おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

*

液晶テレビの画面を触ったときの正しい対応は?守りたい4つのポイント

   

液晶テレビの画面は、基本的にはベタベタ触ったりしないものです。

しかし、位置を動かそうとしたときや、角度を調整しようとしたときなどは、うっかり触って指紋をつけてしまうこともあります。

そんなときは画面を拭くことになりますが、適当な方法で拭いたりしてはいけません。

ここでは、画面を触ってしまったときの適切な対処法について、詳しく説明していきます。

私が絶対おすすめする液晶テレビランキングはこちら

スポンサーリンク

ティッシュで拭かない

液晶テレビの画面に触って指紋をつけてしまったときは、「ササっと拭き取ってしまおう」と考え、近くにあるティッシュに手を伸ばすことがあります。

確かに、何かを拭くときは、ティッシュがとても役立つものです。

テーブルや床などに水滴が垂れてしまったときは、ティッシュで素早く拭き取ってしまえば、何の問題もありません。

そのため、液晶テレビの画面が汚れたときも、普段と同じ感覚でティッシュを使いたくなることは多いですが、安易に使うのは避けるべきです。

ティッシュで画面を拭くと、細かい傷をつけてしまう可能性が高いのです。

液晶テレビの画面は繊細なので、柔らかいもので拭くようにしないと、劣化を早めることになってしまいます。

ティッシュは一見すると十分に柔らかいので、画面を拭いてもダメージは少ないイメージがありますが、実際には傷を防ぐことはできないのです。

画面を傷つけないためには、もっと柔らかいものを使う必要があります。

クリーニングクロスが最適

画面についた指紋の汚れを落とすなら、眼鏡のレンズなどに使われるクリーニングクロスをおすすめします。

眼鏡のレンズもかなり繊細なものであり、汚れを拭き取るときは、柔らかい布を使わなければなりません。

そのときに使われているクリーニングクロスは、ティッシュよりもさらに柔らかくできているため、液晶テレビの画面を拭くときも、傷をつける心配はないのです。

画面に指紋がついたときは、つい近くのティッシュを使いたくなってしまいますが、なるべく劣化を防ぐためには、クリーニングクロスをテレビの側に置くようにしてください。

そうしておけば、手早く汚れを拭いたいとき、すぐに使うことができます。

私が絶対おすすめする液晶テレビランキングはこちら

スポンサーリンク

水拭きをしない

液晶テレビの画面に指紋がついてしまったときは、しっかり落とすために、布を濡らして拭きたくなることがあります。

窓ガラスを拭くときなどは、濡れたものを使うこともよくあるため、テレビも同じ方法で掃除できそうに思えますが、液晶画面の水拭きは、なるべく避けてください。

液晶画面を水拭きしてしまうと、汚れを落とすどころか、白い汚れを増やしてしまう可能性が高いのです。

白い汚れというのは、水分が乾いたときに残る跡のことです。

その白い跡が残ることで、「拭いたはずなのに汚く見える」という困った事態が起こってしまいます。

水拭きは、汚れを落とすには効果的なイメージがありますが、仕上りを考えれば、あまりよい方法ではありません。

液晶テレビの画面を拭くなら、乾いたクリーニングクロスを使うようにしましょう。

指紋を拭き取るだけなら、乾いた状態でも十分に効果があります。

少しだけならOK

液晶テレビを拭くときの基本は乾拭きですが、それだけでは落としきれない汚れがあることも事実です。

ちょっとした指紋だけでなく、頑固な汚れがあるようなときは、その部分だけを水拭きして、素早く水分を拭き取るようにしてください。

画面全体をまんべんなく水拭きしたりすると、白い跡が残ってしまいますが、一部だけを濡らしてすぐに乾拭きをするのであれば、きれいに仕上げることができます。

ただし、布の水分はできるだけ少なくしておきましょう。

一部だけの水拭きでも、ダラダラ滴るほど濡れたものを使うのはよくありません。

画面をきれいにするなら、わずかに湿らせる程度の水分にとどめておきましょう。

息で曇らせてみる

あまり頑固な汚れでなかったとしても、指紋に微量な油が含まれていたりすると、すんなり落ちてくれないこともあります。

そんなときは、布を湿らせる以外にも、息で曇らせる方法を試してみてください。

息で画面を曇らせると、少しだけ水分が加わることになります。

そうすると、ただ乾拭きしただけでは落ちなかった汚れも、簡単に落ちることがあるのです。

息で曇るくらいのわずかな水分であれば、簡単に拭き取れることができるため、白い跡を心配する必要もありません。

洗剤を使わない

液晶テレビの画面に触ってしまう失敗は、大人よりも子供の方が多いものです。

大人の場合、「ついうっかり」というミスもあるとはいえ、基本的には汚さないように注意して扱うものですが、小さい子供はそんなことを気にしません。

好きなものや興味をそそられるものがテレビに映っていると、喜んでペタペタと触ってしまいます。

しかも、さっきまでお菓子を食べていた手で触ったりすることがあるため、子供にテレビを見せるときは、油まみれの指紋を落とす方法も重要になってきます。

油がべったりついてしまった場合は、少し湿らせたくらいではどうにもならないことが多いため、「洗剤を使って落とそう」と考えてしまうこともありますが、適当な洗剤を選ぶのはよくありません。

ガラスを拭くときに使うような普通のスプレー式洗剤などは、研磨剤が含まれているため、表面のコーティングをガリガリと削ってしまうのです。

使うなら液晶用を

液晶テレビの画面を拭くのであれば、通常の洗剤ではなく、きちんと液晶用のクリーナーを使うようにしてください。

少し値段は高くなりますが、それなら画面を傷つけるようなことはありません。

ただし、画面に直接つけて拭くのはよくないため、必ず布に染み込ませて使うようにしてください。

どうしても出費が気になるようであれば、ミネラルウォーターと酢を1:1で割る方法もおすすめです。

それなら、クリーナーに近い効果を得ることができます。

キッチンペーパー

油を含んだ指紋を落とすためには、キッチンペーパーで油を吸い取る方法もあります。

まず、少しだけ湿らせたキッチンペーパーで汚れを拭き取り、もう一枚の乾いたキッチンペーパーで素早く乾拭きをしていきましょう。

普通に拭くだけだと油が広がってしまいますが、この方法で吸い取りながら処理すれば、かなりきれいにすることができます。

キッチンペーパーは、液晶テレビの手入れとはあまり結びつかないものですが、油汚れに対してはとても効果的なので、ぜひ使ってみてください。

力を入れすぎない

液晶テレビの画面を拭くときは、確実に汚れを落とそうとして、ゴシゴシと力を入れて擦ってしまうことがあります。

しかし、あまり強く擦るのはよくありません。

強い力を加えると、画面に余計なダメージを与えることになってしまいます。

傷がついてしまうことも多いので、いくら柔らかいものを使っていても、強く押し付けるような拭き方はしないでください。

指紋くらいであれば、それほど強い力でなくても、きちんと落とすことができます。

油を含んだような汚れでも、クリーナーやキッチンペーパーを利用すれば楽に取り除くことができるので、強引な拭き方は避け、優しく丁寧に拭くようにしましょう。

まとめ

液晶テレビの画面に指紋がついたとしても、何かがべったりと付着するようなひどい汚れとは違い、すぐに拭き取ることができます。

しかし、だからといて、適当な拭き方をするのはやめてください。

その辺にあるティッシュで拭いたり、強くゴシゴシ擦ったりすると、画面に負担をかけてしまいます。

ここで紹介したポイントに注意しながら、なるべくダメージの少ない方法で手入れをしていきましょう。

スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 液晶テレビ