おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

*

液晶モニタが映らなくなったら?原因と対処法について

   

液晶モニタを使っていて、よくあるトラブルのひとつに、「画面に何も映らない」というものがあります。

これは、確かに電源を入れているのに、画面が真っ暗なまま変化がない状態です。

パソコンは動いているのに、接続したモニタに映っていないということもあります。

ここでは、そのような不具合が起こったときの対処法について、原因も含めて説明していきます。

おすすめ液晶モニタ・ディスプレイランキングはこちら

スポンサーリンク

原因

液晶モニタが映らなくなっている場合、対処するには、原因を知らなければなりません。

何が原因で映らないのかわかれば、それに合わせた適切な対処法を見つけることができるでしょう。

では、よくある原因とは、どのようなものがあるのでしょうか。

故障している

映らない原因として、多くの人が思い浮かべるのが、「壊れたのかも」ということです。

確かに、液晶モニタが故障しているのなら、画面が真っ暗な状態になる可能性が高いです。

この場合、映らない症状の他にも、色がおかしかったり、斜線のようなノイズが入ったりすることもあります。

そして、パソコンとモニタが一体ではなく、ケーブルで接続しているものは、接続したパソコンの方が故障していることも考えられます。

液晶モニタが正常に動いていても、そちらに不具合があるなら、画面は暗いままになります。

一時的なもの

故障まではいかなくとも、単純に一時的な不具合という可能性もあります。

特に、パソコンを長い時間使い続けた場合は、静電気で不調が起こりやすいので、それでモニタが映らなくなることがあります。

また、配線を間違えていたり、接触が悪かったりした場合などは、故障ではなくても映らなくなるでしょう。

接触が悪かったり、ゆるんだりしているときは、普通に映っていたものが急に真っ暗になったり、ついたり消えたりを繰り返すこともあります。

おすすめ液晶モニタ・ディスプレイランキングはこちら

スポンサーリンク

一時的な原因の対処法

映らない原因が一時的なものだとすれば、それは、確認作業を行うことで、すぐに解決できる場合が多いです。

もし改善点が見つかったら、そこを直すことで、また映るようになるでしょう。

電源や配線を確認する

まずは、電源がきちんと入っているか、ケーブルがしっかり差し込まれているかを確認します。

そこで直すべきところが見つかり、その結果、普通に映るようになったなら、それは故障ではなく一時的なものだったということです。

電源は、液晶モニタの電源と、パソコンなどの接続している機器の電源を両方確認しましょう。

そのどちらか一方でも入っていなければ、液晶モニタは映らないことになります。

また、ケーブルについては、コンセントを確かめることも忘れてはいけません。

基本的なこととはいえ、これは意外に見落としてしまうことも多いものです。

もしゆるんでいたりすれば、急に映らなくなる場合もあるので、奥まで入っていることを必ず確認しましょう。

別のものにつないでみる

この方法は、不具合を起こしているのが、液晶モニタかパソコンかを判断することができます。

液晶モニタとパソコンが一体でない場合、パソコンに別のモニタを接続することで映ったとしたら、それはモニタのみの故障だったことになります。

逆に、モニタを別のパソコンにつなぐことで解決するなら、それはパソコンの方が故障しているケースです。

このように、取り外しが容易であれば、原因がどこにあるのかも特定しやすくなりますが、どうしてもわからないようなときは、業者に依頼するのがよいでしょう。

放電してみる

パソコンの方に不具合が見つかったとしても、それで故障と判断するのは早計です。

もし静電気が溜まっているなら、それを逃がしてやることで、また映るようになる可能性があります。

長時間使用していた場合は、静電気が溜まりやすいので、この方法も忘れずに試してみましょう。

その際の放電の方法はパソコンによって異なるので、説明書に従って、適切な方法で行うことが大切です。

ただし、この症状が何度も起こるような場合は、故障する前兆かもしれません。

そんなときは、早めに修理することをおすすめします。

故障している場合の対処法

故障している場合に重要となるのは、液晶モニタとパソコンのどちらが故障しているかという点です。

それによっては、対処法も違ってきます。

そのため、まずは上記の方法で、原因がどちらにあるのか確認しておきましょう。

液晶モニタが故障している場合

液晶モニタが故障している場合、ケーブルでつないで使っているなら、モニタだけを修理するか、買い替えることができます。

どちらを選ぶにしても、モニタだけならば、あまり費用をかけずに済むでしょう。

しかし、もしパソコンと一体になったものであれば、そう簡単にはいきません。

一体型で修理できない場合は、パソコンごと買い替えるしかなくなります。

それを防ぐためにも、普段とは違う症状などには注意が必要です。

故障の前兆と思われる不具合があったときは、無理に使い続けず、必要に応じて専門業者に相談しましょう。

パソコンが故障している場合

パソコンの方が故障して映らない場合は、パソコン自体を買い替えるか、修理することになりますが、できれば修理したいところです。

その際、どこが故障しているのかわかれば、自分でも何とか直せる場合もありますが、もし自信がないようなら、不用意に手をつけるべきではありません。

そのような場合、取り返しのつかないことになってしまい、結局は買い替えが必要になるというケースは珍しくないのです。

特に、メモリとハードディスク以外の問題なら、自力での解決は困難です。

無理に修理したりせず、業者の専門的な知識と技術を頼れば、損をすることはありません。

液晶モニタの寿命

液晶モニタの不具合が出た場合、それには、寿命が関係している場合もあります。

そのため、寿命について知っておくのも、大切なことです。

寿命をのばす方法についても知っておけば、故障の対策にもなるでしょう。

液晶モニタはどれくらいもつのか

メーカーの保証期間としては、3年~5年が多い液晶モニタですが、バックライトの寿命が30,000時間である点を考慮すると、10年使い続けることも可能ということになります。

ただし、どれくらい使っているかで、この目安は変わってきます。

例えば、1日2時間くらいしか使わない人と、10時間以上使っている人では、当然、劣化の早さには差が出ます。

さらに、その使い方や環境によっても違ってくるので、普段の使い方には注意する必要があります。

寿命をのばす方法とは

なるべく長く使うためには、まず、電源の頻繁なON・OFFを避けることです。

省エネのために、一定時間経過すると電源が切れる設定にしている人も多いですが、これは、機械にかかる負担を大きくしてしまいます。

そのため、あまり小刻みにON・OFFを繰り返すのはやめましょう。

また、温度差のありすぎる環境も問題です。

急激な温度差があると、結露が発生することで、寿命を縮めてしまうのです。

特に、持ち運びしやすいノートパソコンだと、冬場に外から中へ戻った際、結露ができてしまいます。

そのような場合は、急に起動させたりせず、しばらく室内の温度に馴染ませてから使うようにしましょう。

まとめ

液晶モニタに何も映らなくなったときは、突然のことに戸惑ってしまうこともありますが、そんなときこそ落ち着いて対処することが大切です。

まずは原因について考え、直すべき問題が見つかったら、そこを改善した上で、再度試してみましょう。

壊れたのでなければ、これで解決する場合も多いです。

そして、そうしたトラブルをなるべく避けるためには、ちょっとした異変を見逃さず、注意して使うことが大切です。

スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 液晶モニタ