おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

*

液晶テレビに埃をためない方法は?掃除のための4つのポイント

   

液晶テレビを使うときは、埃に注意しなければなりません。

普通に生活していれば、埃はどうしても発生するものですが、それが液晶テレビにたまってしまうと、故障の原因になります。

なるべく長持ちさせるためには、埃をしっかりと取り除くことが大切なのです。

ここでは、液晶テレビの埃をとるための効果的な方法について、詳しく説明していきます。

私が絶対おすすめする液晶テレビランキングはこちら

スポンサーリンク

静電気が出るもので掃除する

液晶テレビを掃除するときは、最初に埃を払う作業が必要になります。

埃の除去を行わず、いきなり画面を拭いたりするのはやめましょう。

そのような方法では、画面に細かい傷をたくさんつけてしまいます。

きちんと埃を取り除き、それから画面を拭くようにすれば、液晶テレビにダメージを与えることはないのです。

ただし、埃をしっかりとるためには、少しコツが必要になります。

手近にあるティッシュで適当に拭ったくらいでは、あまりきれいに取り除くことはできません。

これは、液晶テレビから静電気が発生しているためです。

静電気が発生していると、埃を引き寄せてしまうため、少し拭いたくらいでは、多くの埃が残ったままになってしまいます。

しかも、ティッシュなどで拭いた場合、摩擦によってさらに静電気が発生してしまうこともあるのです。

そうなれば、より多くの埃を集めることになります。

この静電気を防ぐには、静電気を発生させているアイテムを使うのがおすすめです。

埃を引き寄せる性質を利用する

静電気の対策に静電気を出すアイテムを使うというのは、一見すると矛盾しているようですが、かなり有効な対策になります。

ここで重要になるのは、埃を引き寄せるという静電気の性質です。

液晶テレビが静電気を帯びていれば、埃がどんどん集まってしまい、取り除くのは困難になります。

しかし、そこであえて静電気を発生させるアイテムを使うと、液晶テレビにたまった静電気を除去することができるのです。

また、静電気によって埃が集まるため、適当にティッシュで拭くよりも、効率よくテレビから引き離すことができます。

キーボードの掃除などに使われるクリーニングブラシは、静電気を発生させているので、ぜひ使ってみましょう。

私が絶対おすすめする液晶テレビランキングはこちら

スポンサーリンク

柔軟剤を使う

液晶テレビを埃から守るためには、普段から埃を寄せつけないための工夫をしておくことも大切です。

いざ掃除をしようとしても、埃が厚くたまっていたのでは、作業も大変です。

しかし、もとから埃が少ない状態なら、それほど苦労することはなく、短時間できれいにすることができるのです。

そのために役立つのが、衣類の洗濯で使う柔軟剤になります。

柔軟剤は、衣類を柔らかくしたり、よい香りをつけたり、臭いを消したりといった、さまざまな効果がある便利な商品です。

そうした効果の中には、静電気の発生を防ぐことも含まれています。

したがって、柔軟剤をうまく利用すれば、液晶テレビにつく埃を減らすことができるのです。

液晶テレビの周辺を拭く

埃対策として柔軟剤を利用するときは、そのままではなく、水に混ぜて使います。

バケツに軽く一杯くらいの水を用意し、そこに5~6滴の柔軟剤を垂らしてください。

そこにタオルを浸して固く絞ったら、準備は完了です。

あとは、液晶テレビの周辺を丁寧に拭いていきます。

柔軟剤がついたタオルでテレビ台などを拭いておくと、静電気を防ぐ効果により、埃を寄せつけなくなるのです。

それなら、埃がたまりすぎる心配はありません。

常に埃が少ない環境をつくることができるので、手入れも楽になります。

この方法のコツは、タオルを浸したとき、柔軟剤入りの水がしっかり染み込むように、2分くらい待つことです。

少し濡らしてすぐに絞ったのでは、あまり効果が出ないこともあるので、注意してください。

吸い取りながら掃除する

液晶テレビの埃をとるときは、裏側に注意する必要があります。

背面には通気口があるため、あまり埃をためておくのはよくありません。

埃によって通気口が塞がると、正常な熱の排気ができなくなり、内部の温度が上昇していきます。

電気製品は熱に弱いので、そのような事態は避けたいところです。

そのため、液晶テレビの埃を払うなら、目に見える表側だけでなく、裏側もしっかりと行うようにしましょう。

ただし、適当に埃を払ってはいけません。

雑な方法だと、通気口から内部に埃が入ってしまい、故障の原因になります。

液晶テレビをなるべく長持ちさせるためには、埃が入らない工夫をすることが大切です。

そのためには、ただ払うのではなく、埃を吸いながら払うようにしましょう。

掃除機とブラシを使う

液晶テレビの埃を払うとき、背面の通気口から内部に入ることを防ぐには、ブラシと掃除機をうまく使って、慎重に作業を進めていきましょう。

細かい部分をブラシで少しずつ払い、すぐに掃除機で吸うようにすると、中に入ることはありません。

このときは、静電気を発生させるクリーニングブラシを使うと、埃を引き寄せることができるため、より効果的です。

ただブラシで払っただけだと、舞い上がって拡散することも多いので、背面の掃除をするときは、ぜひ掃除機をセットで使ってみてください。

湿度を管理する

液晶テレビの埃を防ぐのであれば、湿度には常に注意しておきましょう。

埃を引き寄せてしまう静電気は、湿度が低くなると発生しやすくなります。

乾燥する冬に静電気が多くなるのは、そのためです。

静電気が多くなれば、それだけ埃も付着しやすくなり、汚れはひどくなっていきます。

そのため、埃の対策をするのであれば、掃除の方法だけでなく、静電気を発生させないことも、重要なポイントになるのです。

静電気の発生を少なくすることができれば、埃を無駄に集めることがないため、楽に取り除くことができます。

冬はしっかり加湿する

静電気の発生は、主に冬が多くなります。

そのため、冬は特に湿度管理が大切です。

湿度が高い夏は、何もしなくても静電気の発生は少なくなりますが、冬は常に注意していないと、すぐ静電気がたまってしまいます。

それを防ぐためには、加湿器を利用しましょう。

部屋の中が乾燥しすぎないように、加湿器で湿度を上げておくのです。

それなら、静電気の発生は少なくなるため、埃が集まる心配もありません。

また、濡れたタオルなど、何か湿ったものを干しておくのも、よい方法です。

加湿しすぎには注意

埃を減らすためには、湿度を上げて静電気を抑えることは、効果的な対策になります。

ただし、あまり上げすぎないように注意しておきましょう。

液晶テレビにダメージを与えるものは、静電気による埃だけではありません。

湿度の高い環境も、電気製品にはよくないのです。

あまりジメジメするようなら、いったん加湿器を止めて様子を見てください。

また、加湿器を置く位置には注意すべきです。

加湿器から出る蒸気が液晶テレビにかかってしまうようだと、静電気や埃を防いだとしても、故障してしまう可能性が高くなります。

そのため、加湿器を置くなら、液晶テレビの近くは避けるのがベストです。

埃の対策だけでなく、長持ちさせるためにも、湿度の管理はしっかり行いましょう。

まとめ

液晶テレビは、毎日使う電気製品のひとつであり、長く使っていれば、どうしても劣化してきます。

その劣化を少しでも遅らせるためには、ぜひ埃の対策をしてください。

なるべくきれいに埃を取り除き、普段から蓄積させないための工夫をしておけば、液晶テレビのダメージは少なくなります。

大切に扱っていれば、液晶テレビの寿命を縮めることはないので、常に意識して手入れをするようにしょう。

スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 液晶テレビ