おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

*

液晶テレビを汚さないコツはある?きれいに保つための4つのポイント

   

サンワダイレクト 液晶テレビ保護パネル 42インチ 43インチ 対応 アクリル製 テレビガード クリア 200-CRT014

液晶テレビは、毎日頻繁に使うものであり、汚れがつくことも多くなります。

そのため、こまめに手入れをしながら使う必要がありますが、重要なのは、汚れを落とすことだけではありません。

そもそも汚れが少なければ、手入れも楽になり、短時間で終わらせることができます。

ここでは、液晶テレビを汚れから守る方法について、詳しく説明していきます。

私が絶対おすすめする液晶テレビランキングはこちら

スポンサーリンク

カバーをかける

液晶テレビが汚れるのを防ぐためには、保護するためのアイテムを使うのがおすすめです。

使わないときにそのままの状態で置いておくと、ホコリがたまったり、何かの飛沫が付着したりすることが多いので、汚れやすくなります。

注意して行動しているつもりでも、うっかり水をこぼしてしまうようなミスは、いつ起きてしまうかわかりません。

そうしたデメリットを防ぐためには、液晶テレビを守るカバーを使いましょう。

見終わって電源を切ったら、次に使うときまで、常にカバーを被せた状態にしておくのです。

それなら、余計な汚れがつく心配はありません。

ホコリがたまるとしても、カバーの上からなので、液晶テレビ本体はきれいなままになります。

水滴がかかったときも、カバーがあれば、被害は軽減できるのです。

それなら、思わぬ事故が起こったときも、慌てる必要はありません。

おしゃれなカバーを使おう

液晶テレビのカバーには、柄や素材にこだわった、おしゃれな商品もあります。

そうした商品を選ぶと、ただ汚れを防ぐだけでなく、部屋のインテリアとしても利用することができるのです。

例えば、部屋の中が殺風景に感じてしまうときは、レースがついたような見た目が華やかなテレビカバーをかけることで、味気なさを少し改善することができます。

なおかつ、汚れもしっかりと防いでくれるのであれば、一石二鳥というわけです。

また、どうしても好みの商品が見つからないときは、自分で作ってしまう方法もあります。

テレビカバーとは、テレビをすっぽりと包む布であればよいので、作るのに特別な技術などは必要ありません。

お気に入りの布を使い、好きなようにデザインすれば、自分だけのテレビカバーを作ることもできます。

汚れを防ぐことも大切ですが、そうした楽しみがあることも、カバーのメリットのひとつなのです。

私が絶対おすすめする液晶テレビランキングはこちら

スポンサーリンク

保護パネルを使う

サンワダイレクト 液晶テレビ保護パネル 42インチ 43インチ 対応 アクリル製 テレビガード クリア 200-CRT014

液晶テレビの画面の汚れを防ぐのであれば、カバーではなく、保護パネルを使うという方法もあります。

カバーをかける場合、画面がすっかり隠れてしまうことになるので、映像を見るときには外さなければなりません。

つまり、汚れを防ぐことができるのは、あくまでも使わないときだけなのです。

それでも、むき出しのまま放置するより汚れを防ぐ効果は高いですが、見ているときも心配になってしまうことはあります。

テレビを見るときは、離れて見るのが基本であり、適度な距離を空けておくものですが、くしゃみが出てしまったときなどは、「画面にかかったかもしれない」と慌ててしまうものです。

くしゃみで出た唾は、数メートル先まで届いてしまうこともあるので、どうしても気になってしまいます。

素早く顔を背けてしまえば問題はありませんが、いかんせん生理現象なので、確実に成功するとは限りません。

かといって、無理矢理に我慢して飲み込むというのも、無茶な話です。

そんなときは、使っているときでも画面をガードできる、保護パネルを使いましょう。

液晶画面にぺたりと貼り付けるだけで、くしゃみの飛沫はもちろん、子供が触ったときの指紋や手垢なども、しっかりと防ぐことができます。

板のパネルなら傷も防げる

液晶テレビの保護パネルには、貼りつけるシートタイプ以外にも、フックで引っ掛けてとりつける板タイプがあります。

それを使った場合、透明なアクリル板が画面の前に重なることになるので、汚れだけでなく、傷も保護することができるのです。

例えば、子供がおもちゃやリモコンを投げつけたり、ガンガンと画面を殴りつけたりするときは、シートタイプだと、かなり不安があります。

シートは、汚れを防ぐ効果は高くても、衝撃から画面を守る盾としての役割は、あまり期待できません。

しかし、アクリル板を重ねる方法であれば、汚れを防ぎつつ、衝撃による破損も回避することができます。

画面が板で守られている状態になるので、少しくらい衝撃が加わっても、ヒビが入ることはないのです。

映像への影響

シートタイプにしても板タイプにしても、画面を透明な何かで覆う対策をする場合は、「映像の見え方が変わるのでは?」という不安を感じてしまいます。

しかし、保護パネルを使ったとき、画質の低下などは、ほとんど気になりません。

若干見え方が変わったように感じても、すぐに慣れてしまいます。

それくらいの些細な変化なので、極端に映像が粗くなったり、見づらくなったりはしないのです。

普通に映像を見ながら汚れや傷を防ぎたい場合は、ぜひ利用してみてください。

近くで料理をしない

液晶テレビの汚れを防ぐためには、カバーや保護パネルなどで画面を守ることも大切ですが、汚れを近づけない対策も必要になってきます。

そこで注意したいのが、液晶テレビの前で料理を始めてしまうことです。

液晶テレビに付着する落としにくい汚れといえば、食べ物の油がありますが、すぐ近くで料理をしたりすると、油汚れがべったりとついてしまう可能性があります。

例えば、テレビの前のテーブルで焼き肉を始めたりすると、いつ油がはねるかわかりません。

食べているときは楽しくても、終わった後にテレビの画面を確認して、がっかりすることになってしまうのです。

そうした失敗を起こさないためにも、テレビの前では料理をしないようにしましょう。

特に、油が多いものは絶対に避けるべきです。

どうしてもテレビの前で行う必要があるときは、カバーなどを利用して、画面を守るようにしてください。

静電気の対策をする

液晶テレビのホコリを防ぐためには、静電気の発生を抑えることも、有効な対策になります。

静電気があると、周りのホコリが集まってくるので、なかなか汚れを軽減することができないのです。

液晶テレビの場合、昔のブラウン管よりは静電気が抑えられていますが、電気製品なので、ゼロというわけではありません。

また、テレビ台に静電気があると、それがホコリを引き寄せることで、結果的にテレビも汚れてしまいます。

このデメリットを防ぐためには、静電気を除去する工夫をしましょう。

静電気の除去に役立つもの

静電気を取り除いてホコリの汚れを減らすなら、静電気を出すハンディモップを使ってください。

あえて静電気を出すものを利用することで、液晶テレビについたホコリを、モップの方に集めることができます。

普通にホコリを払っても、飛び散ってしまったり、それがまた付着したりするので、なかなかきれいになりません。

しかし、ホコリを引き寄せるモップがあれば、とても効率よく掃除をすることができるのです。

また、テレビ台の方は、柔軟剤を薄めたものに布巾を浸し、丁寧に拭き掃除を行うようにしましょう。

柔軟剤には、衣類の静電気を防ぐ効果があるので、それをうまく利用するのです。

この方法なら、液晶テレビの周囲に静電気が発生しなくなり、ホコリをしっかりと防ぐことができます。

まとめ

液晶テレビを汚してしまうものは、日常の中に多くあります。

そのため、汚れを防ぐための対策をすることは、とても重要なのです。

画面に汚れが蓄積されると、映像の見え方に影響が出てしまいます。

また、ホコリが多くたまった状態で使っていると、故障の原因にもなるのです。

そうしたデメリットを防ぎ、快適にテレビを使うためにも、対策のポイントをしっかり押さえて、適切な使い方をしていきましょう。

スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 液晶テレビ