おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

*

液晶テレビの設定が合っていないとどうなる?調節が必要なときの4つの症状

   

液晶テレビは、設定を変えることで、映像の見え方を自由に調節できます。

使う場所などによって、映像の見やすさには違いが出てくるため、設定をチェックして適切な状態にしておくことは、とても大切です。

設定が合っていない場合、見づらい画面を無理に見続けることになるため、目に負担がかかってしまいます。

では、それを防ぐために、調節が必要なときのテレビの症状について、詳しく説明していきましょう。

私が絶対おすすめする液晶テレビランキングはこちら

スポンサーリンク

画面がまぶしい

液晶テレビの画面を見ていると、眩しく感じてしまうことがあります。

これは、設定を変えるべき症状のひとつです。

眩しいものを見つめることは、目に大きな負担をかけてしまいます。

特に、長時間使うときは注意しなければなりません。

あまり長い時間になると、目の疲労がどんどん蓄積され、画面を見ることが苦しくなってきます。

それだけでなく、視力にまで影響が出る可能性もあるのです。

これを避けるには、明るさを調節し、見やすい画面にしておくことが、有効な対策になります。

眩しさを感じない画面なら、目に負担をかける心配はありません。

映画鑑賞などで長く画面を見つめるときも、快適に使うことができるのです。

暗い部屋では控えめに

液晶画面を眩しく感じてしまうときは、使用する場所の環境にも注目してください。

もし部屋が暗かった場合、明るめの設定にしていると、余計に眩しく感じてしまいます。

映画などを見るときは、部屋を暗くする人も多いですが、そんなときは、普段よりも明るさを抑えるようにしましょう。

暗い場所で使うなら、それに適した設定にすることが大切です。

多くの液晶テレビには、映画を見るためのモードが備わっているので、それもうまく活用してください。

新品は眩しく感じやすい

買ってきたばかりの新品の液晶テレビは、そのまま使い始めてはいけません。

必ず明るさをチェックして、部屋に合わせた設定にしておかないと、画面を眩しく感じてしまいます。

というのも、買ったばかりの商品は、店頭に並べるときの設定と同じになっていることがあるからです。

店の中では、なるべく映像をきれいに見せるために、あえて明るめの設定にして並べています。

その設定が変わっておらず、店内に合わせた明るさのままになっていることがあるのです。

しかし、店の中できれいに見える設定と、普通の家庭の部屋に合った設定は違います。

そのため、設定を変えずに使い始めると、明るすぎて眩しさを感じることになるのです。

新品の液晶テレビは、必ず明るさをチェックしてから使うようにしましょう。

長持ちさせるためにも調節を

液晶テレビは、明るすぎる設定で使っていると、劣化が早くなってしまいます。

これは、バックライトに負担をかけてしまうことが原因です。

液晶テレビの映像は、バックライトが後ろから照らすことで正しく見えるようになっています。

しかし、画面が明るすぎる状態で使い続けた場合、バックライトを必要以上に酷使することになり、劣化がどんどん進んでしまうのです。

そして、バックライトが機能しなくなったときが、液晶テレビの寿命になります。

したがって、少しでも劣化を遅らせて長持ちさせるには、画面の明るさを適度に抑えておくことが、重要なポイントになるのです。

私が絶対おすすめする液晶テレビランキングはこちら

スポンサーリンク

画面が暗い

液晶テレビの設定変更が必要になるのは、明るすぎるときだけではありません。

暗すぎて画面が見づらいときも、やはり調節が必要になります。

画面が明るすぎるときは、眩しくて疲れてしまいますが、暗いときもかなり見づらくなるものです。

暗い画面だと、何が映っているのか判別できないことも多いので、自然と目を凝らして見るようになります。

目を細めて見たり、極端に近づいて見ようとしたりすることもあり、目にかかる負担が大きくなってしまうのです。

そのため、明るさを抑えるときは、あまり暗くしすぎないようにしましょう。

適度な明るさにしておけば、快適に見ることができます。

部屋の明るさに合わせる

先述したように、液晶テレビを見るときは、部屋の明るさを考慮することが大切です。

画面が暗い設定になっているとき、部屋が明るい状態だと、見やすさは低下してしまいます。

部屋の明るさと画面の明るさに差がありすぎると、快適に見ることはできないのです。

そのため、明るい部屋で見るときは、画面もある程度は明るくしておきましょう。

周囲の環境に合わせた設定になっていれば、目に負担をかけることもないので、安心して使うことができます。

また、寿命が気になってしまうときは、部屋の明るさの方を抑える方法もおすすめです。

照明を少し絞ったり、カーテンで日光を防いだりすれば、暗めの設定にしたままでも、見づらくなることはありません。

黒い色が潰れている

液晶テレビを見ていると、暗いシーンになったとき、黒い色が強すぎて、何が何だかわからなくなることがあります。

これは、設定が合っていない証拠です。

液晶テレビは、映像のコントラストを調節することができますが、この設定が適切でないと、黒を潰してしまいます。

コントラストを強めにすると、黒と白がそれぞれ強調されることで、メリハリのあるくっきりした映像になりますが、黒が強くなりすぎた場合、人の顔が判別できないくらい真っ黒になってしまうのです。

映画などでは、暗いシーンが頻回に出てくる作品も多いので、特に注意が必要になります。

美しい映像には適度な黒を

黒が強くなりすぎると、画面が見づらくなってしまいますが、きれいな映像を楽しむためには、適度な黒さも必要になります。

映像の中の黒がしっかり再現されていると、全体が引き締まったような印象になり、映像をきれいに感じることができるのです。

そのため、液晶テレビを高画質で楽しみたいときは、黒を濃くはっきりさせる設定にしておきましょう。

黒が弱すぎると、変に白っぽく見えてしまうことがあり、画質のよさを感じることはできません。

本来の黒さを損なわない設定にしておけば、映画やゲームなどの映像美を存分に堪能することができます。

白飛びが起きている

液晶テレビの映像で、青空などの明るい色が白っぽく見えてしまうときは、白い色が強すぎることが原因です。

この場合も、設定の変更をしなければなりません。

コントラストの設定は、黒だけでなく、白の強弱も変えることができますが、それが適切でない場合、白飛びが起きてしまいます。

白飛びとは、白を強調しすぎたために、明るい色を正しく再現できなくなることです。

その状態だと、青空の雲の輪郭がすっかり失われてしまい、その周囲との区別がつかず、ただ白っぽいだけの空に見えてしまいます。

白を適度に設定しておけば、青い空に雲が浮かんでいる映像をしっかり再現できるのです。

また、白が強い映像は、眩しさも感じやすくなってしまうので、目の負担を減らすためにも、必ず調節を行いましょう。

映像には光が必要

白を強くしすぎないことは、快適に映像を見るためには大切ですが、あまり抑えすぎないようにしてください。

映像の中の白が弱すぎると、太陽の光やライトの光を正確に再現できません。

そうした光がはっきりしていないと、メリハリのない映像になってしまうのです。

美しい映像を楽しむためには、光がきれいに見える設定が重要になります。

そのため、黒い色と同様に、白も適度な強さにしておきましょう。

白を正しく再現できれば、より高画質な映像を見ることができます。

まとめ

液晶テレビは、設定など気にせず、何となく見てしまう人もいます。

しかし、目に負担をかけないためには、なるべく見やすくなる設定を意識するようにしましょう。

普段は気にせず使っていたとしても、実際には目を酷使していることもあるのです。

その場合は、設定を変えてみると、より見やすく美しい映像になるので、ぜひ試してみてください。

スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 液晶テレビ