おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

*

液晶テレビを狭い部屋に置くときのコツは?うまく設置するための4つのポイント

   

【2017年グッドデザイン賞受賞】ロータイプ・背面収納付 壁よせTVスタンド 〔WALL ウォールロー〕 ホワイト

液晶テレビを使う部屋は、人によってさまざまです。

とても広い部屋で余裕をもって使う人もいれば、狭い部屋でも自分なりに工夫して、快適な空間を作っている人もいます。

しかし、狭い部屋に置くときは、なかなか思うようにできなかったりするものです。

そんなときは、狭い場所に置くためのコツを押さえておきましょう。

では、設置する際の4つのポイントについて、詳しく説明していきます。

私が絶対おすすめする液晶テレビランキングはこちら

スポンサーリンク

サイズと視聴距離に注意

液晶テレビを狭い場所に設置するなら、商品を選ぶ段階から注意しておく必要があります。

場所が狭いときは、それに適したサイズの液晶テレビを選ぶことが大切です。

もし合わない商品を選んでしまった場合は、いろいろと不具合が出てきます。

例えば、狭い部屋に大型のテレビを置いてしまうと、十分な視聴距離を確保することができなくなるのです。

液晶テレビは、基本的に離れて見るものであり、あまり近くで見てはいけません。

視聴距離が近すぎると、目に大きな負担がかかってしまいます。

その状態で使い続けるようなことがあれば、やがて視力にも悪影響を及ぼしてしまうのです。

また、映像の美しさを維持する意味でも、視聴距離は大切なポイントになります。

デジタル映像は点の集合なので、ある程度は距離をとっておかないと、どうしても粗が目立ってしまい、ざらつきのある映像に見えるのです。

なめらかで美しい映像を楽しむためには、適切な距離をとって見なければなりません。

しかし、部屋に合わない大きさの商品では、それが難しくなってしまいます。

画面が大きければ、それだけ距離も多く確保しなければなりませんが、狭い部屋ではスペースを確保できないのです。

狭い部屋なら小さい商品を

狭い部屋に液晶テレビを設置するなら、その部屋に相応しいコンパクトなサイズがおすすめです。

小さいサイズのテレビなら、それほど離れて見る必要はありません。

適切なテレビの視聴距離は、画面の高さを3倍にした長さです。

それくらい離れておけば、目にかかる負担は少なくなり、映像の美しさを損なうこともなくなります。

小さい液晶テレビなら、確保すべき視聴距離はぐっと短くなるため、狭い部屋でも設置しやすくなるのです。

大きいサイズにしたいなら4K

狭い部屋には、なるべく大きすぎないサイズが適していますが、中には、「画面は大きい方がよい」と考える人もいます。

確かに、サイズの大きい画面は、迫力や臨場感が違ってくるものです。

その点を優先したい場合は、狭い部屋でも大きいサイズを設置したくなりますが、そうなると粗が目立ってしまい、きれいな映像を見ることができません。

しかし、4Kの液晶テレビを選択しておけば、その点はクリアできます。

なぜなら、非常に高画質な4Kの商品は、通常の商品の半分くらいの距離で見ても、十分にきれいな映像を楽しむことができるからです。

4Kは画素数がとても高いので、近くで見たときでも、ざらつきのない高精細な映像になります。

そのため、狭い部屋に大きな液晶テレビを設置したいなら、ぜひ4Kを選んでおきましょう。

ただし、あまり距離が近すぎると、目の負担を軽減することはできないので、その点には注意してください。

4Kでも、ある程度の距離は必ずとっておくことが大切です。

私が絶対おすすめする液晶テレビランキングはこちら

スポンサーリンク

壁掛けにすると部屋が広くなる

液晶テレビを狭い部屋に設置するときは、「スペースが足りない」という事態が起こりやすくなります。

なんとか狭い部屋に設置したとしても、液晶テレビがあることで、さらに狭くなってしまうようでは、快適に使うことができません。

したがって、余裕をもって設置できるように工夫する必要があります。

そこで注目したいのが、テレビ台です。

液晶テレビをテレビ台の上に置くのは、多くの人が行っている一般的な方法ですが、狭い部屋だとデメリットになることもあります。

テレビ台があることで場所をとってしまい、部屋がより窮屈になるのです。

こうしたデメリットを解消するには、思い切ってテレビ台をなくしてしまう方法もあります。

そのひとつが、液晶テレビを壁掛けにすることです。

壁掛けは場所をとらない

液晶テレビを狭い部屋に設置するなら、壁掛けにすることは、おすすめの方法になります。

壁掛けにしておけば、設置のためにテレビ台を使う必要はなくなり、その分のスペースを広く確保することができるのです。

狭い部屋の中で無理にテレビ台を使っても、下手をすると歩くスペースまで圧迫してしまう可能性があります。

液晶テレビのために生活空間まで狭くしてしまうようなら、通常のテレビ台を使った方法にこだわらず、壁掛けもぜひ検討してみてください。

ただし、壁掛けをするためには穴を開ける必要があるので、賃貸だと難しくなります。

壁掛けにしたいときは、その部屋で本当に可能かどうか、確かめてから設置するようにしましょう。

床置きで余裕のある空間に

テレビ台を使わない設置方法なら、床置きにしてしまうのも、おすすめの方法です。

液晶テレビをテレビ台に乗せれば、それだけ位置が高くなりますが、狭い空間の中に高さがあるものを置くと、圧迫感を感じてしまいます。

これは、液晶テレビを狭い部屋に設置するのであれば、避けたいポイントです。

もともと狭い部屋で、さらに圧迫感を感じるようでは、見た目にも窮屈な印象が強くなってしまいます。

これを防ぐには、テレビ台を使わず、床に設置してしまいましょう。

そうすると、液晶テレビの位置がぐっと低くなるので、上の空間が空き、部屋を広く感じることができます。

床に座る人ならおすすめ

液晶テレビを床に置くといっても、位置が低すぎれば、画面が見づらくなってしまうこともあります。

そのため、いつも椅子に座ってテレビを見る人には、あまり向かない方法です。

床置きが適しているのは、床に座る人になります。

テレビを床に座って見る人の場合、テレビ台を使った置き方では、画面の位置が上になりすぎて、下から見上げることになりますが、それは目が疲れやすい角度です。

一方、床置きにする方法だと、画面が自分の目線に近くなり、ちょうどよい角度になります。

したがって、部屋が狭く、なおかつテレビを見るとき床に座っている人は、ぜひ床置きを検討してみましょう。

それなら、狭い部屋でも広く感じることができます。

他の家具をテレビ台に利用しよう

狭い部屋に液晶テレビを設置するとき、テレビ台を使うとしても、工夫次第ではスペースの節約が可能になります。

そのためには、他の家具をテレビ台の代わりとして使う方法がおすすめです。

例えば、本棚や収納ボックスなど、ある程度の強度があるものなら、その上に液晶テレビを乗せておくことができるので、十分にテレビ台として機能してくれるのです。

テレビ台と本棚を別々に用意すれば、それだけ狭い部屋の中は窮屈になります。

しかし、テレビ台と本棚が同じものであれば、かなりスペースを節約することができるのです。

また、本棚に収納できるのは、本だけではありません。

棚の中に小物を入れておくこともできるので、テレビ周辺のリモコンなどを整理するためにも役立ちます。

狭い部屋のスペースを少しでも広げるには、こうした工夫にも注目しておきましょう。

まとめ

液晶テレビは、普段の生活に欠かせないものですが、これを狭い部屋で使うためには、うまい設置方法を考える必要があります。

部屋が狭いと、視聴距離を確保できなかったり、部屋がより窮屈になってしまったりと、いろいろとデメリットが出てくるので、注意して設置しなければならないのです。

そんなときは、ここで紹介したポイントを参考にしてみてください。

最適な方法を見つければ、狭い部屋でも快適にテレビを見ることができます。

スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 液晶テレビ