おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

*

液晶テレビを長持ちさせるためにはどのように使っていけば良い?

   

液晶テレビを購入したら、できるだけ長持ちさせたいものです。

故障してしまうと、修理代も高くついてしまいます。

また液晶テレビの値段は少しずつ下がってきましたが、買い替えるとなると、お金がかかります。

液晶テレビは上手に使っていけば、できるだけ長持ちさせることができます。

ここでは液晶テレビを長持ちさせる方法について、説明します。

私が絶対おすすめする液晶テレビランキングはこちら

スポンサーリンク

液晶テレビのホコリをこまめにふき取る

家電製品はホコリに弱い面があります。

液晶テレビを長持ちさせるため、ホコリの手入れをどのように行っていけばよいのか、理解しておくことが大切です。

ホコリが付着すると寿命が短くなりやすい

液晶テレビも他の家電製品と同様、ホコリに弱い面があります。

ホコリが付着している状態が長くなると、それだけ寿命が短くなるので注意が必要です。

できれば毎日の掃除の時、ホコリを拭き取ることが大切です。

ホコリは拭き取っても、あっという間に付着します。

またホコリが付着すると、見た目が良くないです。

せっかくテレビを見るというのに、ホコリがたくさん付着していると、気分も乗らなくなってしまいます。

そのためテレビのホコリに気づいたら、こまめにふき取ることも大切です。

液晶テレビをできるだけ長持ちさせたいというような人に、おすすめの方法です。

テレビ画面の他に背面の手入れも重要

液晶テレビのホコリは、やはり画面が一番気になるという人が多いです。

そのためテレビの手入れは、画面だけに目がいってしまいがちです。

もちろん映像を映し出す画面の手入れは、とても大切なことです。

でもテレビの背面の手入れも重要です。

意外とおろそかになってしまう場所なので、定期的に手入れをすることが重要です。

特にテレビの背面は、接続端子や溝になっている部分に、ホコリが付着しやすいです。

細かい部分もしっかりふき取っておくことが大切です。

その際テレビを傷つけないように、手入れを行うようにします。

テレビの後ろもしっかり掃除する

液晶テレビの背面を拭くだけでなく、テレビを少し動かして、後ろ側もしっかり掃除をすることが大切です。

周囲が汚れていると、テレビも影響を受けることがあります。

またテレビ本体だけでなく、コードや壁にもホコリが付着しやすいので注意が必要です。

クリーニングクロスや掃除機を使って、綺麗を保つことが重要です。

リモコンのホコリもしっかりふき取る

液晶テレビはリモコンを使って、操作することがほとんどです。

テレビ本体だけでなく、リモコンの手入れも忘れずに行うことが大切です。

リモコンにもホコリが付着しやすいので、しっかりふき取っておく必要があります。

私が絶対おすすめする液晶テレビランキングはこちら

スポンサーリンク

液晶テレビは窓際を避けて安定した場所に置く

液晶テレビをできるだけ長持ちさせるために、テレビの置き場所にも気を配ることが大切です。

では避けた方が良い場所はどこなのか、説明します。

窓際にテレビを置くと結露の影響を受けやすい

液晶テレビを窓際に置いているという家庭もあります。

でもできれば窓際は避けた方が良い場所です。

特に寒くなると、窓際では結露が気になります。

液晶テレビも、この結露には十分な注意が必要です。

テレビを窓際に置いてしまうと、結露の影響を受けてしまうことがあるからです。

テレビのコードに結露の影響を受ける場合も

テレビの中でも目につきやすい画面に、結露がついていなかったとしても、別の場所についている可能性があります。

特に気を付けなければいけないのが、テレビのコードです。

結露は下にたまりやすいです。

そのためテレビのコードが窓際の近くにあると濡れていた、というケースもあります。

しかも後ろに隠れていると、なかなか気づかないこともあり、そのままにしてしまうこともあります。

すると液晶テレビが劣化しやすくなるので注意が必要です。

雨の影響を受けることも

液晶テレビが窓際にあると、雨の影響を受けることがあります。

網戸にしていて、突然雨が降ってきた時は大変です。

特に雷雨の多い季節は注意が必要です。

また雨の日でも窓を開ける機会はあります。

気を付けていても、雨が吹き込んでしまい、液晶テレビも影響を受けることがあります。

液晶テレビを長く使っていくために、窓際にはできるだけ置かないようにすることが大切です。

安定した場所に置いてできるだけ振動を与えない

また液晶テレビは安定した場所に置くことが大切です。

液晶テレビはだいぶ丈夫になりましたが、安定感のない場所に置いておくと、衝撃を受けやすくなります。

サイズに合わせて、市販のテレビ台などを利用すると安定しやすいです。

また液晶テレビの近くでは、できるだけ振動を与えないようにすることが大切です。

液晶テレビは湿気の多い場所に置かない

家電製品はテレビに限らず、湿気に弱い面があります。

液晶テレビも湿気から守ることは大切です。

具体的にどのようなことに気を付ければ良いのか、説明します。

キッチンの近くは避ける

結露や雨以外でも、液晶テレビを湿気から守ることは大切です。

湿気がある場所を避けて、液晶テレビを置くことが重要です。

リビングに液晶テレビを置く家庭が多いです。

部屋の間取りは様々ですが、キッチンからできるだけ離れた場所に置いた方が良いです。

料理中の湿気の影響を受けやすいからです。

湿気が出やすい炊飯器や、ポットなどの位置も考慮することが大切です。

テレビがある部屋でお鍋をする人は注意が必要

液晶テレビを見る時は、距離が近すぎると良くないです。

適度な距離を保って見ることが大切です。

テレビを見ながら食事をする時もあります。

でもお鍋をテレビのある部屋でよくする人は、湿気による影響を受けやすいので注意が必要です。

テレビとテーブルの距離を、よく考慮しておくことが大切です。

加湿器を液晶テレビの前に置かない

冬は乾燥しやすくなる季節です。

いろいろな方法で部屋の乾燥対策をする人がいますが、中には加湿器を使う人もいます。

加湿器は湿気を発生させるので、液晶テレビの近くに置かないようにすることも重要です。

液晶テレビは無駄な使い方をしない

液晶テレビは使いすぎると劣化しやすくなるのか、とても気になることです。

できるだけ長持ちさせるような使い方を、理解しておくことが大切です。

テレビのつけっ放しは避けて無駄にしない

テレビが好きな人は、それだけ見る時間も多くなります。

すると気になるのはテレビの劣化です。

もちろん使っていく回数が多いほど影響は受けやすくなりますが、それ程気にする必要はありません。

でも見ていないのに、つけっ放しにするのは避けるようにします。

節電という意味でも良くないですし、無駄になってしまいます。

液晶テレビは必要な時に必要なだけ使う意識を持つ

またどの家電用品にも言えることですが、何度もテレビをつけたり、消したりするのを繰り返すことは良くないです。

テレビも「ON」にするたび、電力を消費する形になります。

もちろんテレビを見たい時につけて、必要でない時は消しておくことは重要です。

でも用もなく何度もつけたり消したりしないよう、心がけることは大切です。

テレビは必要な時に、必要なだけ使うという意識を持つことが大切です。

まとめ

液晶テレビは放っておくと、ホコリがすぐ付着します。

他の家電製品と同様、液晶テレビもホコリに弱い面があります。

そのためこまめに手入れをすることが重要です。

また液晶テレビは窓際や湿気の多い場所など、避けて置くことも大切です。

さらに衝撃をできるだけ与えないようにして、安定した場所に置くようにします。

液晶テレビをできるだけ長持ちさせたいなら、様々な手入れを行っていくことが大切です。

スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 液晶テレビ