おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

*

液晶テレビの静電気にはどんな対策がある? おすすめの4つの方法

   

液晶テレビの劣化を遅らせ、なるべく長持ちさせるためには、静電気を防ぐことが大切です。

静電気には、埃を引き寄せてしまう性質があり、放っておくと、液晶テレビがどんどん汚れていきます。

電気製品に埃は大敵であり、あまり多くたまっていると故障してしまうので、なんとか対策をしなければなりません。

では、液晶テレビに静電気をためない方法を紹介していきます。

私が絶対おすすめする液晶テレビランキングはこちら

スポンサーリンク

静電気を除去できるアイテムを使う

液晶テレビの静電気対策をするなら、静電気を発生させる便利なアイテムを使っていきましょう。

そのようなアイテムで掃除をすると、液晶テレビの静電気を除去できるため、埃を寄せつけることはありません。

普通に掃除すると、舞い上がった埃がすぐ付着してしまい、なかなかきれいにできないことも多いですが、静電気を除去できれば、しっかり汚れを落とすことができます。

そこでおすすめなのが、静電気を発生させるクリーニングブラシや、ハンディモップなどです。

静電気に静電気を近づけると、逆にひどくなってしまいそうに思えますが、実際には、きちんと除去しながら埃をとることができます。

ティッシュなどで適当に拭いても、思うようにとれないことは多いので、「どうしても埃がとれない」と悩んでいる人は、ぜひ試してみてください。

埃を集める

静電気を発生させるブラシやモップのメリットは、静電気の除去だけではありません。

液晶テレビについた埃をしっかり集めて、効率よく取り除くことができます。

ティッシュで拭った場合、とれるのは一部だけで、またすぐに埃がついてしまうものです。

しかし、ブラシやモップの方に埃を集めることができれば、散った埃が再び付着することは少なくなります。

それなら、埃がとれるまで何度も払ったりする必要はありません。

まとめて引き寄せることができれば、余計な手間がかからず、短時間で掃除を終わらせることができます。

このように、静電気を発生させるアイテムをうまく利用することは、液晶テレビの静電気を防ぐだけでなく、蓄積された埃を確実に取り除き、常に清潔を保つことにもなるのです。

静電気の対策をしつつ、汚れをしっかりとるためにも、便利なものは積極的に利用していきましょう。

私が絶対おすすめする液晶テレビランキングはこちら

スポンサーリンク

部屋の湿度を上げる

液晶テレビの静電気対策で最も注意が必要な季節は、冬になります。

冬は乾燥するため、静電気が発生しやすく、さまざまな場面でバチバチと音が鳴るものです。

そのため、液晶テレビの静電気も、冬は特に多くなり、たくさんの埃を引き寄せることになります。

これを防ぐためには、部屋の湿度を上げて、乾燥を防ぐことが大切です。

部屋の中の湿度が低く、空気が乾燥していると、どうしても静電気がたまりやすくなりますが、ある程度の湿度を確保することができれば、その心配はありません。

湿度の高い梅雨の時期に、冬のような静電気に悩まされたりはしませんが、それと同じことです。

少し湿度がある環境なら、液晶テレビの静電気も軽減することができます。

そして、部屋の湿度を上げるためには、加湿器を使いましょう。

加湿器を使い、部屋の湿度が下がりすぎないように管理しておけば、静電気を防ぐことができます。

それなら埃が集まることもないので、手入れも楽になるのです。

ただし、加湿器を使うなら、液晶テレビから離れた場所を選んでください。

蒸気がかかるほど近い位置だと、いくら静電気を防いでも、湿気で故障してしまいます。

液晶テレビに影響のない場所なら、安心して対策をすることができるのです。

加湿しすぎは禁物

部屋の湿度を上げておくことは、静電気の対策には有効な方法です。

ただし、湿度を上げるといっても、それには限度があります。

加湿器を使いすぎると、部屋の湿度が必要以上に高くなり、壁や床などに結露ができてしまうのです。

そのようなジメジメしすぎる状態は、液晶テレビにはよくありません。

静電気を抑えて埃を減らしたとしても、湿気が高すぎる環境で使っていれば、電気製品の劣化は早まってしまいます。

そのため、加湿器による対策を行うなら、使いすぎには十分注意しましょう。

稼働させたまま放置するのではなく、ときどき部屋の湿度を確認し、適度な加湿ができているようなら、いったん止めることが大切です。

特に、寝るときは気をつけてください。

加湿器をつけたまま寝ると、途中で止めることができないため、湿度はどんどん上昇していきます。

そのような事態にならないよう、就寝時は忘れずに切っておくようにしましょう。

柔軟剤を使う

液晶テレビの静電気を防ぐのであれば、液晶テレビ本体だけでなく、その周辺にも注意しておくことが大切です。

周囲に静電気が多い状態だと、埃が集まりやすくなってしまいます。

液晶テレビを長持ちさせたいなら、そのような埃の多い環境で使うのは避けるべきです。

埃を多く集めないためには、周りの静電気も、しっかり防いでおかなければなりません。

そこで役に立つのが、柔軟剤です。

柔軟剤は、通常は洗濯に使うものですが、液晶テレビ周辺の静電気対策でも、高い効果を発揮してくれます。

というのも、柔軟剤には、静電気を抑える効果があるからです。

この効果を利用して静電気を軽減すれば、液晶テレビの周りの埃を減らすことができます。

また、香りもメリットのひとつです。

柔軟剤を使って拭くと、その場所からは、ほのかによい香りが漂います。

そのため、自分の好きな匂いの柔軟剤を使えば、部屋をより快適にすることもできるのです。

布にしっかり染み込ませる

柔軟剤による静電気対策をするときは、バケツ一杯の水に、5~6滴を入れ、そこに布巾などを浸しておきましょう。

それを使って、テレビ台などを満遍なく拭いてください。

すると、液晶テレビ周辺に、柔軟剤の静電気防止効果を張り巡らせることができます。

そのような環境をつくっておけば、液晶テレビだけでなく、テレビ台などにも埃がつきにくくなるのです。

ただし、静電気防止効果を確実に得るためには、柔軟剤をしっかりと染み込ませる必要があります。

柔軟剤が十分に浸透していないと、思ったほど効果が出ないこともあるので、少し濡らしただけで拭いてしまうのは、あまりおすすめできません。

布巾を浸けるときは、そのまま2分くらい放置して、柔軟剤が布の中まで染み込むのを待ちましょう。

たっぷり柔軟剤を含んだ布を使えば、静電気を抑える効果が高まります。

リンスを使う

液晶テレビ周辺の静電気を抑えるために役立つのは、柔軟剤だけではありません。

髪を洗うときに使うリンスも、静電気対策には有効です。

シャンプーで洗髪したときは、毛髪がマイナスに帯電しますが、リンスを使うとプラスに帯電するため、静電気が発生しにくくなります。

この働きが、液晶テレビの静電気対策にも利用できるのです。

リンスは、日常生活の中でよく使うものであり、すぐに用意することができるので、ぜひ試してみてください。

お湯で薄める

リンスによる静電気対策の場合も、柔軟剤と同じく、そのままでは使いません。

バケツや洗面器にお湯を汲み、それに溶かして使うことになります。

リンスをワンプッシュ入れ、よくかき混ぜて溶かしたら、布を浸してテレビ台などを拭いていきましょう。

このときも、しっかりと布に染み込ませてから拭くようにすると、効果がより高まります。

まとめ

液晶テレビにたまる埃を減らすなら、静電気の対策が欠かせません。

特に、冬の乾燥する時期は、静電気で多くの埃が集まってきます。

故障させないためには、ここで紹介した方法を参考にして、しっかり対策を行ってください。

静電気を除去しておけば、埃が少なくなり、少し手入れをするだけで、常にきれいな状態を維持することができます。

スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 液晶テレビ