おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

*

液晶テレビの画面に傷がつくときの原因は? 避けたい4つのNGポイント

   

液晶テレビを使うときは、画面の傷に注意しなければなりません。

適当な使い方をしていると、細かい傷がついてしまうことが多いのです。

液晶テレビの画面は繊細にできているので、傷をつけるような雑な使い方は避けるべきです。

では、画面にダメージを与えてしまうNGポイントについて、その対策と一緒に詳しく説明していきましょう。



私が絶対おすすめする液晶テレビランキングはこちら

スポンサーリンク

硬いものとの接触

液晶テレビの画面に傷がついてしまう原因の中では、何か硬いものが擦れたり、ぶつかったりしたときが一番危険です。

硬いものがガリガリと擦れたりすれば、傷がつくことはほぼ確実であり、勢いよくぶつかったりしたときは、傷どころでは済まなくなることもあります。

液晶テレビを使うときは、画面に他のものが接触しないように、常に注意しておく必要があるのです。

とはいえ、テレビにものを投げつけたりすることは、余程のことがない限り起こりません。

そのため、「そんなに心配しなくても大丈夫なのでは?」と軽く考えてしまうこともありますが、油断は禁物です。

故意にものを投げつけることはないとしても、何かの事故で放り出してしまった硬いものが、運悪く画面にヒットするということもありえます。

また、小さい子供がいるときは、硬いものが接触するリスクも高くなります。

無邪気な子供はテレビのダメージなど気にしないため、玩具を投げたり、玩具で画面を叩いたりすることがよくあるのです。

そんなことになれば、画面の傷を防ぐことはできません。

万が一の事態に備えて、画面を守るための対策をしておきましょう。

保護パネルで画面をガード

硬いものと接触して画面が傷つくこと避けるためには、何かが当たらないように気をつけることも大切ではありますが、それだけでは不安が残ります。

いくら注意していても、100%はありえません。

確実に傷を防ぐのであれば、不測の事態が起こったときのために、画面を守るための工夫もしっかりと行うべきです。

そこで役に立つのが、液晶テレビの画面に被せる保護パネルになります。

透明なアクリル板を画面に重ねることで、外からの衝撃をしっかりと防いでくれます。

傷を防ぐだけなら、保護フィルムを使う方法もありますが、薄いフィルムだと、画面が割れてしまうような強い衝撃には耐えられません。

そのため、「小さい子供がいるから何が起きるか心配」という場合は、保護パネルにしておきましょう。

保護パネルはそれなりに厚いので、ちょとやそっとの衝撃ではびくともしません。



私が絶対おすすめする液晶テレビランキングはこちら

スポンサーリンク

強く拭く

液晶テレビの画面に傷がついてしまうときは、間違った拭き方が原因になることもあります。

特に注意したいのが、力の入れすぎです。

デリケートな液晶画面をゴシゴシと強く擦ってしまうと、余計なダメージを与えることになってしまうのです。

液晶画面を拭くときは、むやみに力を入れるのではなく、優しく擦るようにしてください。

しかし、普通に拭いただけでは落ちない汚れがあった場合は、確実に拭き取ろうとして、つい力を入れすぎてしまうことがあります。

それを防ぐためには、汚れが落ちやすくなるような工夫してみましょう。

曇らせて拭く

普通に拭いても落ちない汚れがあったときは、力で強引に解決するのではなく、息をかけて画面を曇らせてみてください。

画面が少し曇れば、微量な水分が加わることになるため、乾拭きしただけでは落ちない汚れであっても、しっかりと拭き取ることができます。

ただし、「微量な水分」という部分を外さないようにしましょう。

水分で落ちやすくなのであれば、布を濡らしても問題ないように思えてしまいますが、水拭きは避けるべきです。

あまり水分が多いと、乾いた跡が白く残ってしまい、せっかく拭いてもきれいに見えなくなってしまいます。

息で曇らせるくらいなら、汚れを拭き取るときに水分も残さず拭き取ることができるので、変に跡が残るようなことはありません。

洗剤やアルコールはNG

息で曇らせても落ちないようなときは、液晶用のクリーナーを使う方法がおすすめです。

それなら、少量の水分だけでは落とせなかった汚れも、しっかり取り除くことができます。

ここで注意しておきたいのは、必ず液晶用を使うことです。

ガラス拭きに使うようなスプレー式の洗剤を使ったりすると、画面に余計なダメージを与えてしまうことがあります。

そうした洗剤は研磨剤を含んでいることが多いため、表面をガリガリと削ることになってしまうのです。

また、アルコールをつけて拭く方法もよくありません。

アルコールの場合も、表面のコーティングを剥がしてしまう可能性が高く、自分では手入れをしたつもりでも、実際には劣化を早めることになってしまいます。

画面を傷つけないためには、その辺にあるものを適当に選ぶのではなく、きちんと専用のものを使うようにしましょう。

ティシュで拭く

液晶画面の傷を防ぐのであれば、拭き方だけでなく、「何で拭くか」ということも考えるべきです。

拭くものが原因で画面を傷つけることもあるので、適当に決めてしまうのはよくありません。

画面を傷つけずに拭くためには、硬いものを避けることが大切です。

特に、ティッシュには注意してください。

ティッシュは一見すると柔らかそうですが、液晶画面にとってはまだまだ柔らかさが足りず、細かい傷の原因になっていしまいます。

ところが、人の肌には十分柔らかいものであるため、つい手を伸ばしてしまうことが多いのです。

画面を傷つけないためには、ティッシュよりもさらに柔らかいものを用意しておきましょう。

クリーニングクロスで優しく

液晶テレビの画面を傷つけないためには、眼鏡のレンズを拭くときに活躍するクリーニングクロスがおすすめです。

眼鏡のレンズもかなり繊細なものですが、クリーニングクロスの柔らかさなら、傷つけずに拭くことができます。

そのため、液晶テレビの画面に使っても、ダメージを与えるようなことはありません。

ティッシュでうっかり拭いてしまうことを避けるなら、テレビの近くにクリーニングクロスを用意しておくようにしましょう。

そうしておけば、素早く汚れを拭き取りたいときに便利です。

ホコリがついたまま拭く

液晶テレビの画面に傷がつくときは、ホコリも原因になることがあります。

画面の手入れをするとき、ホコリをまったく払わずにいきなり拭いたりすると、傷がついてしまう可能性が高いのです。

これは、画面にホコリを擦りつけることになってしまうからです。

いくら柔らかいものを使っていても、それでは傷を防ぐことができません。

画面を傷つけないためには、付着したホコリをきれいに取り除き、まっさらな状態にしてから拭くべきです。

ブラシなどを使い、画面のホコリをできる限り払い落としておけば、傷の原因はなくなります。

あとは、クリーニングクロスを使って優しく拭くようにすれば、ダメージを与えずに手入れをすることができるのです。

ただし、ホコリを払うときは必ず柔らかいものを使うようにしてください。

毛先が硬いブラシを使ったりすると、ホコリを払った時点で傷をつけることになってしまいます。

柔らかいブラシを使って優しく払っておけば、そのような失敗は起こりません。

まとめ

液晶テレビは、さまざまな情報を入手したり、娯楽を楽しんだりするには欠かせないものであり、使用頻度が高くなりがちです。

そうなると、画面が傷つくことも多くなるので、ここで紹介した原因には十分注意してください。

画面にダメージを与えないようにしっかり対策をしておけば、傷は防ぐことができます。

液晶テレビの劣化をできるだけ抑えて、長持ちさせるようにしましょう。

スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 液晶テレビ