おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

*

液晶テレビを買うならばグレアとノングレアどちらが良い?

   

液晶テレビにはグレアパネルのものもあれば、ノングレアパネルのものもあります。

だから、液晶テレビを買う際にはそのどちらが採用されているものを買うべきなのか、しっかりと検討しないとなりません。

でも、実際問題ノングレアパネルとグレアパネルは、どちらの方が良いのでしょうか?

ここではそんな、グレアパネルとノングレアパネルのどっちが優れているのかを見ていきます。

私が絶対おすすめする液晶テレビランキングはこちら

スポンサーリンク

グレアパネルとノングレアパネルは何が違うか

先ずそもそも、グレアパネルとノングレアパネルで何が違うのかと言う事を見ていかないと、そのどちらが優れているのかを把握することは難しいです。

ノングレアパネルとグレアパネルの違いを説明出来ない方は意外と多いのではないでしょうか?

でもその違いは、そんなに難しいものではありません。

グレアパネルは光沢がある

簡単に言えば、グレアパネルとは光沢がある液晶になります。

光沢があるということは、その分画質が綺麗に見える事が多いという事です。

画質が綺麗に見えるというのは、液晶テレビとしてはすごく大きなメリットになります。

だから、これだけ見るとグレアパネルの方が良いのではないかとも思えるものです。

ノングレアパネルはマットな質感

対してノングレアパネルはマットな質感の液晶になります。

マットな質感の液晶テレビがあるということは、マットな質感にはそれの良さがあるということです。

ある程度画質を犠牲にしてでも、そういうマットな質感を採用していることは、どのようなメリットがあるのでしょうか?

私が絶対おすすめする液晶テレビランキングはこちら

スポンサーリンク

ノングレアパネルは目が疲れづらい

光沢がないマットな質感のノングレアパネルのメリットは、目が疲れづらいという事です。

液晶テレビは、長く見ていると目が疲れてしまう事があります。

光を放つものを見ているわけなのですから、目が疲れてしまうのは仕方ありません。

でも、ノングレアパネルであれば、その疲れがあまりないのです。

それは、単に光沢が無くて、光やいろみが強くないからということだけが理由なわけではありません。

反射がなくて見やすいからでもある

ノングレアパネルは、グレアパネルに比べて反射がありません。

反射がないというのは、映り込みをしないという事です。

たとえば、学校でパソコンを使用している時とか、会社でパソコンを使用している時を思い浮かべてみてください。

画面に反射して自分や後ろにいる人がうつったりしたことはないでしょうか?

ノートパソコンではノングレアの画面も多いですから、そういうシーンはあまりないかもしれません。

でもデスクトップPCで使う様な液晶モニタでは、グレアの物がたくさんありました。

だから、そういう経験をしたことがある方も多いのではないでしょうか。

そんな映り込みがある液晶テレビを見ていると、シーンによっては映り込みが激しくて良くテレビが見えないというような状況になる事がでてきます。

そうして画面が見えづらくなると、やはり目を酷使するようになってしまいます。

結果、目が疲れるようになるのです。

普段目を酷使している人は要注意

最近では、仕事でパソコンやスマートフォンを長時間使用しているという方も多いでしょう。

別段IT系の仕事をしているわけではなくとも、仕事で何もデジタルな物を使用しないということはなくなってきている時代です。

だから、長時間パソコンやスマートフォンを使用している人は多いはずです。

当然ながらパソコンやスマートフォンを長時間使用していると、それに伴って目もすごく疲れていきます。

そんな風に日中目に負担をかけていた人が、家に帰ってきてからも液晶テレビのせいで目に負担をかけていたらどうでしょうか?

日に日に目が悪くなることだって考えられます。

時にはきちんと目を休ませてあげることが大切です。

そう考えると、目に負担が少ないノングレアの液晶テレビは、すごく魅力的に見えます。

グレアは映画やドラマが見やすい

グレアパネルの液晶テレビは、映画やドラマが見やすいというメリットがあります。

そもそも画質が綺麗なわけですが、ノングレアの液晶テレビとグレアの液晶テレビには、もう一つ大きな違いがあるのです。

それが、コントラストです。

ノングレアの液晶テレビは、コントラストが薄めです。

だから、全体的にぼやけた印象になる事があるのです。

対してグレアの液晶テレビは、コントラストがパキッとしています。

それは、暗い画面を見る際に力を発揮します。

では、暗い画面が頻出するのはどうようなテレビプログラムでしょうか?

暗い画面がよく見られるものと言えばやはり、映画やドラマです。

バラエティ番組は、これでもかと言うくらいにセットを華やかにしているものが多いですし、暗い画面では赤外線カメラのようなものを利用してすごく明るい画面にしているものが多いです。

でも映画やドラマはそんなことがありません。

暗いシーンが頻繁にでてくるのです。

だから、そういう番組を良く見るのであれば、グレアパネルの液晶テレビの方が合っているということになります。

バラエティも綺麗に見える

また当然バラエティ番組でも綺麗に見えるようになります。

バラエティ番組にも、色々な物があります。

たとえば、スタジオ収録系のバラエティ番組であれば、別段あまり綺麗に見る必要はありません。

しかし、世界を回る系の番組ですとか、絶景を見せてくれる系の番組では、より綺麗に見えた方が楽しみやすいです。

このように、ドラマも映画もバラエティもより楽しめる可能性が高いのですから、基本的にはテレビが好きな方にとっては、グレアパネルの方が合っています。

グレアパネルは傷がつきやすい

ただグレアパネルには、一つ欠点があります。

正確には一つではなく、ノングレアパネルの方が目が疲れづらいのですから、グレアパネルは目が疲れやすいということになり、それも欠点にはなります。

でもそれは言わずもがなでしょう。

それではなく、また別の欠点があるのです。

それが、傷が付きやすいという点です。

マットな質感の液晶テレビは、軽くふいたりしてもあまり傷はつきません。

しかしグレアパネルの液晶テレビの場合には、それをふいたりすると傷がつくことがあるのです。

傷がついてしまうと、当然テレビをつけた時にその傷が気になって話が入ってこないことがでてきます。

バラエティ番組などの明るい画面であれば、まだその傷も目立たないかもしれません。

でも、暗い画面になった時に、映り込みとともにそれが目立つようになり、すごく気になる事もでてきます。

だから、より慎重に扱わないとならないというデメリットがあるのです。

慎重に扱えば良いだけ

ただ慎重に扱わないとならないということは、言い換えれば慎重に扱えば問題ないということになります。

別に慎重に扱えば問題ないのであれば、慎重に扱えば良いでしょう。

最初は確かに慎重に扱うのは大変かもしれません。

でもそれに慣れてしまえば、何も意識しないでも慎重に扱うようになります。

だから、確かにノングレアパネルと比べるとデメリットにはなりますが、これが原因でおすすめできなくなるというほどのデメリットではありません。

まとめ

結局液晶テレビはノングレアパネルのものとグレアパネルのものどちらが良いのでしょうか?

それは、一概には言えないというのが結論です。

たとえばノングレアパネルが合っている方もいますし、グレアパネルが合っている方もいますから。

なのでたとえば、目の環境とか、あるいはテレビをどのくらい楽しみたいかとか、そういうことをよく考えて判断してください。

スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 液晶テレビ