おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

*

液晶テレビの設置で注意することは? 置くときによくある4つのミス

   

Fitueyes テレビスタンド 32~50インチ対応 壁寄せテレビスタンド 高さ調節可能 ラック回転可能ブラック TT206501GB

液晶テレビは、現代の生活では必需品となる家電製品のひとつです。

しかし、これを使うためには、まず置き場所を決めなければなりません。

場所の問題は、液晶テレビを快適に見るためには、とても重要なポイントになります。

よくない場所に置いてしまうと、デメリットが発生してしまうのです。

では、設置するときによくあるミスと、その対策について説明していきましょう。

私が絶対おすすめする液晶テレビランキングはこちら

スポンサーリンク

窓との位置関係が悪い

液晶テレビを設置するときは、窓の位置を考慮しながら場所を決めるようにしましょう。

というのも、窓の位置は、画面の見え方に影響してくるからです。

もし位置が悪かった場合は、画面が見づらくなってしまうこともあり、快適に楽しむことはできません。

例えば、窓の真正面にテレビを置くのは避けるべきです。

その状態だと、窓から差し込む日光が、もろに画面を照らすことになります。

すると、眩しさを感じるようになり、画面を見つめているのが辛くなってしまうのです。

また、窓の外の景色が画面に映り込むことも多くなるので、それが気になると集中できなくなります。

これを避けるためには、遮光カーテンをつけて日光を防ぐ方法もありますが、最初から日光の影響が少ない場所に置くことも、有効な対策のひとつです。

横から光が当たる位置に

眩しさや映り込みといったデメリットを解消するためには、光の当たり方に気をつけてください。

真正面から当たる位置だと、どうしても画面への影響は大きくなってしまいます。

画面を見やすくするためには、なるべく横から当たるようにするのがおすすめです。

それなら、光が差し込んでも、画面を直撃することは少なくなります。

窓と直角になるような位置を意識して設置すれば、ストレスなく映像を見ることができるのです。

ただし、太陽の向きが変われば、光が多く当たってしまうこともあるため、いつでも快適というわけにはいきません。

どうしても気になってしまうようなら、カーテンを使い、テレビを見るときだけは窓を塞いでしまいましょう。

私が絶対おすすめする液晶テレビランキングはこちら

スポンサーリンク

距離が近すぎる

液晶テレビを見るときは、適度に距離をとることが大切です。

「テレビは離れて見よう」という注意点は、よく耳にするものですが、この基本を疎かにしていけません。

あまり近づいて画面を見ると、目に大きな負担をかけてしまうことになります。

さらに、その状態が長く続けば、視力にまで影響する可能性があるのです。

そのため、液晶テレビを設置するときは、必ず十分な距離をとるようにして、目の負担を軽減してください。

液晶テレビを見るときの適切な距離は、画面の高さを3倍にした長さです。

まずは画面の高さを測ってみて、自分が座る位置から設置場所までの距離と比べてみましょう。

そのとき、高さの約3倍になっていれば、目に余計な負担をかける心配はありません。

近すぎると粗が目立つことも

液晶テレビは、ある程度の距離をとることで、美しい映像を楽しむことができます。

画面に近づきすぎた場合は、映像の粗が目立つことになり、きれいに見えなくなってしまうのです。

液晶テレビに映るデジタルの映像は、小さな点が大量に集まっている状態なので、近づけば近づくほど、粗が目立ちやすくなります。

4Kのように、画素数が非常に高い商品なら近くでもきれいに見えますが、通常の液晶テレビをできるだけ高画質で見るときは、距離をしっかりとるようにしましょう。

十分な距離があれば、映像の粗がわからなくなり、なめらかで美しい映像を楽しむことができます。

コンセントから離れている

液晶テレビを設置するなら、コンセントの位置を確認して、間違いなく届く位置を探しましょう。

せっかく設置しても、電源ケーブルやアンテナケーブルがコンセントまで届かなければ、使うことができなくなります。

そのため、コンセントとの位置は、しっかり確認しておいてください。

どうしても遠い場所に設置しなければならない場合には、工夫が必要になります。

そんなときのおすすめは、ケーブルを延長することです。

コンセントから遠くて届かないなら、延長コードを使って、足りない分の距離を埋めてしまいましょう。

それなら、離れていても問題なく使うことができます。

アンテナケーブルの長さも大切

アンテナケーブルをしっかり接続するためには、距離だけでなく、適切な長さを選択することも大切です。

テレビとコンセントの距離をあらかじめ調べておき、それに合う長さのケーブルを用意してください。

それなら、設置するときに届かなくて困るようなことはありません。

ただし、ちょうどよいケーブルが見つかるとは限らないので、場合によっては、長さが余ってしまうこともあります。

そうなると、ただ床を這わせておいたのでは、邪魔になってしまうものです。

壁を伝わせる方法もありますが、そのときは、ケーブルを目立たなくするためのモールを利用することも検討しておきましょう。

歩くスペースを圧迫してしまう

液晶テレビを設置するとき、その部屋が十分に広ければ、他のスペースなどを気にする必要はありません。

光の当たり方や視聴距離、コンセントとの位置などをすべて考慮して、最も適切な位置を探すことができます。

しかし、狭い部屋に設置する場合には、そう簡単に位置を決められないこともあります。

視聴距離を確保しようとしたり、コンセントの適切な距離を探そうとしても、スペースが足りないと、生活の邪魔になる位置に置かなければならない場合もあるのです。

そのときは、歩くための空間を圧迫してしまうこともあり、とても不便に感じてしまいます。

また、部屋の中に置かなければならないものは、液晶テレビだけではありません。

そこには、テーブルやソファなどの家具もあるため、余計に場所の選択肢は限られてきます。

その場合は、狭い場所に設置するときのコツに注目してみましょう。

壁に掛けよう

液晶テレビを狭い部屋に設置するときは、床から離す方法を検討してみましょう。

普通なら、床にテレビ台を置き、その上に液晶テレビを乗せるのが一般的な設置方法です。

しかし、その方法だと、テレビを置く場所は完全に塞がってしまい、ただでさえ狭い部屋が、さらに狭くなってしまうこともあります。

そんなときは、液晶テレビを下に置くのではなく、壁に掛ける方法がおすすめです。

壁掛けなら、他の家具と一緒に設置しても、スペースを圧迫する心配はありません。

床から離すことで、空間を広々と使うことができるのです。

家具を見直してみよう

狭い部屋を広く使うには、家具の方を変更してみるのも、有効な方法になります。

例えば、部屋のテーブルやソファを小さいサイズにすれば、それだけスペースが空くので、液晶テレビを設置しても、人の動きを妨げることは少なくなります。

また、あまり必要ないものであれば、思い切って取り除いてしまうのも、部屋を広くするにはよい方法です。

「このテーブルはなくても大丈夫」と感じるなら、それを撤去して、液晶テレビの設置場所や、歩くためのスペースを空けるようにしましょう。

そのためには、設置場所がどうなっているのか、しっかり把握しておくことも必要になります。

事前に部屋の状況を確認しておき、もしスペースが足りない場合には、家具などの必要性を考えてみてください。

なくなっても困らないものがあれば、それが解決策になることもあります。

まとめ

液晶テレビを置くときは、場所の選択でかなり悩んでしまうこともあります。

なかなか納得できる場所が見つからないと、何度も移動させたりするものです。

そんなときは、ここで紹介したような、よくあるミスに注意してください。

避けるべきことを知っておかないと、せっかく設置しても不満が残ってしまい、またすぐに動かしたくなります。

コツを押さえておけば、よりスムーズに場所を決めることができるのです。

スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 液晶テレビ