おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

*

液晶テレビを一回の掃除できれいにするコツは?汚れを残さないための4つのポイント

   

液晶テレビは、普段からときどき掃除をして、きれいな状態で使うことが大切です。

ただし、掃除の方法によっては、一回の掃除で汚れを落としきることができず、もう一度やり直さなければならない場合があります。

少しくらいなら、やり直してもそれほど手間はかかりませんが、意外と多く残っていたりすると、かなり面倒に感じてしまうものです。

そうした二度手間を防ぐためには、汚れを残さないためのコツを押さえておきましょう。

私が絶対おすすめする液晶テレビランキングはこちら

スポンサーリンク

汚れを見つけやすくする

液晶テレビの画面には、指紋や手あか、何かの飛沫などが付着し、妙に目立ってしまうことがあります。

そうした汚れを落とすためには、画面を拭かなければなりませんが、適当に拭いただけでは、きちんと汚れを取り除くことはできません。

自分では拭いたつもりでも、あとから拭き残しを発見してしまい、がっかりすることも多いのです。

掃除をするのであれば、汚れを確実に落とすような方法で拭くようにしましょう。

そのために重要となるのは、汚れをしっかりと見分けることです。

画面についた指紋や手あかが、どこにあるのかわからない状態になっていると、すべてを拭き取ることはできません。

全体を丁寧に拭いたつもりでも、完全に落としきることができなかったものを、見逃してしまう可能性が高いのです。

残さず拭き取るためには、汚れを見やすくする工夫を行いましょう。

黒い画面ならすぐわかる

液晶画面の汚れを見やすくするためには、できるだけ黒くすることが、有効な方法になります。

つまり、電源をしっかり落として、画面を暗くしてしまえばよいのです。

黒いものに付着した指紋などの汚れは、薄い色に付着したときより、くっきりとわかりやすく見えるようになります。

それなら、汚れを見逃す心配はありません。

落としきれないところがあっても、気づかずに放置するようなことはなく、すぐに対処することができるのです。

この方法なら、一回の掃除でほぼすべての汚れがなくなるので、あとから面倒を感じることもなくなります。

二度手間を防ぐためにも、ぜひ試してみてください。

私が絶対おすすめする液晶テレビランキングはこちら

スポンサーリンク

少しだけ水分を加える

画面の汚れを落とすときは、乾拭きが基本であり、濡らした布巾などで擦ったりしてはいけません。

窓ガラスなどを拭くときは普通に水拭きなので、液晶テレビの画面にも有効なように思えますが、実際にはNGな方法になります。

というのも、水拭きをした場合、水の跡が画面に残ってしまい、あまりきれいに見えなくなってしまうからです。

汚れを落とすつもりで拭いたはずが、逆に別の汚れを増やしていることになります。

したがって、汚れを残さず拭き取ることを重視するのであれば、水拭きは避けるべきです。

とはいえ、乾拭きだけですべての汚れを拭き取るというのも、なかなか難しいものです。

些細な汚れなら問題はなくても、べったりと付着した手あかなどは、少し拭いたくらいでは落ちないこともあります。

そんなときは、普通に水拭きをするのではなく、少しだけ水分を加えるのがおすすめです。

息を吹きかけよう

液晶画面に落としにくい汚れがあったときは、その部分に息を吹きかけてみてください。

乾拭きで落としにくいものでも、微量の水分がプラスされることで、意外とすんなり拭き取れるようになります。

しっかり水拭きをしてしまうと、水分の多さから、どうしても跡が残りやすくなってしまいますが、汚れた部分だけに息を吹きかけて曇らせるくらいないなら、そうしたデメリットは回避できます。

ただし、いくら微量な水分でも、そのまま放置しておくのはよくありません。

息で曇らせたときは、きちんと水分を拭き取っておくようにしましょう。

キッチンペーパーを使う

液晶テレビの画面には、思いがけず油汚れが付着してしまうこともあります。

例えば、小さい子供がお菓子を食べたときは要注意です。

子供は、テレビに好きなものや興味があるものなどが映っていると、つい画面を触りたくなってしまうものですが、その手に油がついていると、画面にもべったり付着してしまいます。

大人なら、むやみに画面を触ることはなく、もし触る必要があったとしても、手の汚れをそのままにしておくことはありませんが、小さい子供は気にしないものです。

したがって、子供の行動には特に注意しなければなりませんが、大人であっても、油汚れをつけてしまうことはあります。

それは、液晶テレビの前で料理をしたときです。

画面の前で焼き肉などを始めてしまったときは、油の飛沫などが付着してしまう可能性が高くなります。

そして、油汚れがついた場合は、乾拭きで落とすのが難しくなってしまうのです。

油を乾拭きで取り除こうとしても、無駄に広がるばかりで、なかなかきれいには落ちません。

そんなときは、キッチンペーパーをうまく活用しましょう。

油を吸い取って落とす

キッチンペーパーは、油を吸うことができるため、キッチンではとても重宝されるアイテムのひとつです。

液晶テレビの画面に油がついてしまったときは、これを使って拭き取るようにしましょう。

キッチンペーパーを少し湿らせて、汚れた部分を優しく擦ってください。

その方法であれば、キッチンペーパーが油を吸い取ってくれるため、すんなりと汚れを取り除くことができるのです。

これは、液晶テレビに余計なダメージを与えないためにも役立つ対策になります。

頑固な汚れがあったときは、なんとか落とそうとして、ゴシゴシと力を入れて擦ってしまいたくなりますが、乱暴に擦ったりすると、液晶画面に大きな負担をかけてしまうのです。

それを避けるためには、汚れを落としやすくする工夫が必要になります。

キッチンペーパーで汚れを残さず拭き取れば、力を入れすぎることはありません。

液晶テレビを大切に使うためにも、ぜひこの方法を試してみてください。

静電気を抑える

ここまで紹介してきたのは、主に画面の汚れについての対策でしたが、液晶テレビの汚れは、それだけではありません。

ホコリによる汚れは、画面だけでなく、液晶テレビ全体に及んでしまいます。

それをきれいに落とすためのポイントも、しっかり押さえておきましょう。

液晶テレビにホコリがたまってしまう原因は、静電気にあります。

静電気には、周囲のホコリを引き寄せてしまうという、厄介な性質があるのです。

液晶テレビは、昔のブラウン管テレビと比べて静電気が少なくなっていますが、電気製品である以上、ある程度の静電気は発生するものです。

それを放置していると、いくら払っても、また別のホコリがついてしまい、思うように取り除くことができません。

汚れを残さないためには、静電気を抑えることが必要になるのです。

静電気を出すモップに引きつける

液晶テレビのホコリをきちんと取り除くためには、静電気を出すハンディモップで掃除をしてみましょう。

静電気を出すアイテムを使うと、液晶テレビの静電気が抑えられ、たまったホコリをモップの方に集中させることができます。

それなら、「払っても払ってもきりがない」といった問題はなくなり、効率よくホコリを落とすことができるのです。

なるべく汚れを残さないためには、ぜひ使ってみてください。

ちなみに、テレビ台の静電気を防ぐときは、薄めた柔軟剤を使うのがおすすめです。

柔軟剤には、静電気の発生を抑える効果があるため、それでテレビ台を拭けば、液晶テレビ周辺から静電気を消すことができます。

それなら、ホコリが寄ってくることもありません。

汚れをしっかり落とすなら、周囲の環境にも気を配っておきましょう。

まとめ

液晶テレビの掃除をするときは、ただやみくもに拭いたり払ったりするだけでは、汚れを落としきることはできません。

きれいに汚れを落として二度手間を防ぐには、ここで紹介したポイントを参考にしてみてください。

汚れが落ちやすい方法で、効率よく作業を進めることができれば、一回の掃除でしっかりと汚れを取り除くことができます。

スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 液晶テレビ