おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

*

液晶テレビの画面が暗いときはどうする?注意したい4つのポイント

   

液晶テレビを見るときは、画面が暗すぎるように感じてしまうことがあります。

その場合、映画やドラマなどの夜のシーンは、より見づらくなってしまうものです。

画面全体が暗すぎるために、役者の表情や動きなどが判別できなくなり、何が何だかわからないまま見ることになります。

そのような事態を避けるには、画面の暗さを解消する方法について知っておくべきです。

では、画面が暗いときの対処法について、詳しく説明していきます。

私が絶対おすすめする液晶テレビランキングはこちら

スポンサーリンク

画面設定を変更してみる

画面を暗く感じてしまう原因としては、まず「設定が合っていない」ということが考えられます。

液晶テレビは、設定の変更により映像の見え方を変えることができるので、暗すぎて違和感があるようなら設定をチェックしてみるべきです。

ほとんど設定をいじらないという人も多いですが、見づらく感じる場合、そのまま使い続けるのはよくありません。

見づらい画面を見続けていると、目に無駄な負担をかけることで、眼精疲労の原因になってしまいます。

また、暗くて何が起こっているのかわからない映像では、映画やドラマの魅力をしっかり味わうことができません。

漠然とストーリーだけを追うのではなく、細かいところまで楽しみたい人は、設定をきちんと確認して、最も見やすくなるように調整してください。

見やすい映像になっていれば、目が疲れることはなく、作品のこだわりなども、余さず汲み取ることができます。

ダイナミックがおすすめ

液晶テレビの映像の設定では、スタンダードやダイナミック、カスタムなどを選択することができます。

見やすく調整するときは、それらをうまく利用しましょう。

暗い画面を見やすくするのであれば、ダイナミックがおすすめです。

ダイナミックは、コントラストを上げてメリハリをつけるモードであり、スタンダードよりも明るく見えるようになるのです。

自分好みに細かく設定したい場合は、カスタムを選択する方法もありますが、あまり詳しくない場合、どのくらいが丁度よいのかわからず、途中で投げ出してしまう可能性もあります。

時間をかけていろいろ試しても、結局わけがわからなくなることも多いので、自信がない人は他のモードを頼りましょう。

正確さを求めるなら映画モード

ダイナミックモードを選択しておけば、映像が明るくなったように感じるため、暗さを解消するにはおすすめの方法です。

ただし、ダイナミックモードには、「映像を誇張する」という効果もあるので、その点には注意しなければなりません。

ダイナミックは、より見栄えをよくするために、色鮮やかでメリハリのある感じを強調したモードになります。

そのため、店頭に並べておく際は、ダイナミックモードになっていることも多いのです。

しかし、人によっては、そうした誇張をうるさく感じることもあります。

そうなると、やはり見づらくなってしまい、目の負担を軽減することができません。

また、誇張するということは、本来の映像とは微妙に違うものになってしまう可能性もあるため、「きちんと作品を鑑賞したい」という人には、あまり向いていません。

そんなときは、映画モード、もしくはシネマモードを利用してみましょう。

映画を見るために調整させれたモードは、映像を誇張したりせず、作品本来の姿をそのまま再現してくれます。

画面の暗さよりも、「映像を正確に映す」ということを優先したい場合には、ぜひ試してみてください。

私が絶対おすすめする液晶テレビランキングはこちら

スポンサーリンク

黒の見え方に注意

液晶テレビの画面が暗く感じてしまうときは、設定を変えるのが有効な対策になりますが、自分でコントラストをいじるのであれば、黒い色に注目してください。

「映像の中の黒がどう見えるか」という点は、見やすさにかなり影響してきます。

黒い色は、映像を引き締める効果があるため、できるだけ濃く、深い色であることが大切です。

はっきりとした濃い黒を表現することができれば、ぼやっとした感じがなくなり、美しい映像を楽しむことができます。

しかし、あまりにも黒を強調しすぎた場合は、デメリットが出てくるものです。

夜のシーンや暗い部屋のシーンなどは、どうしても黒い色が多くなりがちですが、そんなときに黒を強くしすぎていると、画面全体が真っ黒に近い状態になってしまいます。

そのため、コントラストを変更するときは、適度な値にすることを意識してください。

適度なコントラストで、ほどよく映像を引き締めることができれば、きれいで見やすい画面になります

コントラストは白も重要

映像のコントラストを変更するのであれば、黒だけでなく、白の見え方にも注意しておきましょう。

コントラストを上げると、黒と一緒に白い色も強調されることになります。

その状態で映像が暗いシーンになったときは、画面が真っ黒になってしまいますが、昼間の明るいシーンだと、逆に眩しさを感じることになるのです。

したがって、コントラストを変えるのであれば、暗いシーンの見やすさだけでなく、明るいシーンの見やすさも、必ず確認するようにしてください。

暗いシーンはそれなりに見えたとしても、明るいシーンで眩しさを感じるようでは、本当に見やすくなったことにはなりません。

どちらにも違和感がなくなるように、慎重に調整していきましょう。

部屋の明るさを抑える

液晶テレビの画面が暗いときは、設置した部屋の明るさにも目を向けてください。

部屋の明るさと画面の明るさに差がありすぎると、見づらく感じてしまいます。

例えば、暗い部屋で映画を見るためにシネマモードに設定したときは、注意が必要です。

先述したように、シネマモードは映像を正確に再現してくれますが、若干暗く感じることもあります。

その状態で部屋を明るくすると、画面が極端に暗く見えてしまうのです。

特に、日光をたっぷり入れるような場合は、きちんと設定を変更して、スタンダードに戻しておくようにしましょう。

それでも見づらく感じるときは、ダイナミックにして、さらに明るめの画面にしてみてください。

周囲の明るさに合わせて画面も明るくしておけば、見づらさを感じることはなくなります。

リセットする

液晶テレビが暗くなるといっても、「暗くて見づらい」という程度なら、ここまで紹介してきた方法で十分に解決することができます。

しかし、「真っ暗で何も見えない」というときは、故障を疑いたくなるものです。

確かに電源は入っているのに何も映らなかったり、音だけが聞こえたりするような状態だと、かなり焦ってしまいます。

そんなときは、故障と判断してしまう前に、リセットを行いましょう。

いったん消して、もう一度電源を入れると、何事もなく映ることがあるのです。

これを何度か試してみて、それでも映らないときは故障している可能性が高くなりますが、まずは落ち着いて試してみることをおすすめします。

リモコンではなく主電源を

液晶テレビをリセットするときは、リモコンを操作するのではなく、本体の主電源をしっかり落としてください。

本体のボタンを5秒以上長押しすることで、完全に電源をオフにすることができます。

そのあとでもう一度電源を入れ、普通に映るようであれば、単なる誤作動だったということです。

また、コンセントを抜き差しするという方法でも、同じように改善する場合があります。

いずれにしても、慌てて故障と判断するのではなく、落ち着いて対処するようにしましょう。

まとめ

液晶テレビの画面が暗いときは、そのままにしておくのではなく、きちんと設定を変更しましょう。

暗いまま見続けていても、本当の意味で作品を楽しむことはできません。

また、あまり目に負担をかけるようだと、視力に影響する可能性もあります。

そうならないためにも、ここで紹介したポイントを参考にして、快適に視聴できるように工夫していきましょう。

スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 液晶テレビ