おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

*

液晶テレビの手垢を落とすときに避けるべきことは?やってはいけない4つの注意点

   

GreatShield 液晶パネルクリーニングキット【液体クリーナー 60ml / クリーニングクロス / ブラシ】カメラ, タブレット, スマートフォン, パソコン, テレビ スクリーン ディスプレイ用クリーナー

液晶テレビの画面は、手垢や指紋などで汚れてしまうことがあります。

そんなときは、しっかり手入れをする必要がありますが、適当な方法で拭いたりしてはいけません。

画面を拭くときは、正しい方法を意識して拭くことが大切です。

ここでは、画面を拭くときにやってはいけない4つの注意点について、詳しく説明していきます。

私が絶対おすすめする液晶テレビランキングはこちら

スポンサーリンク

電源を入れたまま拭く

液晶テレビの画面についた手垢や指紋を落とすときは、必ず電源を切ってから作業を始めるようにしましょう。

電源を切らずに拭いても、汚れをきちんと除去することはできません。

なぜなら、液晶テレビの電源が入ったままだと、画面の汚れが見えづらくなってしまうからです。

手垢や指紋のような汚れは、画面に付着すると白っぽく見えます。

そのような汚れを確実に見分けるためには、明るい画面のままにしておくべきはありません。

黒っぽい汚れであれば、明るい方が浮き上がって見えることもありますが、手垢や指紋などを判別するには、できるだけ暗い画面にしておく必要があります。

画面が黒っぽくなっていれば、手垢などがくっきりと見えるようになるため、手入れがしやすくなるのです。

二度手間を防ぐ

画面の汚れを見えやすくする工夫は、汚れを落としやすくするだけでなく、余計な手間を防ぐためにも役立ちます。

汚れがよく見えない状態だと、自分ではすべて拭き取ったつもりでも、意外なところに残っていたりするものです。

そうなると、ひと仕事終えて片づけたあと、画面に拭き残しを発見し、もう一度拭くことになります。

最初の作業でほとんどの汚れを拭き取ってしまえば、拭き残しといってもそれほど多くなることはありませんが、それでも二度手間は避けたいところです。

気合を入れて掃除したあとに、また汚れを見つけてしまったときは、やはり面倒に感じてしまいます。

とはいえ、1回で完璧に掃除をするというのは、なかなか難しいものです。

機械でもない限り、うっかり見落としてしまったり、拭き方が甘かったりするミスは、どうしても出てきます。

しかし、それを少なくすることは可能です。

そのために役立つのが、電源を切って、汚れを見つけやすくする方法になります。

1回の作業で多くの汚れを除去できるように、事前の準備はしっかり行うようにしましょう。

私が絶対おすすめする液晶テレビランキングはこちら

スポンサーリンク

水拭きする

液晶テレビの手垢や指紋を落とすとき、最も注意しなければならないのが、布巾などを濡らして、水拭きしてしまうことです。

汚れを落とすのであれば、乾拭きよりも水拭きの方が効果的なように思えますが、液晶テレビは水分には弱いので、湿らせるような方法で掃除をしてはいけません。

液晶テレビにとって、湿気は故障の原因になるので、余計な水分を与えないようにするのが、手入れの基本的な注意点になります。

水滴や湿気が内部に入れば、ダメージは免れません。

また、水分を多く含んだもので拭いた場合、水の跡が残ってしまうこともあります。

水道水に含まれる微量な不純物などが、白くなって画面を汚してしまうのです。

そのため、液晶テレビの場合は、なるべく濡らさずに掃除をしなければなりません。

乾いたもので優しく丁寧に

液晶テレビの手垢や指紋を拭き取るためには、つい水拭きでゴシゴシとやりたくなってしまいますが、湿気によるダメージや、拭いた跡の汚れのことを考えれば、適切な方法ではありません。

デメリットを防いで掃除するためには、乾いたクリーニングクロスで優しく丁寧に擦るのがベストな方法です。

「そんな方法で汚れが落ちるのか」という不安を感じてしまうこともありますが、あまりひどい汚れでもなければ、大抵はきちんと落とすことができます。

手強そうな汚れがあっても、眼鏡や窓ガラスなどを拭くときのように、少しだけ息を吹きかけてやれば、意外にすんなりと拭き取ることができるのです。

湿気がNGとはいえ、息がかかったくらいでは、ほとんど影響はありません。

ちなみに、布巾などではなくクリーニングクロスを使うべきなのは、とても柔らかく、画面を傷つける心配がないからです。

柔らかいものといえばティッシュを思い浮かべる人もいますが、液晶画面は繊細なので、ティッシュ程度の柔らかさでは、細かい傷がつく可能性があります。

クリーニングクロスは、ティッシュよりもさらに柔らかいため、傷がつくことはないのです。

洗剤を使う

液晶テレビの画面を拭くなら、乾いたクリーニングクロスでも十分な効果を発揮してくれますが、決して万能というわけではありません。

油を含んだ手垢や指紋があった場合は、そう簡単には落とせないのです。

それどころか、擦ったことで汚れの範囲が広がってしまい、余計に汚くなったように見えることもあります。

落ちにくい油汚れは、息を吹きかけたくらいでは解決できないため、別の方法を検討しなければなりません。

ただし、そのような事態になったときは、絶対に避けなければならない方法があります。

それが、洗剤を使って汚れを落とそうとすることです。

どうしてもとれない汚れがあったときは、「洗剤なら落ちるだろう」と考えてしまうものですが、液晶画面にとって、洗剤は刺激が強すぎます。

中性洗剤やガラスクリーナーといった商品には、溶剤や研磨剤が含まれていますが、そんなもので繊細な画面を擦ってしまうと、コーティングが剥がれる恐れがあるのです。

また、アルコールにも注意してください。

台所で油汚れを落とすときは、アルコール除菌スプレーが重宝されていますが、液晶テレビに使った場合は、やはりコーティングに悪影響を与えてしまいます。

キッチンペーパーで吸い取る

油を含んだ汚れがあるときは、むやみに洗剤などを使わず、キッチンペーパーをうまく利用しましょう。

キッチンペーパーなら、油を吸収してくれるので、クリーニングクロスで効果がない汚れも、きちんと除去することができます。

少し湿らせたキッチンペーパーで優しく擦れば、画面にダメージを与えることはないので、ぜひ試してみてください。

ホコリをとらない

液晶画面の手垢や指紋を落としたいときは、その汚れにばかり注目してしまいますが、ホコリによる汚れを取り除くことも忘れないようにしましょう。

もしホコリを取らなかった場合は、ホコリの上から拭くことになるため、いくら優しく擦っても、画面に細かい傷がついてしまうのです。

したがって、画面を拭く前には、必ずホコリを払っておくことをおすすめします。

ホコリがない状態なら、画面への負担を最小限に抑えることができるのです。

静電気が出るモップを使う

ホコリを払うときは、静電気を帯びたハンディモップを使うと、よりきれいに掃除することができます。

静電気を出すアイテムは、液晶テレビにたまった静電気を抑えつつ、ホコリを引きつける効果があるのです。

それなら、払ったホコリが、画面に再び付着することはありません。

とても効率よくホコリを除去できるので、静電気が発生しやすい冬などは、積極的に静電気のアイテムを利用するようにしましょう。

まとめ

液晶テレビの手垢や指紋などは、きちんと拭き取っておかないと、気になって映像に集中できないことがあります。

そのためには、ここで紹介した注意点をしっかり押さえておくようにしましょう。

汚れを拭き取るのであれば、適切な方法で行い、余計な手間やダメージを極力少なくすることが大切です。

避けるべきことがわかっていれば、失敗することはありません。

スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 液晶テレビ