おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

*

液晶テレビを使うときは背面に注意? 通気口を塞がないための4つのポイント

   

液晶テレビは、普段の生活で頻回に使用する電気製品のひとつです。

そのため、できるだけ長持ちさせたいものですが、それには、背面の通気口に注意する必要があります。

液晶テレビといえば、つい画面の方にばかり注目してしまいますが、背面の通気口は、内部の熱を逃がすための重要な部分です。

長持ちさせるなら、その通気口を塞がないように使わなければなりません。

では、通気口を塞がないために重要となる4つのポイントについて、詳しく説明していきます。

私が絶対おすすめする液晶テレビランキングはこちら

スポンサーリンク

窓の近くに置かない

液晶テレビの背面にある通気口を塞がないためには、まず設置場所を考えることが大切です。

場所によっては、思わぬ失敗をしてしまうことがあります。

そこで注意したいのが、窓の近くに設置することです。

窓の近くでも、「壁に密着させなければ背面は塞がらないはず」と考えてしまいますが、実際に問題となるのは、壁につけるかどうかではありません。

通気口を塞ぐ原因となってしまうものは、窓のカーテンなのです。

窓のカーテンを開け閉めする際、近くに液晶テレビがあると、背面をすっかり覆ってしまうことがあります。

そうなれば、通気口も塞いでしまうため、うまく熱の排気ができず、内部の温度が上昇していきます。

液晶テレビのような電気製品は熱に弱いので、そのような状態になると、故障してしまうのです。

それを防ぐには、設置場所に窓の近くを選ぶべきではありません。

窓の近くはデメリットが多い

背面の通気口を塞いでしまうことが問題であれば、「カーテンにさえ気をつければ置いても大丈夫なのでは?」と思ってしまいますが、いくらカーテンに注意したとしても、窓の近くに設置するのはよくありません。

なぜなら、窓の近くには、液晶テレビの故障につながる要素が他にもあるからです。

まず、日光による温度の上昇があります。

窓の近くは、どうしても直射日光が当たりやすくなりますが、そうなると、通気口が塞がっていなくても、温度はどんどん上がっていきます。

液晶テレビを長持ちさせるためには、そのような環境で使うのは避けなければなりません。

また、湿気による影響も心配です。

窓の近くは、外との境界線に近い位置になってしまうため、温度差によって結露ができてしまいます。

また、換気などで窓を開けていて、急に雨が降ったりすると、液晶テレビが濡れてしまう可能性もあるのです。

このように、窓の近くはデメリットが多いので、たとえカーテンを外しておいたとしても、安心はできません。

余計なダメージを与えないためにも、窓の近くには置かないようにしましょう。

私が絶対おすすめする液晶テレビランキングはこちら

スポンサーリンク

掃除機で埃を吸い込む

液晶テレビの通気口を塞いでしまうものは、カーテンだけではありません。

窓から離して設置したとしても、大量の埃が蓄積された状態では、通気口から熱を逃がすことができず、温度の上昇が起きてしまうのです。

そのため、液晶テレビに負担をかけないためには、背面にたまる埃を除去する必要があります。

ただし、埃を取り除くときは、決して適当に払ったりしてはいけません。

無造作にティッシュで拭ったりすると、通気口から埃が入り込み、内部を汚してしまうことになるのです。

そうなれば、液晶テレビを長く使うことはできません。

外側の埃だけでもよくないというのに、内側にまで埃がたまったのでは、故障してしまいます。

これを防ぐには、掃除機をうまく利用しましょう。

吸いながら掃除する

通気口から埃を入れないようにするには、埃を散らさないことが大切です。

雑に拭ってしまうと、埃が拡散してしまい、中に入る危険が高まります。

それを防ぐためには、掃除機で吸いながら取り除くようにしましょう。

ブラシなどを使い、丁寧に少しずつ埃を落とし、拡散する前に掃除機で吸い取ってしまえばよいのです。

それなら、通気口から内部に入り込むことはありません。

いちいち掃除機を持ち出すのが面倒に感じるなら、掃除機をかけるタイミングに合わせて、液晶テレビの掃除も一緒に済ませるようにしましょう。

静電気を防ぐ

液晶テレビに埃が多くついてしまうときは、静電気の影響が考えられます。

静電気は埃を引き寄せてしまうので、背面の通気口を塞がないためには、できるだけ抑えておくことが大切です。

そのためには、部屋の湿度に注意してください。

冬に静電気が多く発生してしまうのは、空気が乾燥して湿度が低くなっているためです。

逆に、ジメジメとした梅雨の時期などは、静電気による被害はほとんどありません。

つまり、静電気を防ぐためには、ある程度の湿度が必要になるわけです。

冬のように静電気が多くなる時期は、加湿器を使い、部屋の中の湿度を管理するようにしましょう。

湿度が低すぎない環境にしておけば、静電気の発生を抑えることができます。

それなら、背面にたまる埃も少なくなるのです。

ただし、加湿しすぎて結露ができるようでは、湿気で故障してしまうこともあるので、くれぐれもやりすぎないように注意してください。

静電気には静電気を

静電気を防いで背面の埃を軽減するのであれば、普段の湿度管理だけでなく、掃除をするときも注意が必要です。

液晶テレビが静電気を帯びていると、掃除をしても、なかなかきれいに取り除くことができません。

静電気が埃を引き寄せているので、せっかく掃除をしても、またすぐに付着してしまうのです。

これを防ぐには、先述のような掃除機を使った方法がおすすめですが、より確実に埃を除去するなら、静電気を発生させるブラシやモップも利用してみましょう。

そのようなアイテムを使うと、静電気を除去しながら、埃を集めることができます。

液晶テレビから引き離して、ブラシやモップの方に付着させることができれば、埃が舞い散ることはなく、内部に入る心配もありません。

カバーをかける

背面の通気口を常にきれいな状態にしておくには、こまめな手入れも大切ですが、普段から埃をためない工夫をすることも必要になります。

大量に蓄積された埃と、うっすらと積もった埃では、後者の方が手間はかかりません。

また、埃が少なければ、通気口から内部に入るリスクも少なくなるのです。

そこで注目したいのが、液晶テレビにかけるカバーになります。

液晶テレビをむき出しで置いておけば、どうしても埃がたまってしまいますが、しっかりカバーをかけていれば、その心配はありません。

ただ保護するだけでなく、おしゃれなデザインの商品も多くあるので、インテリアとしてもおすすめです。

傷や汚れを防ぐ効果も

液晶テレビにカバーをかけておけば、背面だけでなく、全体の汚れや傷などを防ぐことが可能になります。

ただ置いておくだけだと、何かの飛沫で汚れてしまったり、他のものとぶつかったことで傷ができたり、さまざまなデメリットがあるものです。

しかし、カバーで保護しておけば、大抵のダメージは防ぐことができます。

「気をつけていればそのままでも大丈夫」と考える人もいますが、誰でもミスをすることはあるので、万が一の事態を考えれば、やはりカバーは必要です。

うっかり何かをこぼしたり、よろめいてぶつかったりしても、カバーがあれば、被害が大きくなることはありません。

液晶テレビを長持ちさせるためには、積極的に利用していきましょう。

まとめ

液晶テレビを長持ちさせるなら、背面の通気口には、常に注意しておきたいものです。

見えにくい部分なので、つい見落としてしまうことも多いですが、あまり埃がたまったりすると、液晶テレビに大きなダメージを与えることになります。

そうならないためにも、ここで紹介したポイントを参考にして、しっかり対策をしていきましょう。

スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 液晶テレビ