おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

*

液晶テレビを眩しく感じたら?画面の明るさで注意すべき4つのポイント

   

ハイセンス 32V型 液晶 テレビ  HJ32K3120 ハイビジョン 外付けHDD録画対応 裏番組録画 メーカー3年保証

液晶テレビを使っていると、画面の明るさに違和感を感じることがあります。

もし眩しく感じるようなときは、無視せずに設定を変えましょう。

画面が眩しいときは、明るさの設定が合っていない可能性があります。

液晶テレビは、明るさの変更ができるようになっているので、適切な値に調節して使うことが大切です。

では、画面の明るさで注意しておきたい4つのポイントを紹介していきましょう。

私が絶対おすすめする液晶テレビランキングはこちら

スポンサーリンク

新しく買ったら調節を

液晶テレビの映像は、暗いよりも明るい方が見やすくなり、きれいに感じるものです。

そのため、液晶テレビを店頭に並べるときは、通常よりも明るめの設定にして、見映えをよくする場合があります。

しかし、その明るさは、あくまでも店頭できれいに見せるための設定です。

家庭で普通にテレビを使う場合には、眩しさを感じてしまうことが多くなります。

液晶テレビは、使う場所に合わせて、適切な明るさに調節しなければならないのです。

ところが、買ってきたばかりの液晶テレビは、店頭での設定のままになっていることがあります。

それを知らずに設定を変えないまま使っていると、明るさが合っていないために、眩しくなってしまうのです。

明るさは必ず確認する

液晶テレビを初めて使うときは、まず明るさを確認して、調節を行いましょう。

明るい設定のままになっているようなら、使う部屋の明るさに適した値まで下げなければなりません。

また、適切な明るさというのは、その場所によって違います。

つまり、買ったときの設定が極端に明るいものでなかったとしても、テレビを見る部屋に合っているとは限らないわけです。

そのため、明るさは必ず調節することをおすすめします。

適度な明るさで使えば、眩しさを感じることはありません。

私が絶対おすすめする液晶テレビランキングはこちら

スポンサーリンク

コントラストに注意しよう

眩しさを感じる原因は、単に明るさの問題だけではありません。

画面のコントラストが高すぎる場合も、眩しさを感じることが多くなります。

コントラストとは、暗い部分と明るい部分の差をはっきりさせるものです。

このコントラストが高くなっていると、暗いところはより暗く、明るいところはより明るく見えるようになります。

その差が曖昧な状態だと、メリハリのない映像になってしまいがちですが、コントラストを上げておけば、くっきりとした見やすい映像になるわけです。

しかし、コントラストを上げすぎていると、明るい部分を必要以上に強調することになってしまうため、どうしても眩しさを感じやすくなります。

コントラストの高さは見やすさにつながることから、「高ければ高いほどよい」という勘違いをしてしまうこともありますが、むやみに上げるのは避けるべきです。

大切なのは、その部屋に合わせた設定なので、自分が最も見やいと感じる値を意識して調節しましょう。

明るさと合わせて調節する

コントラストの調節は、明るさの調節とセットで行うのがおすすめです。

両方を慎重に変えていくことで、ちょうどよい明るさを見つけることができます。

ただ明るさを下げても、逆に暗くなりすぎてしまうことがあるため、明るさの調節だけを行うのはよくありません。

明るすぎる画面と同じく、暗すぎる画面も、とても見にくくなってしまうのです。

しかし、明るさだけでは対応できないときでも、コントラストを一緒に調節すれば、暗くなりすぎる心配はありません。

明るさを下げすぎて見にくくなるようなら、コントラストの方を下げてみましょう。

すると、明るさを抑えつつも、見やすい映像にすることができます。

目の負担を軽減しよう

液晶テレビの画面を眩しく感じるときは、目が疲れている証拠でもあります。

ずっと画面を見続けていると、どうしても目に負担をかけてしまうので、眩しさだけでなく、痛みを感じたり、目がかすむこともあるのです。

そのため、あまり長時間テレビを見るのはやめましょう。

何時間も続けて見るのではなく、時間を決めて適度に見ることが大切です。

もし長く見るのであれば、ずっと画面を見続けるのではなく、ときどき休憩することをおすすめします。

休憩を入れずに見ていると疲れは蓄積されるばかりですが、休む時間を設ければ、負担を減らすことができるのです。

そして、休憩するなら、なるべく遠くの景色を見るようにして、画面を見て酷使した目を休めるようにしましょう。

また、画面を見続けると、まばたきが減ってしまうことも多いので、目が乾きすぎないように、目薬を使うことも大切です。

こうした対策は、液晶テレビだけでなく、パソコンの画面やスマートフォンの画面でも必要になります。

ブルーライトの対策

液晶テレビやパソコン、スマートフォンなどの画面からは、ブルーライトが出ています。

これは、目に負担をかけてしまう大きな原因です。

ブルーライトは、太陽の光にも含まれている強い光なので、あまり浴び続けていると網膜が刺激され、視力を低下させる恐れがあります。

また、睡眠のためのホルモンを抑制してしまう働きもあるため、睡眠不足になることもあるのです。

このブルーライトは、明るい画面から多く出てしまうため、明るすぎる設定でテレビを見ることは避けてください。

先述のように明るさを適度に調節しておけば、ブルーライトを軽減することができます。

また、ブルーライトをカットする眼鏡を使うのもおすすめです。

主にパソコンの作業などで多く用いられていますが、液晶テレビのブルーライト対策にも、優れた効果を発揮してくれます。

適度な明るさに調節し、この眼鏡も併用しておけば、ブルーライトの刺激を大幅に減らすことができるのです。

液晶テレビを長持ちさせるために

液晶テレビは、普段の生活で頻繁に使用する家電製品のひとつであり、劣化に注意しなければなりません。

劣化を早めてしまうものは、日常の中には多くあります。

部屋の湿気や蓄積した埃、何度も繰り返される電源のON・OFFなどによって、液晶テレビには負荷がかかり、だんだん劣化していくのです。

そして、劣化の原因の中には、画面の明るさもあります。

画面が明るいということは、液晶テレビのバックライトを酷使している状態です。

バックライトが画面を照らすことで、液晶テレビは映像を映していますが、酷使しすぎて劣化した場合は、映像を正しく映すことができなくなってしまいます。

このバックライトを劣化させないためには、明るすぎる設定を控えなければなりません。

適度な明るさにしておけば、バックライトが極端に劣化する心配はなく、長く使うことができます。

つまり、明るさを調節して使うことは、テレビの寿命を延ばすことにもなるわけです。

不具合を防ぐ

明るさを抑えて液晶テレビの劣化を遅らせれば、画面が急に暗くなったり、縦に線が入ったりする不具合も防ぐことができます。

そうした液晶テレビの不具合は、バックライトの劣化によるところが大きいため、明るさを調節することが、よい対策になるのです。

暗くなったり線が入ったりする症状があると、高額な修理費が必要になったり、無理に自分で直そうとして失敗したりと、さまざまなデメリットも出てきます。

それを避けるためにも、普段から明るくしすぎないように注意して使いましょう。

まとめ

液晶テレビは、現代の生活では必需品となる商品ですが、その使い方には注意しなければなりません。

必要以上に明るくして使ったりすると、目に余計な負担をかけたり、劣化を早めることになってしまいます。

そのためには、ここで紹介したような注意点を常に意識して、適度な明るさを保つようにしてください。

眩しさを感じない設定にしておけば、人の目にもテレビ本体にも優しい使い方ができます。

スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 液晶テレビ