おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

*

液晶テレビの映像が乱れたらどうする?4つの原因と対処法

   

液晶テレビは、普段の生活の中で頻繁に使用する電化製品のひとつです。

しかし、よく使うからこそ、不具合が出てくることもあります。

ときには、映像が乱れてしまい、快適に番組を楽しめなくなることもあるのです。

そんなときは、何とか対策を考えなければなりません。

ここでは、映像の乱れが起こる原因と、対処法について説明していきます。

私が絶対おすすめする液晶テレビランキングはこちら

スポンサーリンク

アンテナがずれている

液晶テレビがきれいに映像を映すためには、アンテナがきちんと設置されていることが大切です。

アンテナの向きが悪く、電波を受信しにくいような状態になっていると、映像を正しく映すことができません。

つまり、液晶テレビの映像が乱れたときは、アンテナが何らかの理由でずれてしまった可能性があるのです。

アンテナがずれる原因としては、天気の影響が考えられます。

例えば、台風のときに起こる強風です。

台風のときの風は、非常に強い力があり、ひどいときは木をなぎ倒したりします。

そのような風の中では、アンテナの正しい位置を維持するのは困難です。

適切な位置からずれ、電波の受信に不向きな状態になってしまえば、アンテナが正常に機能しなくなります。

そのため、悪天候のときは、映像の乱れがよく起こるのです。

積雪は要注意

アンテナに悪影響を与えるものは、強風だけではありません。

雪が降ったときも、適切な位置を維持できなくなる可能性があります。

大量の雪はとても重いので、厚く積もったときは、アンテナがずれるどころか、倒れてしまったり、外れて落ちたりするのです。

そんなことになれば、映像をきれいに映すことはできません。

積雪の多い地域では、このような雪によるトラブルが起こりやすいので、冬は特に注意してください。

自分の家だけならアンテナが怪しい

液晶テレビの映像が乱れてしまうときは、アンテナではなく、何か電波障害が起きていることも考えられます。

そのため、映像がおかしいときは、近所の人にも異常がないか確認してみてください。

もし他の家でも映像が乱れているなら、電波の方に問題があることになります。

しかし、他の家では普通に映っていて、自分の家だけで不具合が起きているときは、アンテナが原因である可能性が高いのです。

無理をせずプロに任せる

アンテナがずれたり倒れたりしたときは、自分で元に戻すか、業者に頼む方法があります。

ただし、自分で作業するときは、天気に注意してください。

強風のときは、雨も激しく降っていることがあり、その中で作業をしていると、事故が起きやすくなります。

アンテナの位置を直すなら、必ず天気が落ち着いてから始めるようにしましょう。

といっても、そうした作業は誰にでもできるものではないため、たとえ天気がよかったとしても、自信がないときは無理をしないでください。

受信設備の不具合や電波障害などは、アンテナ工事業者に依頼すれば、しっかり解決してくれます。

専門的な知識をもつプロなら間違いのない作業をしてくれるので、自分で作業酢するのが難しいときは、ぜひおすすめです。

私が絶対おすすめする液晶テレビランキングはこちら

スポンサーリンク

電波不足

アンテナに特に異常がない場合でも、液晶テレビの映像は乱れることがあります。

その原因のひとつが、電波不足により、受信レベルが低くなってしまうことです。

映像をきちんと移すためには電波が必要不可欠であり、もし足りていない場合は、ブロックノイズが発生しやすくなります。

ブロックノイズとは、四角いモザイクのようなノイズのことです。

これが発生すると、映像がぐちゃぐちゃになってしまい、何が映っているのかわかりません。

音も途切れがちになり、場合によっては、完全に止まってしまうこともあるのです。

このような電波不足によるトラブルは、特定のチャンネルではなく、地上デジタルのすべてのチャンネルに影響が出ます。

そのため、いくらチャンネルを回しても、きれいに映ることはありません。

解決するためには、不足した電波を補う工夫が必要になります。

ブースターをつけよう

電波不足でブロックノイズが発生してしまうときは、ブースターを使って、足りない分をカバーしましょう。

十分な電波がある状態なら、映像が乱れることはありません。

ただし、ブースターには屋内用と屋外用があるので、選び方には注意してください。

屋内用のブースターは、誰でも簡単に設置できるものですが、電波を補強する力は、少し弱くなります。

一方、屋外用はアンテナ付近に設置するものであり、屋内用よりもしっかり補強してくれますが、取りつけが難しいので、業者に依頼しなければなりません。

ブースターを選ぶときは、それぞれの特徴と、電波の受信レベルを見て決めるようにしましょう。

受信レベルが極端に低いときは屋外用の方がベストですが、少し低い程度なら、自分で屋内用を設置するだけでも改善できます。

そのときの受信レベルは、リモコンで受信設定を選択すれば見ることができるので、適したタイプのブースターを使用してください。

接触不良

アンテナに異常がなく、電波不足の状態でもないときに映像が乱れてしまうようなら、接続の方も疑ってみるべきです。

接続が甘かったりすると、映像を正しく映すことはできません。

その場合、やはりブロックノイズが発生してしまいますが、電波不足のときとは違い、特定のチャンネルだけで不具合が出たりします。

また、電波のレベルが一定でなく、よく変動するという特徴もあります。

きちんと接続する

映像が乱れてしまうとき、アンテナや電波に異常がいないと、「故障したのでは?」と焦ってしまうこともありますが、単に接続の問題だったなら、解決するのは簡単です。

接続が緩いのであれば、きちんと接続し直せば、映像の乱れはなくなります。

自分ではしっかり接続したつもりでも、いつの間にか緩んでしまっていることもあるので、映像が乱れたときは、ぜひ確認してみてください。

また、コードや端子だけでなく、B-CASカードの方もチェックすれば、よりベストです。

B-CASカードがきっちり入っておらず、抜け気味になっているようなときは、やはり映像の乱れが起こります。

これも接触不良の原因のひとつなので、見落とさないようにしましょう。

ディスクの読み取り不良

液晶テレビを使うときは、テレビの放送を見るだけでなく、DVDやブルーレイの映像を再生することもあります。

そのときは、アンテナや電波の状態ではなく、使用しているディスクの方が問題になっている可能性があります。

ディスクの読み取りが正常にできていないと、本来の映像を正しく映すことはできません。

これを解決するには、まずディスクの汚れを確認してみましょう。

裏面が汚れていたりすると、読み取りの妨げになってしまいます。

もし汚れているなら、柔らかいクリーニングクロスなどを使ってきれいにしてから、もう一度試してみてください。

また、ディスクを再生するレコーダーやプレーヤーにも注意が必要です。

それらの読み取り部が汚れていれば、きれいなディスクを入れたとしても、きちんと読み取ることはできません。

読み取りを正しく行うためには、レンズクリーナーを使って、読み取り部の掃除をしましょう。

ディスクも読み取り部もきれいになっていれば、映像が乱れることはなくなります。

まとめ

液晶テレビの映像が乱れる原因は、ひとつではありません。

ここで紹介したように、アンテナだったり電波不足だったり、さまざまなことが原因となり、本来の映像を映せなくなってしまいます。

もしそのような状態になったら、慌てずに落ち着いて対処するようにしましょう。

焦っていると、抜けかかったB-CASカードなど、些細なことを見落としてしまう可能性があります。

怪しい点を丁寧に確認していけば、最短で解決することができるのです。

スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 液晶テレビ