おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

*

液晶テレビの掃除は適切に! 避けるべき4つの注意点

   

10枚セット クリーニングクロス マイクロファイバー 凹エッジ良い手触り メガネスマホレンズ拭きクロス 18x15cm

液晶テレビは、普段の生活で頻繁に使用する家電製品です。

そのため、汚れることも多く、こまめに手入れをしなければ、長く使うことはできません。

ただし、その手入れは、必ず適切な方法で行うことが大切です。

もし間違った方法で掃除をした場合、テレビに傷をつけてしまうこともあります。

そこで、液晶テレビの掃除で避けるべきポイントについて、詳しく説明していきましょう。

私が絶対おすすめする液晶テレビランキングはこちら

スポンサーリンク

水拭き

液晶テレビの掃除では、画面の汚れを落とすことが重要になります。

長く使っていれば、くしゃみや飲食物の飛沫、指紋などで汚れてしまうので、ときどき様子を見て汚れを拭き取らなければなりません。

常にきれいな画面でテレビを楽しむには、定期的に拭くことも大切です。

しかし、画面を拭くときには、「水拭きをしてしまう」という失敗がよくあります。

確かに、普通の掃除で汚れを落とす場合、水拭きは基本です。

窓ガラスなども、濡らして絞った布で拭くことになりますが、液晶テレビを同じように拭くのはやめましょう。

まず、水道水には、塩素や少量の不純物が混ざっていることがあるため、それが画面に付着すると、白い汚れになってしまう可能性があります。

人間が普通に使う分には問題なくても、繊細な液晶テレビの画面にはよくないのです。

また、水分をしっかり拭き取れなかった場合、どうしても跡が残ってしまうので、「拭いたのにきれいにならない」と感じることも多くなります。

水分は少量で

液晶テレビの画面を拭くなら、基本的には乾拭きがおすすめです。

しかし、落ちにくい汚れがあると、さすがに乾拭きだけでは対処しきれません。

そんなときは、息を吹きかけ、少し曇らせてから拭いてください。

普通に水拭きをしたのでは、水分が多すぎてよくありませんが、息による少量の水分であれば、特に問題はありません。

落ちにくい汚れも、ほんの少し水分をプラスすることで、すんなりと拭き取ることができます。

また、どうしても落ちにくい汚れがあるときは、少しだけ布を湿らせるのもアリですが、水道水は避けてください。

その場合は、ミネラルウォーターが最適です。

余計なものが含まれていないミネラルウォーターなら、布に含ませて拭いても、汚れの原因にはなりません。

私が絶対おすすめする液晶テレビランキングはこちら

スポンサーリンク

ティッシュを使う

液晶テレビの画面を拭くとき、注意しなければならないのは、水分だけではありません。

「何を使って拭くか」という点も重要になります。

というのも、液晶テレビの画面は繊細なので、適切なもので拭かないと、傷をつけてしまうことがあるからです。

汚れを落とすために拭いたつもりでも、画面に小さい傷が蓄積されていけば、映像を見にくくしてしまう恐れがあります。

それを避けるには、なるべく柔らかいもので拭くことが大切です。

しかし、柔らかいものでも、ティッシュには注意してください。

ティッシュは、人間にとっては柔らかいものであり、一見すると画面にも優しいようなイメージがありますが、実際には不適切なものになります。

液晶テレビの画面をティッシュで拭くと、目に見えないほどの小さな傷が、たくさんついてしまうのです。

ティッシュは身近にあるため、画面が汚れたときは、つい手を伸ばしてしまうことも多いですが、傷をつけないためには、安易に使わないようにしましょう。

クリーニングクロスがおすすめ

10枚セット クリーニングクロス マイクロファイバー 凹エッジ良い手触り メガネスマホレンズ拭きクロス 18x15cm

液晶テレビの画面を拭くのに最適なものは、眼鏡に使用されるクリーニングクロスです。

眼鏡のレンズも、細かい傷を防ぐことが重要であり、そのために専用のクリーニングクロスが用いられています。

レンズに傷がつかないものなら、液晶テレビの画面にも優しく、余計なダメージを与えずに掃除ができるのです。

ただし、いくらクリーニングクロスを使っても、ゴシゴシと力を入れて擦ったのでは、やはり傷がついてしまいます。

せっかく柔らかい布を使うなら、丁寧に優しく擦るようにしましょう。

もし落ちにくい汚れがあったときは、無理をせず、先述のような少量の水分で対応してください。

埃をはらわない

液晶テレビを掃除するときは、いきなり画面を拭いてはいけません。

本格的に始める前に、まずは埃を取り除くことが大切です。

しかし、そうした準備を面倒に感じる人は、埃がついたままで拭き始めてしまうことがあります。

これは、クリーニングクロスを使ったとしても、画面に傷をつけてしまう方法です。

埃がついたまま拭くということは、埃を画面に擦りつけることと同じであり、たとえ使う布が柔らかくても、細かい傷がついてしまいます。

したがって、画面を拭くなら、まずはしっかり埃をはらってください。

これは、埃がないように見えたとしても、念のため行うようにしましょう。

目に見えないほどの小さい埃でも、ゴシゴシと画面に擦りつければ、傷の原因になります。

その傷も小さなものではありますが、間違った方法で繰り返し拭いていれば、だんだんと蓄積され、無視できないダメージになってしまうのです。

そうした失敗を避けるためには、目に見えても見えなくても、必ず埃をはらうことを心がけてください。

カバーで埃を減らす

液晶テレビの埃対策を考えるなら、テレビを使わないとき、ただ置いておくのはよくありません。

むき出しのまま置いた場合、どうしても埃がつくことになります。

そこで便利なのが、専用のカバーをかけておく方法です。

カバーをかけておけば、埃の付着を防ぐことができるため、掃除の前にはらうときも、手間は大幅に軽減できます。

また、埃だけなく、飛沫や指紋などの汚れも防ぐことができるため、画面の手入れもしやすくなるのです。

電源を入れたまま掃除する

液晶テレビの掃除をするなら、電源は必ず切っておかなければなりません。

なぜなら、電源を入れたままだと、静電気によって埃を引き寄せてしまうからです。

この場合、どんなに丁寧に埃をはらっても、あまりきれいに取り除くはできません。

何度はらっても、次々に新しい埃が付着してしまうのです。

その状態で拭き始めると、画面の細かい傷が増え、テレビを劣化させていきます。

これを防ぐためには、まず最初に電源を切っておき、余計な埃を寄せつけないことが大切です。

静電気の発生を防いでおけば、念入りに埃をはらうことで、確実な対策ができます。

汚れの確認

液晶テレビの電源を切っておくことは、画面の汚れを確認するためにも必要です。

電源が入ったままだと、画面が明るいため、どうしても汚れが見えにくくなってしまいます。

すると、拭き取るべき汚れを見落としてしまい、十分な掃除ができないのです。

せっかく拭いても、あとから汚れを発見することも多く、また掃除をしなければなりません。

そのような二度手間を防ぐには、最初に電源を切って、汚れを見えやすくしてください。

画面が暗くなっていると、光の加減で汚れが目立つようになるため、すぐに見分けることができます。

どこを拭くべきか、はっきりわかる状態になっていれば、見落としは起こりません。

また、「汚れがきちんと落ちているか」という確認もできるため、一回の掃除で、確実に汚れを除去することができるのです。

まとめ

液晶テレビを長持ちさせるためには、丁寧に手入れをすることが大切ですが、その方法には十分注意してください。

テレビを傷つけないように、適切な方法で掃除をしなければ、劣化を防ぐことはできないのです。

ここで紹介した注意点は、いずれも基本的なことなので、確実に回避するようにしましょう。

大切に扱っていれば、テレビの寿命を縮めることはありません。

スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 液晶テレビ