おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

*

液晶テレビの画面を傷つけないように使うには?4つの注意点

   

サンワダイレクト 液晶テレビ保護パネル 55インチ対応 アクリル製 テレビガード クリア 200-CRT018

液晶テレビは、毎日よく使うものであり、劣化には注意しなければなりません。

特に、画面の傷を防ぐことは大切です。

大きな目立つ傷があったり、細かい傷がびっしりついていたりすると、映像の見え方にかなり影響してきます。

そうなれば、快適に見ることはできません。

ストレスなく使うためには、傷をつけないためのポイントを押さえておくようにしましょう。

私が絶対おすすめする液晶テレビランキングはこちら

スポンサーリンク

保護フィルムを使う

液晶テレビの画面の傷を防ぐなら、専用のフィルムがおすすめです。

スマートフォンやタブレットにフィルムを貼って使うときと同じように、液晶テレビの画面に保護フィルムを貼りつけておけば、外からのダメージを防ぐことができるのです。

液晶テレビを扱うときは、傷がつかないように注意するものですが、いくら気をつけていても、絶対はありえません。

うっかり何かを擦りつけてしまい、傷をつけてしまう可能性はあるのです。

しかし、画面がフィルムで保護された状態なら、そうした事故が起こっても安心です。

フィルムがしっかりとガードしているため、少しくらいの衝撃では、傷がついたりはしません。

細かい傷を防ぐには最適なアイテムなので、ぜひ試してみてください。

子供のいたずら対策

液晶テレビを小さな子供が見るときは、おもしろがって画面にいたずらをすることがあります。

色鉛筆などを持って画面をガリガリ擦り始めたりすると、傷を防ぐことは難しくなってしまいますが、フィルムがあれば大丈夫です。

ちょっとくらい何かを擦りつけても、簡単に傷がつくことはありません。

また、お菓子を食べた手でペタペタと触ってしまうようなときも、画面自体が汚れるわけではないため、手入れをしやすくなります。

子供の無邪気な遊びで劣化することを防ぐためにも、積極的に保護フィルムを使っていきましょう。

割れにくい

液晶テレビに貼る保護フィルムは、傷だけでなく、割れることを防ぐためにも役立つものです。

日常生活の中では、テレビに何かが激突するような事故も起こりますが、そのときのダメージによっては、画面が割れてしまうこともあります。

例えば、何かを持っているときにバランスを崩してしまい、手の中のものが画面に飛んでいくことも考えられます。

また、子供がテレビを見ているときは、玩具などを画面に向かって投げつけてしまう可能性もあるのです。

しかし、フィルムが貼ってある状態なら、そうした衝撃から画面を守ることができます。

むき出しの状態とフィルムを貼った状態では、フィルムを貼っていた方が割れにくくなるのです。

ブルーライトの軽減にもなる

液晶テレビの画面からはブルーライトが出ているので、目に負担をかけないためには、その量を抑えることが大切です。

それには、専用の眼鏡をかける方法もありますが、保護フィルムにも同様の効果があります。

フィルムを貼ることで、画面から出るブルーライトの量を軽減することができるため、目が疲れにくくなるのです。

眼鏡のように、かけたり外したりする必要がなく、一度貼りつけてしまえば、あとは普通に使うことができる点もメリットになります。

傷を防ぐだけでなく、目のダメージを少なくするためにも、しっかり対策をしておきましょう。

私が絶対おすすめする液晶テレビランキングはこちら

スポンサーリンク

保護パネルを使う

保護フィルムには画面を保護する力があるとはいえ、耐えられる衝撃には限界があります。

硬いものがあまりにも強くぶつかってしまえば、フィルムを貼っていても破損する可能性はあるのです。

子供がふざけてものを投げたときも、軽い玩具くらいなら問題はありませんが、そこそこ重くて硬いものを投げた場合は、どうなるかわかりません。

保護フィルムの効果は、あくまでも「割れにくくなる」というだけであり、何があっても壊れないわけではないのです。

その点が気になるときは、保護パネルを使うことをおすすめします。

保護パネルとは、液晶テレビの画面に重ねるようにして取りつける透明なアクリル板です。

フィルムよりも厚い板で画面を覆うことにより、強い衝撃にも耐えられるようになっています。

これがあれば、大抵の事故は防ぐことができるので、確実に画面を守りたいときはおすすめです。

反射しないものを

保護パネルには、光沢がついたものとないものがありますが、光の反射を抑えるなら、後者がおすすめです。

光沢があると、光の反射や映り込みが多くなるため、人によってはかなり気になってしまうのです。

慣れれば気にならなくなるというケースもありますが、余計なストレスを感じたくないときは、光沢のないものを選んでおくようにしましょう。

非光沢のものなら、光の反射がほとんどないため、テレビを見やすくなります。

カバーをかける

液晶テレビの画面の傷を防ぐなら、使わないときに布のカバーをつけておく方法も効果的です。

むき出しのままにしておくと、画面に加わるダメージを軽減することはできません。

保護パネルを使っているならともかく、そうでない場合は、画面がかくれるような状態にしておくべきです。

布のカバーだと強い衝撃には耐えられませんが、何かと擦れたときにつく細かい傷くらいなら、十分に防ぐことができます。

おしゃれなデザインになっているものもあるので、インテリアとしてもおすすめのアイテムです。

正しい拭き方をする

画面を傷つける原因は、手入れの方法にもあります。

液晶テレビの画面は繊細なので、強い力でゴシゴシ擦ったりすると、簡単に傷がついてしまうのです。

そのため、画面の汚れを落とすときは、適当に拭いたりしてはいけません。

傷を防ぐためには、ダメージが少なくなるような優しい拭き方をすべきです。

そのためには、「何を使って拭くか」というポイントも重要になります。

画面を拭くとなれば、その辺のティッシュに手が伸びてしまうことも多いですが、ティッシュは細かい傷をつける可能性が高いので、安易に使うべきではありません。

繊細な画面を傷つけないためには、眼鏡などを拭くときに使うクリーニングクロスがおすすめです。

クリーニングクロスを使い、できるだけ優しく擦るようにすると、画面にダメージを与えずに手入れをすることができます。

息で曇らせる

液晶画面を拭くときに強く擦るのはNGですが、なかなか落ちない汚れがあったときは、つい力を入れたくなってしまいます。

そんなときは、息で画面を曇らせてから拭いてみてください。

少しだけ水分をプラスすることで、ただ拭いただけでは落ちなかった汚れも、すんなりと落ちるようになります。

布を濡らして水拭きをしてしまうと、乾いた跡が白く残ってしまうことも多いですが、息で曇るくらいの水分なら、すぐに拭き取ってしまえば問題はありません。

力で解決しようとする前に、まずはこの方法を試してみてください。

ホコリを払ってから拭く

画面を拭くときの傷を防ぐためには、できるだけホコリを取り除いておくことも大切です。

ホコリが着いたままの画面を拭くと、ホコリが擦れることで、細かい傷を増やしてしまいます。

そうしたホコリによる傷は、柔らかい布を使い、優しく丁寧に拭いていたとしても、防ぐことができないものです。

確実に画面の傷を防ぐなら、作業を始める前に、しっかりとホコリを払うようにしましょう。

余分なものが付着していない状態なら、手入れをしたことで傷つけるようなミスは起こりません。

まとめ

液晶テレビの傷をしっかりと防ぐためには、むき出しのまま使うことや、雑な手入れをすることは避けてください。

傷を防ぐためには、「ダメージを与えない」ということを常に考えておくようにしましょう。

画面を保護して、いつも丁寧に扱うようにすれば、余計なダメージは防ぐことができます。

傷のないきれいな状態を保ち、気持ちよくテレビを見られるようにしましょう。

スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 液晶テレビ