おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

*

液晶テレビの設置方法で部屋が変わる!壁掛けのための4つのポイント

   

液晶テレビを設置する場所は、テレビ台の上だけではありません。

薄型の液晶テレビなら、壁に掛けて使うこともできるのです。

液晶テレビは、普通にテレビ台に置く場合とは違い、壁掛けにしておくと、部屋の印象が変わります。

そのため、「オシャレに使いたい」という目的がある人は、テレビの設置方法で壁掛けを選択することが多いのです。

では、壁掛けの4つのポイントについて、詳しく説明していきましょう。

私が絶対おすすめする液晶テレビランキングはこちら

スポンサーリンク

壁掛けのメリット

液晶テレビを壁掛けにするメリットは、やはり部屋をオシャレにできることです。

うまく設置できれば、壁に画面が貼りついているように見え、とてもスタイリッシュになります。

この効果を得るには薄い商品が適しているので、これからテレビを購入する場合には、どれくらいの厚さになっているか確認しておきましょう。

また、商品によっては、壁との一体感を増すために、フレームをかなり狭くしているものがあります。

そうした商品は、画面だけが壁に貼りついている感覚がより強くなるので、オシャレな空間を演出するなら、ぜひおすすめです。

空間を広く使える

液晶テレビを壁掛けにするメリットは、ただオシャレになるだけではありません。

より広い空間を確保することができるため、スペースの有効利用が可能になるのです。

液晶テレビをテレビ台の上に設置した場合、その場所はテレビ専用になってしまうため、他のことに使うわけにはいきません。

この点は、部屋が十分に広いなら、それほど気になることはありませんが、狭い部屋に設置するときは、どうしても窮屈さを感じてしまうものです。

しかし、壁掛けにしてテレビを浮かせてしまえば、テレビが場所をとることはなくなります。

本来なら使えないはずのテレビ下のスペースが空き、部屋をより広々と使うことができるのです。

地震の対策になる

液晶テレビを壁掛けにすると、何かの衝撃で倒れることがなくなります。

テレビ台の上にただ置くだけだと、大きな揺れで落下する恐れがあり、地震のときは危険です。

しかし、壁に掛けて浮かせておけば、倒れることを気にする必要はありません。

そのため、液晶テレビの壁掛けは、地震対策としてもおすすめです。

ただし、壁への固定が甘かったりすると、やはり落下してしまうことがあるため、設置の際は注意しましょう。

私が絶対おすすめする液晶テレビランキングはこちら

スポンサーリンク

壁掛けのデメリット

壁掛けはメリットが多くありますが、その一方でデメリットもあります。

それは、部屋の模様替えが困難になってしまうことです。

液晶テレビを壁に固定するとなれば、そう簡単に動かすことはできません。

つまり、「模様替えしてリフレッシュしよう」というときでも、液晶テレビの位置だけは動かせなくなってしまうのです。

また、液晶テレビが動かないとなれば、その邪魔をしないような配置が重要になるため、家具を移動させる際の選択肢も狭くなってしまいます。

そのため、壁掛けにするときは、安易に実行するのではなく、慎重に考えるべきです。

周りの人がデメリットを気にしている場合は、意見が食い違うこともあるので、よく相談してから決めるようにしましょう。

賃貸だと難しい

液晶テレビを壁掛けにするときは、壁に穴を開けて固定します。

しかし、すべての壁に穴が開けられるわけではありません。

賃貸の場合、それは不可能になってしまうので、簡単に壁掛けにはできないのです。

壁に傷をつけられない状況で壁掛けをするのであれば、それなりの工夫が必要になります。

例えば、壁寄せスタンドに液晶テレビを取りつけ、壁掛け風にするという方法です。

この場合、地震対策の面では少し不安が残りますが、壁に穴を開ける必要はないため、賃貸でも問題はありません。

より固定力を強くするなら、突っ張り棒として柱を設置し、そこに取りつける方法もあります。

突っ張り棒式の壁掛け金具もあるので、それを使えば、簡単に取りつけることができるのです。

それなら、壁の穴を必要としないだけでなく、倒れるリスクも軽減できます。

自分で取りつけるときの注意点

液晶テレビの壁掛けは、業者に頼む方法と自分で行う方法の2種類があります。

このうち、費用を抑えることができるのは、やはり自分で行う方法です。

自分でもできそうな場合は、お金をかけずに済ませてしまいましょう。

ただし、その際は金具に注意しなければなりません。

壁掛け金具は、テレビメーカーのものと金具メーカーのものがあるので、どちらを選ぶか慎重に考えてください。

テレビメーカーの場合

テレビメーカー純正の金具は、使用する液晶テレビに合わせたものになります。

そのため、「テレビと金具が合わない」といったトラブルが起こる心配はなく、安心して使うことができるのです。

これから商品を選ぶのであれば、壁掛け金具もセットで買っておくようにしましょう。

すでに使っている液晶テレビを壁掛けにしたい場合は、テレビのメーカーをチェックして、それと同じメーカーの壁掛け金具を選択してください。

ただし、新しく別のメーカーのテレビを買うときは、金具もそれに合わせて新しく購入する必要があります。

壁掛け金具メーカーの場合

壁掛け金具メーカーの商品は、さまざまな種類があることがメリットになります。

テレビメーカーのものは、ただ掛けるだけのシンプルな商品が多くなるため、自分好みの調節などをしたい場合は、あまり向いていません。

しかし、壁掛け金具メーカーの場合は、角度をつけることが可能な商品を選択すれば、思いどおりの使い方ができるのです。

また、壁掛け金具メーカーの商品は汎用性が高いので、テレビのメーカーを変えたいときも、引き続き同じ金具を使用できる場合があります。

ただし、テレビメーカー純正の金具と違い、テレビに合っていないと使用できない点には注意しましょう。

購入する際は、テレビの型番をよく調べて、確実に使用できることを確認してください。

業者に依頼するときの注意点

液晶テレビの壁掛けに自信がない場合は、無理に自分で行うのではなく、業者に頼んで設置してもらいましょう。

業者はお金がかかるため、節約のためには何とか自分で取りつけたくなりますが、もし固定が甘かったりすると、テレビが落ちてしまうこともあります。

しかし、業者に頼んでおけば、適切な方法で確実に設置してくれるため、あとから落ちるような事故は起こりません。

また、ケーブルを壁に通すなど、余計なものが目立たないようにする特殊な処理も、すべて行ってくれるのです。

業者探しに注意

すでに使っているテレビを壁掛けにする場合、壁掛けに対応してくれる業者を探す必要があります。

しかし、壁掛けに対応しているからといって、どの業者に頼んでもよいわけではありません。

対応可能な地域が限られている業者もあるので、自分が住んでいる地域で問題なく工事ができるかどうか、必ず確認してください。

ただし、これからテレビを購入しようとしている人は、そうした確認作業を省くことができます。

購入時に工事も依頼しておけば、確実な業者を紹介してもらえるのです。

業者に頼む場合は、こうした選び方の注意点を忘れないようにしましょう。

まとめ

液晶テレビを壁掛けにすると、部屋が広くなり、オシャレな雰囲気を楽しむことができます。

ただし、そのためには、ここで紹介したようなポイントを押さえておくようにましょう。

壁掛けの方法が間違っていたり、デメリットを見落としていたりすると、あとから困ることになります。

事前にじっくり検討して、適切に取りつければ、メリットを確実に得ることができるのです。

スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 液晶テレビ