おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

*

液晶テレビの故障はなぜ起こる?よくある4つの原因

   

液晶テレビは、現代人の生活では必需品となる重要な家電製品のひとつです。

しかし、毎日使うものは、どうしても劣化の問題が出てきます。

液晶テレビも、さまざまな原因で故障してしまうことがあるので、使い方には注意しなければなりません。

では、液晶テレビを大切に扱うために、故障しやすい4つの原因について紹介していきましょう。

私が絶対おすすめする液晶テレビランキングはこちら

スポンサーリンク

バックライトが明るすぎる

液晶テレビのバックライトは、故障について考えるとき、とても重要なポイントになります。

というのも、バックライトの寿命は、液晶テレビの寿命に大きく影響してくるからです。

テレビの映像は、バックライトが後ろから照らすことで映っているため、バックライトが劣化してしまうと、画面が暗くなります。

長く使っている液晶テレビは、「画面が暗くて何も映らない」という症状が出やすくなりますが、その場合は、バックライトの寿命か故障であることが多いのです。

したがって、液晶テレビの故障を避けるためには、バックライトにかかる負担を少しでも減らさなければなりません。

バックライトが長持ちすれば、液晶テレビも長く使うことができます。

そのためには、バックライトの明るさを調節することが大切です。

テレビは適度な明るさで

バックライトをあまり明るくしていると、その寿命はどんどん縮んでいきます。

強い明るさを長く維持するためには、大きな負荷がかかるのです。

明るい画面は見やすく、映像もきれいに感じるものですが、明るすぎる設定は控えるようにしましょう。

特に、買ってきたあとの調節は重要です。

液晶テレビは、買ったばかりの状態だと、かなり明るめの設定なっていることがあります。

これは、「店頭でより美しく見えるように」という目的で行われるものですが、家庭で普通の部屋に置いた場合は、そこまでの明るさは必要ありません。

そのため、買った状態でそのまま使うのではなく、明るさを必ず調節して、環境に合わせた使い方をしてください。

バックライトを酷使しないようにすれば、液晶テレビの故障も防ぐことができます。

私が絶対おすすめする液晶テレビランキングはこちら

スポンサーリンク

埃がたまっている

埃は、普通に生活していれば必ず出てくるものであり、蓄積させないためには、こまめな掃除が必要です。

これは、液晶テレビを長持ちさせるためにも重要なことになります。

というのも、埃の蓄積は、液晶テレビが故障する原因のひとつだからです。

埃が大量についたテレビは、細かな部品にまで汚れがついていまい、不具合が出やすくなります。

また、背面の通気口を埃が塞いでしまうのも問題です。

通気口が塞がってしまうと、正常な排熱を妨げてしまい、内部の温度が上昇します。

そのような状態は故障につながってしまうので、大量に埃がたまらないよう、こまめに掃除をするようにしましょう。

いつもきれいな状態で使えば、故障を起こす要素が減るので、長持ちさせることができます。

使わないときはカバーを

液晶テレビに埃を蓄積させないためには、定期的な掃除も大切ですが、埃がつかない工夫をすることも有効な方法になります。

そのためには、テレビにかけるカバーがおすすめです。

テレビを使わないときは、そのまま置いておくことも多いですが、それだと、どうしても汚れがついてしまいます。

こまめに埃を除去すれば故障のリスクは軽減できますが、もともと埃がなければ手入れも簡単になるので、汚れはなるべく少なくしたいものです。

そんなときは、カバーをかけて液晶テレビを保護しましょう。

カバーをかけておくことは、埃だけでなく、飛沫などのさまざまな汚れを防ぐことにもなります。

液晶テレビをきれいに保つためにも、ぜひ利用してみてください。

置き場所が悪い

液晶テレビを設置するとき、何となく場所を決めるのは、あまりよくない方法です。

場所によっては、液晶テレビに思わぬダメージを与えてしまうことがあります。

そのため、適当に決めたり、見やすさだけを優先したりするのではなく、「テレビにとってよい環境か」という点も意識して、慎重に考えることが大切です。

その際、特に注意しておきたいのは、窓際になります。

窓際は外の光が入る場所なので、液晶テレビを置いておくと、直射日光が当たってしまうのです。

しかし、液晶テレビは精密機器のひとつであり、熱に弱いことを忘れてはいけません。

先述のような内部からの温度上昇も問題ですが、日光による外からの影響も、故障の原因になってしまいます。

特に、夏の日光はかなり高温になってしまうので、窓際からは離して設置するようにしましょう。

もし他の場所が確保できない場合は、厚い遮光カーテンなどをうまく利用して、日光の対策を行ってください。

結露にも注意

液晶テレビを窓際に置いたときのデメリットは、日光だけではありません。

窓際は、結露が発生しやすい場所でもあり、それがテレビを劣化させることもあるのです。

結露の発生は、テレビ本体はもちろん、コードなどにもよくないので、窓際はできるだけ避けるようにしましょう。

また、水分による悪影響では、雨にも注意しなければなりません。

室内での雨の心配は、基本的には不要なものですが、窓際となれば話は違ってきます。

窓は開閉があるため、開けていたときに急な雨が降ってきたりすると、テレビにかかることがあるのです。

そのような事故は、注意していれば避けることは可能ですが、絶対安全とはいえないので、なるべく窓際には置かないようにしてください。

使う時間が長すぎる

液晶テレビが故障する原因の中には、使いすぎもあります。

テレビに限ったことではありませんが、使用頻度が高いものは、それだけ劣化も早くなってしまうものです。

必要ないときまで延々とテレビをつけていれば、故障しやすくなってしまいます。

しかし、テレビをつけるときは、必ずしも目的があるわけではありません。

特に見たい番組などがなくても、ただ何となく眺めていることも多いものです。

中には、見ていないのに一日中つけている場合もあります。

こうした雑な使い方は、テレビを必要以上に酷使してしまうため、とても劣化が早くなってしまうのです。

したがって、意味もなくテレビをつけておくのではなく、見ないときは消して休ませるようにしましょう。

大切に使っていれば、すぐ故障するようなことはありません。

電源を入れるときは負荷が大きい

故障のリスクを軽減するためには、「必要なときだけ使う」という習慣をつけることが大切ですが、だからといって、やたらと電源のON・OFFを繰り返すのはやめましょう。

電源を入れるという行為は、ボタンをひとつ押すだけの簡単な作業ですが、テレビには大きな負荷がかかっています。

そのため、あまり頻繁に電源を入れ直していると、故障しやすくなってしまうのです。

必要ないときは消すといっても、ごく短時間だけその場を離れ、またすぐに見るような場合は、いちいち消さないようにしましょう。

使用時間を減らすことは大切ですが、短い時間であれば、何度も電源を入れるよりは、ダメージが少なくなります。

このように、できるだけテレビの負荷を減らすように心がけていれば、故障を防ぎ、長く使い続けることができるのです。

まとめ

液晶テレビは、現代の生活には欠かせないものであり、多くの人が日常的に使用しています。

しかし、ありふれたものは、つい雑に扱ってしまうことがあり、すぐに劣化して故障するテレビも多いのです。

それを避けるためには、ここで紹介した原因を常に意識して、適切な使い方をしていきましょう。

大切に扱うことを忘れなければ、寿命をのばすことができます。

スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 液晶テレビ