしまうと言うデメリットがありました。

LEDバックライトが主流になり、無駄な電力を消費することが少なくなってきましたので、積極的にこのLEDバックライトを選ぶようにすることがポイントです。

おすすめの液晶テレビ3選

VIERA4KTH55DX850

液晶テレビではとても有名なパナソニックのVIERA4KTH55DX850は、より鮮明な画像を楽しむことができる液晶テレビです。

4Kなので画質がとても良いことはもちろん、発色もとても良いためより長時間の視聴でも疲れにくいと言えます。

さらにVIERA4KTH55DX850は、音質にもこだわりを持っています。

臨場感のある音質は、他の液晶テレビと比べてもレベルの高さがすぐに分かります。

よりハイレベルで、画質音質ともバランスの良い液晶テレビを求めている場合にはおすすめです。

LC40W35B

シャープ 40V型 フルハイビジョン 液晶 テレビ AQUOS LC-40W35-B 外付HDD対応(裏番組録画) Wi-Fi内蔵 ブラック

シャープのLC40W35Bは、Wi-Fiが内蔵されているタイプになります。

Wi-Fiが内蔵されていることで、インターネットによる接続がより手軽になっており、さまざまな映像などを楽しめるようになっています。

また、LC40W35Bはフルハイビジョン液晶を採用しており、安定した美しい映像藻楽しめます。

液晶テレビはとても高価なイメージが強いですが、LC40W35Bは比較的リーズナブルに購入できることもメリットです。

多くの人におすすめできる液晶テレビです。

LC50U40

シャープ 50V型 4K対応 液晶 テレビ AQUOS LC-50U40 HDR対応 高精細4K低反射液晶パネル

シャープのLC50U40は、低反射液晶パネルを採用しているモデルになります。

液晶テレビは、パネルによってはどうしても反射が気になってしまいますが、このLC50U40は低反射パネルを採用していますので、強い反射を感じることは少ないと言えます。

その分映像をより鮮明に見ることができ、長時間の視聴でもストレスを感じにくいと言えます。

また、人工知能により自分が見たい番組を選んでくれる機能も備えています。

多くのテクノロジーを備えているシャープのLC50U40はどのような家庭でも満足できる液晶テレビだと感じることができます。

まとめ

液晶テレビには、さまざまなタイプがあります。

しかし、液晶テレビの主となる部分は、より鮮明な画像でテレビを楽しんでいくことです。

そのためには、液晶テレビのパネル技術など、トータル的な知識を持って検討する必要があります。

液晶テレビは決して安い物ではありませんので、知識を高めて失敗のない選び方を行うようにしていきましょう。

スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 液晶テレビ