おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

*

液晶テレビを選ぶ場合には事前に予備知識を習得して選ぶことが重要

   

三菱電機 32V型 液晶テレビ REAL(リアル) LB8シリーズ LCD-32LB8

液晶テレビには、テレビを見るだけではく、その他の機能についても理解をしておくようにすることが重要です。

液晶の能力はもちろん、録画を行う機能やスピーカーの機能など、細部にまでこだわって購入することで失敗を防ぐことができます。

そのためには、さまざまなメーカーのさまざまな機能を理解していきましょう。

できる限り時間をかけて選ぶことも重要です。

私が絶対おすすめする液晶テレビランキングはこちら

スポンサーリンク

テレビの選び方

画面サイズはまず確認する項目

液晶テレビなどを選ぶ場合には、まずはどのようなポイントから重視するべきでしょうか。

さまざまな選ぶポイントがありますが、中でも画面サイズはまず最初に考えなければならないポイントです。

液晶テレビを画面サイズから選ぶ場合、多くの人は大きければ良いと言う考えになってしまいがちですが、決してこのような考え方は持たないようにすることが重要です。

狭い部屋に設置する場合、大きすぎる画面サイズの場合には間違いなく見辛くなってしまい、画面酔いなどを起こす可能性もあります。

また、小さすぎる画面サイズの場合には、離れて見たときには見辛くなってしまいます。

一般的な基準として、6畳ほどの部屋の場合には最大で29インチほどの画面サイズが良いとされています。

12畳程度の部屋広さを確保できるのであれば、49インチほどのサイズでも違和感なく設置させることができます。

設置をした後に見え辛いというトラブルにならないように、こうした基準は必ず確認をすれば失敗を防ぐことができます。

液晶の画面の光沢で選ぶ

液晶テレビの光沢は、テレビ自体の存在が大きく変わってくる部分なので、しっかり吟味して選ぶことが重要です。

光沢がはっきりしているタイプは、その分画面自体が綺麗に見えるメリットがります。

テレビを付けていないときにも、部屋に置いてあるだけで高級感を感じることができるメリットもあります。

しかし反面、テレビを見ているときには状況によっては部屋の物などが写り込んでしまう場合があります。

非光沢タイプは普通の画面の映り方をしますので、目立って特徴を感じない面はありますが、反射がないために映り込みなどの心配はありません。

どちらを選ぶかは、まさに好みの問題になりますが、自分がテレビを見る状況などと照らし合わせて選ぶことが重要です。

バックライトで選ぶ

最近のバックライトは、基本的にはLEDライトになっています。

しかし、このLEDライトにもさまざまな方式が採用されており、大きく分けて直下型とエッジ型とに分類されています。

直下型は画像がムラなく表示できると言うメリットがあり、中級クラスから上級クラスのテレビに多く見られる方式です。

そして、エッジ型は画面の枠にのみLEDライトを配置して映し出す方法を採用しているため、画像にムラが出やすくなります。

しかし、省エネにとても効果があることや、価格をとても安くできるメリットがあります。

これもどのようなテレビを購入するかで大きく変わってきますので、しっかり検討する必要があります。

機能性も重視する

また、液晶テレビには欠かせない機能性についても選ぶ基準にするべきです。

液晶テレビはただテレビを見るためだけではなく、ハードディスクなどが内蔵されているタイプや、録画のことを意識してチューナーが内蔵されているタイプなど、機能性にも大きな差があります。

とくに重要なポイントになってくるのが、チューナーの数です。

チューナーの数によっては、同時刻に録画ができる番組数が変わってきますので、頻繁に録画を行う機会がある人は、間違いなく少しでもチューナー数を多いテレビを選ぶことが大切です。

価格帯が大きく変わってきますが、こうした部分は後から追加し辛い機能なのでしっかり重視して選ぶことが重要です。

私が絶対おすすめする液晶テレビランキングはこちら

スポンサーリンク

液晶テレビのおすすめ

大きすぎないテレビが良い

液晶テレビは、どうしても大きめのサイズの方が良いと感じてしまうでしょう。

部屋のサイズに合わせて選ぶことが重要ですが、それでも極力小さめのサイズの方が実際は見やすいと言えます。

大きなテレビは圧迫感が強くなり、迫力は感じることができますが、どうしても疲れやすくなってしまいます。

長時間、楽に見ることができるのは、少し小さめのサイズの方が有利です。

用途に合わせて選ぶ場合

テレビゲームなどで使用する場合

液晶テレビは、画面がどれだけスムーズに切り替わるかをメインに選ぶことも大切です。

早い動きに付いていけず、チラツキを感じるようではとても疲れを感じやすくなります。

とくにゲームなどを頻繁に使用する人には、この画面速度は必ず重視しましょう。

また、スポーツ観戦を頻繁に行う人も、この画面速度は重視することがベストです。

とくに液晶テレビはもともとチラツキが発生しやすいので、こうしたデメリットを排除した物を吟味して選ぶことが大切です。

少し効果になったとしても、こうした外せないポイントは必ず持っておきましょう。

おすすめの液晶テレビメーカー3選

ソニー

ソニー SONY 32V型 ハイビジョン 液晶テレビ ブラビア (2017年モデル) KJ-32W500E

BRAVIAモデルで世界から注目されているソニーの液晶テレビは、画質にこだわりを持った、ハイスペックモデルが多いことで知られています。

滑らかな画面は、どのような映像を見ても満足できるレベルです。

また、ソニーはもともとスピーカーのサウンドについても力を入れてきたメーカーなので、付属されているスピーカーはどれもハイスペックになっています。

とてもバランスの良い性能を提供してくれるので、液晶テレビの購入に迷った場合にはソニーをおすすめします。

パナソニック

パナソニック 32V型 液晶テレビ VIERA ハイビジョン ダークシルバー TH-32ES500-S

パナソニックの液晶テレビと言えばVIERAです。

パナソニックのVIERAは、厳しい液晶テレビの国際基準をいち早くクリアしたメーカーとしても知られており、その信頼度はとても高いと言えます。

また、独自に開発された機能がとても多く、パナソニックにしかない魅力も多くあります。

さまざまなカラーの表現がとても良く、どの角度から見ても綺麗に見える性能は、一度体感すると他のテレビは見れないと言う人もいるほどです。

ワンランクレベルの高い液晶テレビを求めている人にはおすすめです。

三菱電機

三菱電機 32V型 液晶テレビ REAL(リアル) LB8シリーズ LCD-32LB8

三菱電機の液晶テレビは、画面がとても綺麗なだけではなく、さまざまな機能が付いていることで有名です。

中でも無線ランを使用したテレビの操作などはとても有名で、さらにリモコンを利用して画面の角度を変えることができる機能なども付いています。

また、USB端子にHDDを接続させることで、驚くほど簡単に録画をした番組が移動できることも大きな魅力です。

こうした使い勝手の良い機能を求めている人であれば、間違いなく三菱電機の液晶テレビはおすすめです。

そして耐久性に優れている機器を多く使用しているため、長期間愛用することができる魅力もあります。

他の液晶テレビメーカーにはない魅力が多く詰まっている三菱電機は、日本でもあまり馴染みがないように感じるかもしれませんが、どのような液晶テレビを選ぶべきか分からなくなった人は、まずはこの三菱電機の液晶テレビを確認してみましょう。

まとめ

液晶テレビの購入は、頻繁にできることではありません。

決して安い買い物ではないため、できる限り購入する前にはしっかり調べておくことが重要です。

液晶テレビの価格だけではなく、画面サイズなどのスペックなどについても必ず事前に確認しておく必要があります。

そして、他のメーカーの物とも比較できるようにさまざまな知識を習得しておきましょう。

スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 液晶テレビ