おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

*

液晶テレビの掃除であると便利なものは? おすすめの4つのアイテム

   

ダスキン エレクトロンミニ 3色セット

液晶テレビを長持ちさせるには、なんといっても手入れが重要です。

いつもきれいな状態で使っていれば、液晶テレビにかかる負担は少なくなり、劣化を遅らせることができます。

そして、しっかり手入れをするなら、掃除に役立つアイテムを使うのがおすすめです。

ここでは、液晶テレビの掃除で便利に使えるものを紹介していきます。

私が絶対おすすめする液晶テレビランキングはこちら

スポンサーリンク

クリーニングクロス

エレコム クリーナー クリーニングクロス  【液晶画面/レンズ/メガネ】 安心の日本製 ブルー P-KCT1523BU

液晶テレビの画面は、何かの飛沫や指紋などにより、汚れてしまうことがあります。

そうした汚れを取り除くには、画面を拭くことになりますが、そのときに適当なものを使うのはよくありません。

液晶テレビの画面を拭くのであれば、なるべくダメージを与えないように、できるだけ柔らかいものを使うべきです。

不適切なものを使うと、汚れを落とすどころか、画面に傷をつけてしまう可能性もあるので、必ず柔らかいものを選ぶようにしましょう。

ただし、柔らかいものといっても、ティッシュを選ぶのは間違いです。

ティッシュは、人間にとっては十分に柔らかいものですが、繊細な液晶画面を拭くには硬すぎます。

そのため、近くにあるティッシュで無造作に画面を拭ったりすると、細かい傷をたくさんつけてしまうのです。

液晶テレビの画面を傷つけないためには、ティッシュよりさらに柔らかいものを使わなければなりません。

そこでおすすめなのが、眼鏡やカメラなどを拭くときに使用されるクリーニングクロスになります。

力を入れずに優しく

眼鏡やカメラのレンズをきれいにするためのクリーニングクロスは、とても柔らかい布であり、画面にダメージを与えるようなことはありません。

液晶テレビの画面と同じように、眼鏡やカメラのレンズもかなり繊細なので、それらを傷つけないクリーニングクロスなら、安心して使うことができるのです。

ただし、クリーニングクロスを使うときでも、注意しなければならないポイントはあります。

それは、無理に力を入れて拭かないことです。

いくら柔らかい布を使っても、それでゴシゴシと画面を擦ったりすれば、やはり傷がついてしまいます。

せっかくクリーニングクロスを使うのなら、「優しく丁寧に拭く」ということを忘れないでください。

あまり力を入れず、軽く優しく拭いておけば、画面を傷つける心配はありません。

私が絶対おすすめする液晶テレビランキングはこちら

スポンサーリンク

中性洗剤

液晶テレビの画面を拭くときは、柔らかいクリーニングクロスを使って軽く擦るのが、ベストな方法になります。

しかし、油汚れなどがあると、ただ拭いただけでは、あまりきれいにすることはできません。

それどころか、変に汚れが広がってしまい、余計に汚く見えてしまうこともあります。

そうならないためには、中性洗剤を使ってみましょう。

水かぬるま湯を用意し、中性洗剤を1%の濃度に薄めたら、それを布に染み込ませて拭いていきます。

すると、何もつけずに拭くよりも、汚れが落ちやすくなるのです。

頑固な汚れがあるときは、ぜひ試してみてください。

ただし、濃度には常に注意しておきましょう。

濃い溶液を使ったりすると、液晶画面にダメージを与えてしまうことがあります。

劣化させないためには、必ず1%の濃度を守ることが大切です。

研磨剤やアルコールに注意

液晶テレビの落ちにくい汚れを取り除くときは、アルコールを含んだウェットティッシュや、研磨剤を含んだスプレーなどは使わないでください。

それらを使うと、画面に悪影響を与えることになります。

通常の掃除では重宝されるものですが、液晶テレビの繊細な画面には合わないのです。

汚れが落ちないからといって、手近にあるものを安易に使ったりせず、なるべくリスクが少ないものを用意してください。

1%に薄めた中性洗剤なら、画面に負担をかけるようなことはありません。

濃度を守っていれば安全なので、多少面倒でも、しっかり準備して積極的に使っていきましょう。

静電気を出すブラシやモップ

ダスキン エレクトロンミニ 3色セット

液晶テレビをきれいに掃除するためには、何とか除去しなければならないものがあります。

それが、冬などの乾燥する時期に多く発生する、静電気です。

静電気は、埃を引き寄せる性質があるため、掃除を妨げることになってしまいます。

例えば、埃を払ったとしても、液晶テレビに静電気がたまっていた場合、本当に除去できるのは、ごく一部だけです。

静電気によって埃が引き寄せられるため、すべてをきっちりと取り除くことは難しくなってしまいます。

また、埃を払ったときは、いくらか拡散するものですが、それらも静電気が集めてしまうので、払ったばかりの部分に再び付着することも多いのです。

こうしたデメリットを回避するには、静電気の対策ができるアイテムを使いましょう。

静電気を出すブラシやモップは、静電気を帯びた液晶テレビの掃除には最適です。

静電気を除去しつつ埃を集める

静電気の対策をするなら、静電気を出すものを近づけるべきではないようにも思えますが、実際には、かなり効果的な方法になります。

埃を払う際、静電気を出すブラシやモップを使うと、液晶テレビの静電気を除去することができるのです。

液晶テレビの方に埃が集まらない状態をつくることができれば、汚れがしっかり落ちるようになります。

また、ブラシやモップの方に静電気があるため、液晶テレビから離れた埃を引き寄せることが可能であり、一度払ったものが再び付着する心配もありません。

このように、静電気を出すものをうまく利用すれば、効率よく掃除をすることができるのです。

静電気が発生しやすい時期に掃除をするときは、ぜひ試してみてください。

掃除機

掃除機は、主に床などの埃を吸い取るときに使うことが多く、液晶テレビの埃を取り除くには大げさすぎる感じもしますが、実はとても便利な使い方ができますここで注目すべきは、液晶テレビの背面にある通気口です。

通気口は、液晶テレビの熱を逃がすために必要なものであり、常に埃を取り除き、きれいにしておかなければなりません。

もし埃がたまってしまうと、熱を外に出すことができなくなります。

すると、内部の温度が上昇し、やがては故障してしまうのです。

これを防ぐためにも、しっかり埃を払うことが大切ですが、ただ払ったのでは、別のデメリットが出てきます。

払うときに舞い散った埃が、通気口から内部へ入り込んでしまうのです。

そうなれば、たとえ熱の排気が正常でも、故障することになります。

こうした失敗を回避するなら、ぜひ掃除機を利用してみましょう。

掃除機で吸いながら作業する

舞い散った埃が内部に入り込むことを防ぐためには、掃除機で吸いながら作業をするのがおすすめです。

背面の埃を少しずつ払い、慎重に掃除機で吸っていきましょう。

そうすると、通気口から内部に入り込む埃は少なくなり、故障を防ぐことができます。

ただし、確実に埃の侵入を防ぐためには、少しずつ行うことを意識してください。

いくら掃除機で吸っていても、バサバサと埃を払ったりすると、舞い散る埃の量が多くなり、完全に防ぐことは難しくなります。

背面の埃を落とすときは、小さいブラシなどを使って、なるべく拡散しないように、丁寧に払っていきましょう。

わずかに散ったものを掃除機で吸いとるようにすれば、よりベストな対策になります。

まとめ

液晶テレビの手入れをするときは、決して適当なものを使ってはいけません。

不適切なものを使っていると、液晶テレビに負担をかけてしまい、逆に寿命を縮めてしまうこともあるのです。

それを避けるには、ここで紹介した便利なものを参考にしてみてください。

余計な負担をかけないものを使えば、液晶テレビを長持ちさせることができます。

スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 液晶テレビ