おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

*

液晶テレビの掃除でよくある失敗は?ありがちな5つのNGポイント

   

液晶テレビは、日常生活の中で頻繁に使う家電製品のひとつであり、しっかり手入れをしながら使うことが大切です。

ただし、手入れをするなら、よくある失敗に注意しなければなりません。

間違った方法で手入れをしてしまうと、寿命を縮めてしまうこともあるのです。

では、ありがちな失敗について、詳しく説明していきましょう。

私が絶対おすすめする液晶テレビランキングはこちら

スポンサーリンク

水拭きする

液晶テレビの画面に、何かの飛沫や指紋などがついたときは、拭き掃除をすることになります。

そのときによくある失敗が、水拭きです。

汚れを拭き取るなら、ただ乾拭きをするより、水分を含ませた方が楽に落とせるイメージがありますが、安易に水拭きをするのはよくありません。

濡らした布で画面を拭いた場合、指紋などの汚れは確かに落とすことができますが、問題はそのあとです。

画面についた水分が乾くと、そこに白い跡が残ってしまうため、せっかく掃除をしても、あまりきれいに見えなくなってしまいます。

そのため、画面を拭くなら、なるべく水分が多くならない方法で拭くべきです。

最小限の水分で掃除することができれば、拭いた後の画面が汚くなることはありません。

曇らせてから拭く

液晶テレビの画面を拭くときは、基本的に乾拭きがおすすめですが、落ちにくい汚れがあったときなどは、水分も欲しくなります。

そんなときは、布を濡らして拭くのではなく、画面に息をかけて曇らせましょう。

普通に水拭きをすると、水分の量が多すぎるため、どうしても白い跡が残ってしまいますが、曇らせるくらいの微量な水分なら問題はありません。

余計な水分を残さないようにしっかりふき取ることができるため、きれいに仕上げることができるのです。

乾拭きで簡単に落ちない汚れがあったときは、ぜひ試してみてください。

私が絶対おすすめする液晶テレビランキングはこちら

スポンサーリンク

硬いもので拭く

液晶テレビの画面を拭くときは、使う布の柔らかさが問題になる場合もあります。

硬くてゴワゴワしたもので拭いたりすると、画面に傷をつけてしまう可能性が高いのです。

液晶テレビの画面を拭くなら、なるべく柔らかいものを選ばなければなりません。

画面に余計なダメージを与えないくらいの柔らかさがあれば、拭いても傷がつくことはなくなります。

ただし、ティッシュには注意してください。

ティッシュは一見すると柔らかそうに見えるため、液晶テレビの手入れでも使いたくなることがありますが、画面を拭くには柔らかさが足りていません。

人間の肌なら問題のない柔らかさでも、液晶テレビの手入れで使うと、細かい傷をつけてしまいます。

クリーニングクロスは安心

画面に傷をつけてしまう失敗を防ぐなら、その辺にあるティッシュではなく、眼鏡の手入れに使われるクリーニングクロスで拭くようにしましょう。

眼鏡の繊細なレンズを傷つけない柔らかさになっているので、ティッシュで傷つくような液晶画面を拭いても、まったく問題はありません。

傷を防いで劣化を防ぐためには、ぜひ使ってみてください。

強く擦る

液晶テレビの画面を強い力でゴシゴシと擦ってしまうことも、手入れをするときによくある失敗のひとつです。

きちんと柔らかいクリーニングを使っていても、そんな乱暴な拭き方をしていると、画面に傷をつけることになってしまいます。

液晶テレビを長持ちさせるために手入れをして、逆にダメージを与えるようなことは避けなければなりません。

画面を拭くなら、常に優しく擦るようにしてください。

落ちにくい汚れがあったときは、先述のように曇らせてから拭く方法がおすすめです。

洗剤に注意

強く擦ることによる失敗は、なかなか落ちない汚れがあったときに起こりがちです。

汚れをしっかりと落とすために、つい力技に頼ってしまうのです。

それを防ごうとしたときは、洗剤の洗浄力に注目することもありますが、安易に手を出すのはおすすめできません。

なぜなら、普通の掃除で使う洗剤には、研磨剤が入っていることが多いからです。

それを使って画面を拭けば、表面のコーティングをガリガリと削ってしまうため、より大きなダメージを与えることになってしまいます。

水で薄めた中性洗剤ならOKな製品もありますが、軽い気持ちで試したりせず、まずは説明書を確認してください。

また、アルコールも要注意です。

アルコールも、画面のコーティングを剥がしてしまうことがあるので、ウエットティッシュなどは避けるようにしましょう。

どうしても落ちないときは、クリーニングクロスを少しだけ濡らして、汚れのある部分だけを拭き、水分を素早く取り除く方法がおすすめです。

汚れの見落とし

液晶テレビの手入れで画面を拭くときは、指紋などの汚れがどこにあるのか、すぐにわかるようにしておく必要があります。

よく見えない状態だった場合は、見逃してしまうことが多く、せっかく拭いても、肝心な部分の汚れが残ってしまったりするのです。

そのような失敗を避けるには、必ず電源を切るようにしてください。

電源が入ったままだと、白っぽい汚れが見えにくいため、拭き残しが多くなりがちです。

きちんと電源を切っておけば、画面が黒くなるため、白いものが浮き上がって見え、確実に拭き取れるようになります。

あとから落ちていない汚れを発見し、何度も拭き直したりしないように、電源はしっかり確認しておきましょう。

ホコリを払わずに拭く

液晶テレビの手入れでは、いきなり画面を拭き始めたことで、細かい傷をつけてしまうことがあります。

ここで問題になるのは、画面に付着しているホコリです。

ホコリがついたままの画面を拭くと、ホコリをゴシゴシと擦りつけることになってしまうため、傷の原因になるのです。

そのような失敗を防ぐためには、電源を切ってすぐに拭くのではなく、まずホコリを取り除くようにしてください。

なるべく丁寧にホコリを払い、余計なものがない状態にしてから吹けば、画面にダメージを与える心配はありません。

柔らかいものを使う

ホコリを払うなら、適当にブラシを選んだりせず、その柔らかさを必ず確認するようにしてください。

硬いもので無造作にホコリを払ったりすると、画面に傷をつけることがあります。

液晶テレビに極力ダメージを与えないようにするなら、毛先の柔らかいブラシやモップがおすすめです。

それなら繊細な液晶画面にダメージを与えずに、しっかりとホコリを取り除くことができます。

拭き方にばかりに注目せず、事前の準備も丁寧に行いましょう。

静電気を除去するアイテム

液晶テレビのホコリは、静電気に引き寄せられて集まってくることが多いので、手入れに使うなら、それを除去できるようなものを選んでください。

ホコリと一緒に静電気もなくしてしまえば、払ったそばから付着するようなことがなくなり、よりきれいに仕上げることができます。

また、薄めた柔軟剤で周辺のテレビ台などを拭いておくことも、効果的な静電気対策になります。

衣類の静電気を防ぐ効果により、テレビの周りからホコリを遠ざけることができるのです。

せっかく手入れをするなら、汚れにくい環境づくりにも気を配っておきましょう。

まとめ

液晶テレビを長く使いたいなら、こまめな手入れは欠かせません。

しかし、不適切な方法で手入れをしていると、逆にダメージを与えてしまうため、長持ちさせることができなくなってしまいます。

寿命を縮めないためには、ここで紹介したような失敗に注意して、テレビに負担をかけない手入れを行いましょう。

常にその点を意識していれば、劣化を遅らせることができます。

スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 液晶テレビ