おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

*

液晶テレビは大切に使おう!長持ちさせるための8つのコツ

   

液晶テレビは、普段の生活に欠かせない家電製品のひとつです。

現在では、テレビがない状態など考えられないほど日常的なものになっています。

ただし、その使い方には注意が必要です。

日常の風景として当たり前になっているものは、つい雑な扱いをしてしまうことも多いですが、それでは長く使うことはできません。

液晶テレビを使うなら、長持ちさせるためのポイントを押さえておきましょう。

私が絶対おすすめする液晶テレビランキングはこちら

スポンサーリンク

使わないときは消そう

液晶テレビを長持ちさせるなら、使いすぎに注意しておきましょう。

テレビに限ったことではありませんが、使う時間が長ければ、それだけ劣化は早くなるものです。

そのため、むやみに酷使するような使い方は控えて、休ませる時間を設けることも必要になります。

テレビは、すっかり日常風景になっているため、特に見ていないときでも、何となくつけっぱなしにすることが多いものです。

しかし、そのような使い方をしていると、テレビには大きな負担がかかります。

必要なときだけつけて、見ないときは消しておく習慣を心がけるようにしましょう。

また、だらだらと意味もなく見続けるのではなく、時間を決めて使うのもおすすめです。

私が絶対おすすめする液晶テレビランキングはこちら

スポンサーリンク

埃はこまめに取り除こう

液晶テレビを大切に使うためには、埃をためないことが重要になります。

埃は家電製品を劣化させる原因になりますが、テレビの場合も例外ではありません。

蓄積された埃によって小さな部品が汚れてしまうと、故障することが多いのです。

したがって、埃を大量にためておくようなことは、避けなければなりません。

こまめに掃除をして、常にきれいな状態を維持しておきましょう。

その際、特に注意しておきたいのは、液晶テレビの背面部分です。

背面には、内部の熱を逃がすための通気口がありますが、これが埃で塞がってしまうと、正常な排熱ができなくなります。

内部の温度が上がることは、故障の大きな原因になるので、排熱を妨げるほどの埃がたまらないよう、普段から注意して使うようにしましょう。

バックライトの設定を変えよう

バックライトは、液晶テレビの寿命を左右する重要なポイントになります。

常に明るい状態で使い続けると、大きな負荷がかかるため、とても長持ちさせることはできません。

購入したばかりのテレビは、バックライトが明るめに設定されていることがあるので、使うときは少し抑えるようにしましょう。

店頭に置く場合などは、できるだけ明るくしておいた方が美しく見えるため、あえて設定を高めにしているものですが、家庭で普通に使う分には、それほど明るくしなくても大丈夫です。

また、バックライトの設定では、省電力モードが選択できる商品もあるので、その場合はぜひ使ってみてください。

省電力にしておけば節電にもなるので、ぜひおすすめです。

画面の汚れを拭き取ろう

液晶テレビを長持ちさせるには、画面の拭き方にも気をつけておきしょう。

テレビを使うときは、何かの飛沫などが画面についてしまうこともあるので、汚れたときは、早めに拭きとる必要があります。

ただし、ただ拭けばよいというものではありません。

液晶テレビの画面を拭くときは、適切な拭き方があるのです。

拭くときの布は、柔らかいクリーニングクロスを使うようにしましょう。

適当な布やティッシュなどで拭くと、画面に細かい傷がついてしまいます。

眼鏡やカメラにも使用されるクリーニングクロスなら、繊細な画面にダメージを与える心配はありません。

また、強く擦りすぎないことも大切です。

もし落ちにくい汚れがあったときは、ゴシゴシと無理に擦るのではなく、息を拭きかけるなど、微量の水分を加えてから拭いてください。

このように、画面を拭くときは、なるべく刺激を与えないことがポイントなのです。

設置する場所に注意しよう

液晶テレビに余計な負担をかけないためには、設置場所を考えることも重要です。

設置する場所によっては、劣化を早めてしまうことがあります。

そこで注意したいのが、窓際に設置することです。

窓際は結露が発生しやすい場所なので、テレビ本体やコードなどが影響を受けやすく、どうしても劣化が早くなります。

また、窓は開け閉めするものなので、うっかり雨を入れてしまうリスクもあり、テレビを使うには向いていません。

余計な水分が多くなる環境だと、劣化を遅らせることはできないので、十分注意しましょう。

そして、安定感がない場所も避けるべきです。

液晶テレビは、基本的に平らな場所で使うものであり、グラグラするような場所に設置してはいけません。

なるべく衝撃や振動が少ない場所を選びましょう。

湿度の上昇を抑えよう

液晶テレビを使うなら、湿度の高い環境は避けるべきです。

そのため、湿度を上げるようなことをテレビの近くで行うのは、できるだけ控えてください。

例えば、乾燥しがちな冬は加湿器を使うことも多いですが、それをテレビの近くに置いたりしてはいけません。

濡れたものを干しておく場合も、テレビからは離すようにしましょう。

また、寒い季節は鍋がおいしくなりますが、テレビの前で鍋を始めたのでは、もろに湿気の影響を受けることになります。

料理をするのであれば、テレビからはできるだけ離れた場所で行ってください。

これらは、どれも些細な注意点ではありますが、少しでも劣化を遅らせるためには、小さなことからコツコツと対応していくことも必要です。

液晶テレビを保護しよう

液晶テレビを長持ちさせるには、劣化する原因となるものを極力減らさなければなりません。

そのためには、使い方や置き場所に注意するだけでなく、テレビを守ってくれるアイテムを活用してみましょう。

おすすめは、テレビにかけることで保護してくれる、専用のカバーです。

テレビを消したとき、むき出しのまま放置していると、どうしても埃や汚れがついてしまいます。

こまめに手入れするとしても、余計な汚れは、できるだけ少なくしておきたいものです。

そんなときは、ぜひカバーを利用してみましょう。

普段からカバーをかけておけば、付着する汚れを防ぐことができるのです。

もともと汚れが少ない状態なら、定期的な手入れをするときも楽になります。

リモコンも大切に

テレビを長持ちさせるとなれば、どうしてもテレビ本体にばかり注目してしまいますが、付属しているリモコンも忘れてはいけません。

どんなにテレビを大事にしていても、リモコンがなくなれば、とても不便になってしまいます。

テレビとリモコンは、常にセットとして考え、どちらの手入れにも気を配っておきましょう。

その際は、テレビと同じように、埃の蓄積を防ぐことがポイントになります。

ただ使っていると埃まみれになってしまうこともあるため、劣化を防ぐためには、こまめな手入れが必要です。

埃よけのためには、リモコンに被せるカバーもあるので、うまく使えば、確実な対策になります。

また、もし長く保管するようなことがあれば、電池には注意してください。

久しぶりに使うとき、リモコンが故障している場合は、電池の液漏れが原因であることが多いのです。

したがって、しばらく使う予定がないときは、電池を抜いてから片づけるようにしましょう。

そうしておけば、「いつの間にか故障していた」という失敗は防ぐことができます。

まとめ

液晶テレビは、現代の生活では必需品となる商品ですが、長く使うためには、正しい使い方を意識することが大切です。

間違った使い方をしていうると、どうしても劣化は早くなります。

できるだけ長く使うことを考えるなら、ここで紹介したポイントを参考にして、丁寧に扱っていきましょう。

負担の少ない使い方ができれば、液晶テレビの寿命を縮めることはありません。

スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 液晶テレビ