おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

*

液晶テレビの映り込みをなくすには? 対策のための4つのポイント

   

液晶テレビを使うときは、映り込みが気になってしまうことがあります。

これは、部屋の照明や自分の顔などが、液晶テレビの画面に映ってしまうものです。

そのように余計なものが映っていると、映像に集中できなくなります。

この映り込みを防ぐには、ちょっとしたコツが必要です。

では、映り込み対策のポイントについて、詳しく説明していきましょう。

私が絶対おすすめする液晶テレビランキングはこちら

スポンサーリンク

窓に注意

映り込みの対策をするときは、液晶テレビと窓の位置関係が重要になります。

その位置が悪いと、窓から入る光が画面に反射し、とても見づらい画面になってしまうのです。

例えば、液晶テレビの真向かいに窓がある場合です。

その状態で液晶テレビの前に座ると、後ろの窓の景色が、はっきりと画面に映り込むことになります。

つまり、窓が正面の位置になると、画面が鏡になってしまうわけです。

これを防ぐには、液晶テレビの位置を、窓と同じ方向にする必要があります。

真向かいに置くのではなく、窓を背にするような形で設置すればよいのです。

それなら、画面に映るものはなくなります。

ただし、その位置にすると、画面だけでなく、窓のからの光も一緒に見なければなりません。

天気のよい日などは、かなり眩しく感じてしまうこともあるので、なるべくカーテンを利用してください。

カーテンで光を遮れば、窓を背にする位置であっても、快適に画面を見ることができます。

横にするのも有効

液晶テレビと窓の位置による対策であれば、横にすることもおすすめです。

窓からの光が真横から入る位置にすることで、映り込みはかなり軽減することができます。

つまり、液晶テレビが窓の真向かいにあったとしたら、それを90℃回転させればよいわけです。

それなら、窓からの光は真横から入ることになり、外の景色が映る心配はなくなります。

しかし、真横から入る位置となると、ちょうどよい場所を見つけにくい場合もあるので、その点には注意してください。

窓が真横ではなく、斜め前だったりすると、やはり外の景色が映る可能性はあります。

どうしても難しい場合は、カーテンによる光の調節を行いましょう。

私が絶対おすすめする液晶テレビランキングはこちら

スポンサーリンク

照明に注意

液晶テレビへの映り込みで注意しなければならないのは、外の景色だけではありません。

部屋の中の照明であっても、画面に映り込んでしまうことがあるのです。

このときに問題となるのは、自分が画面を見ている位置になります。

自分の位置が液晶テレビの画面よりも低く、上を見上げるような状態になっていると、照明の映り込みが起きてしまう可能性が高いのです。

照明が映り込むと、ただ見づらいだけでなく、眩しさを感じることもあるので、目の負担を減らすためにも、自分の位置には注意しておきましょう。

画面を見上げるのではなく、見下ろす位置であれば、照明の影響は少なくなります。

といっても、あまり高い位置から見下ろす必要はありません。

大切なのは、自分の目線が、画面の中心よりも少し上になっていることです。

その状態なら、照明の映り込みは軽減できます。

照明が映り込まない代わりに、床や自分自身が少し映り込むことはありますが、それでも照明の眩しさよりは影響が少なく、見やすい画面になるのです。

照明を工夫しよう

照明の映り込みを防ぐためには、自分の位置だけでなく、照明の方を工夫する方法もあります。

映り込みが起きないように、部屋の照明を抑えるのです。

といっても、真っ暗な中でテレビを見ていると、目にかかる負担は大きくなってしまいます。

すべて消すのではなく、光を少し絞るようにしましょう。

例えば、照明が複数あるなら、その中の一部だけを消しておくのです。

画面に最も影響しそうな位置を消しておけば、映り込みを減らすことができます。

また、間接照明もおすすめです。

間接照明は、光る部分が露出していないため、画面への影響が少なくなります。

真っ暗になるわけでもないので、目に負担をかけないためにもおすすめです。

反射を防ぐフィルムを使おう

映り込みを防ぐためには、窓や照明について考える必要がありますが、そうした対策を面倒に感じてしまうこともあります。

うまい調整がなかなかできなかったときは、途中で諦めてしまったりするものです。

そんなときは、画面そのものに工夫を施しましょう。

画面に貼り付けて光の反射を防ぐフィルムを利用するのです。

これは、スマートフォンの画面などによく使われているものですが、液晶テレビにも同じ効果を発揮してくれる商品があります。

それなら、窓や照明を気にしなくても、映り込みを防ぐことができるのです。

画面が少し変わる

反射防止のフィルムは便利ですが、少し注意したい点もあります。

それは、フィルムを貼ったことで、画面の見え方が少し変化する点です。

スマートフォンなども同様ですが、フィルムを貼ると、微妙に彩度が落ちているように感じることがあります。

画質が悪くなるほどではありませんが、人によっては気になってしまうこともあるので、導入するかどうかは、慎重に検討してください。

もし見え方を変えたくない場合は、窓や照明の方でなんとか調整しましょう。

反射しない商品を選ぼう

映り込みをなるべく防ぐためには、最初から映り込みの少ない商品を選ぶことも大切です。

液晶テレビには、画面に光沢をつけたグレア液晶と、光沢のないノングレア液晶があります。

このうち、映り込みが多くなってしまうのは、画面にツヤツヤとした光沢のあるグレア液晶です。

したがって、映り込みを軽減するのであれば、光沢のないノングレア液晶を選択しておきましょう。

光沢のない画面なら、景色が自分が映り込む心配はなく、映像に集中することができるのです。

また、光の反射がないため、目にかかる負担も少なくなります。

そのため、長く画面を見ていても、あまり目が疲れることはないのです。

ただし、ノングレア液晶の場合、人によっては画質に違和感を感じることがあります。

光沢のない画面は、少しぼやけたような映像になってしまい、画質がよくない印象を与えるのです。

色の再現も少し地味に感じることがあり、はっきりしない映像に見えることもあります。

といっても、極端に画質が悪いということはなく、まったく気にならない人もいるので、ノングレアがよくないわけではありません。

人によって感じ方が異なるので、選ぶときは、この点を忘れずにチェックしておきましょう。

グレアはきれいに映る

グレア液晶は、周囲のものが映り込むデメリットはありますが、基本的には映りのよい商品になります。

光沢が出るように加工した画面だと、色がとても鮮やかに見えるのです。

また、コントラストもはっきりしており、黒い色をしっかり再現することで、映像が引き締まった感じを与えてくれます。

こうしたメリットに注目するのであれば、やはり映り込みの対策が重要になってきます。

できるだけ美しい映像を見たいなら、窓や照明などのポイントをチェックして、映り込みの少ない環境をつくりましょう。

そうしておけば、グレア液晶でも映り込みの影響はなくなり、きれいな映像を楽しむことができるのです。

商品を購入するときは、自分が優先したい点をはっきりさせておき、最も適した方を選択してください。

まとめ

液晶テレビを快適に見るためには、映り込みの対策はとても重要です。

しかし、対策のコツを知っておかないと、なかなかうまく防ぐことができない場合もあります。

そんなときは、ここで紹介したポイントを参考にしてみてください。

適切な方法で確実に映り込みを防ぐことができれば、余計なストレスがなくなり、テレビを気持ちよく見ることができるのです。

スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 液晶テレビ