おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

*

液晶モニタで睡眠不足にならないための方法は?おすすめの対策4選

   

液晶モニタの画面からはブルーライトが出ています。

ブルーライトは、目を刺激することで眼精疲労の原因になったりしますが、実は睡眠にも悪影響を与えています。

眠りを促すメラトニンというホルモンを抑制してしまうため、睡眠不足になる可能性が高いのです。

では、そうならないための対策について、詳しく説明していきましょう。

おすすめ液晶モニタ・ディスプレイランキングはこちら

スポンサーリンク

寝る前に使わない

液晶モニタの画面を見ることによる睡眠不足を防ぐなら、寝る前の使用はできるだけ控えるようにしてください。

布団に入る直前まで液晶画面を見つめて、それから寝ようとしても、なかなか眠ることはできません。

これは、ブルーライトをたっぷり浴びたことにより、メラトニンが少なくない状態になってしまうからです。

眠るときに必要なホルモンが抑えられ、逆に目が冴えてしまうため、いくら眠りたくても、眠気を感じなくなってしまいます。

それを防ぐためには、寝る前に液晶モニタを使わないことが大切です。

メラトニンを抑制する状態が寝る直前まで続いていると、どうしてもすんなりと眠ることができません。

寝る時間が近づいたら、液晶モニタの使用をやめ、メラトニンが正常に働くような状態にしておきましょう。

そうしておけば眠りやすくなるため、睡眠不足を回避することができます。

1時間前には睡眠に備える

液晶モニタの寝る前の使用を避けるといっても、5分前にやめたくらいでは、あまり効果がありません。

画面から離れたあと、就寝するまでの時間が短すぎた場合は、メラトニンが抑制された状態を脱することができず、寝つきが悪くなってしまいます。

確実に睡眠不足を防ぐためには、時間に十分な余裕をもたせておくべきです。

したがって、1時間くらい前には画面から離れるようにしましょう。

1時間くらいしっかり時間を空けていれば、ブルーライトの影響を引きずるようなことはなく、眠りやすい状態にすることができます。

スマートフォンもNG

ブルーライトは、ほとんどの液晶画面から出ている光なので、寝る前のスマートフォンの使用にも注意すべきです。

いくらパソコンの液晶モニタから離れていても、そのあとにスマートフォンの画面を見ていたのでは、ブルーライトの影響を抑えることはできません。

睡眠を妨げないためには、就寝の1時間前になったら、すべての液晶画面を遠ざけておくようにしましょう。

ブルーライトをしっかりとシャットアウトしていれば、睡眠不足を防ぐことができます。

おすすめ液晶モニタ・ディスプレイランキングはこちら

スポンサーリンク

ブルーライトカットの眼鏡をかける

液晶モニタを使うことによる睡眠不足を防ぐためには、ブルーライトの対策が欠かせません。

目に入るブルーライトの量を減らしておけば、それだけリスクは減ることになります。

そこでおすすめなのが、ブルーライトをカットする専用の眼鏡を使うことです。

ブルーライトカットの眼鏡は、レンズのところでブルーライトをガードすることになるため、目に入る量を抑えることができるのです。

そのため、パソコンの液晶モニタを見るときなどは、多くの人から重宝されています。

仕事などで、どうしても寝る前のパソコンの使用を避けられないようなときは、ぜひ使ってみてください。

度が入った眼鏡に追加

普段から度が入った眼鏡をかけている人は、ブルーライトカットの眼鏡を敬遠してしまうことがあります。

ブルーライトカット眼鏡には度が入っていないイメージがあるため、「それをかけたら見えなくなるのでは?」と考えてしまうのです。

しかし、度入りでないと見えない人でも、眼鏡でブルーライトをカットする方法はあります。

度入りの眼鏡には、あとからブルーライトカットの機能をプラスすることができるのです。

それなら、見え方に影響するようなことはありません。

普段使っている眼鏡のまま、しっかりとブルーライトを軽減することができます。

色の変化に注意

ブルーライトカット眼鏡は便利ですが、選び方には注意してください。

カット率によっては、すぐ使わなくなってしまうことがあります。

ブルーライトを防ぐ機能は、カット率が高いものほど優れているものですが、色の見え方が変化することを忘れてはいけません。

カット率が高いと、黄色っぽく見えてしまうことがあるのです。

あまり気にならないようなら問題はありませんが、違和感があるようなときは、無理に使うべきではありません。

色の見え方に不満がある眼鏡をかけていると、かなりストレスがたまります。

そうなると、だんだんと使用頻度が下がり、最終的にはまったく使わなくなる可能性があるのです。

色の違和感があるようなら、カット率が50%くらいのものがおすすめです。

50%だと、ブルーライトのカット機能は若干落ちますが、色の変化によるストレスは感じにくくなります。

継続して使えないものを選んでも意味がないので、自分に合うものを見つけるようにしてください。

保護フィルムを貼る

ブルーライトカット眼鏡は便利ですが、液晶モニタを使うたびに、かけたり外したりすることになります。

それ自体は特に大変な動きというわけではありませんが、何度も繰り返すことになれば、煩わしく感じたりするものです。

しかし、だからといってブルーライトの対策を諦めるわけにもいきません。

そんなときは、保護フィルムを使ってみてください。

液晶モニタの画面に貼る保護フィルムにも、ブルーライトをカットする機能があります。

フィルムを貼る方法なら、一度貼ってしまえば、それ以降はまったく面倒なことがありません。

普通に見ているだけでも、画面から出るブルーライトが少なくなり、睡眠への影響を防ぐことができるのです

画面を見やすく

保護フィルムには、ブルーライトカットだけでなく、反射を防ぐ機能もあります。

非光沢のノングレアタイプを選んでおけば、光が当たっても眩しさを感じにくくなるのです。

画面への映り込みもほとんどないため、とても見やすく、少しくらい使う時間が長くなっても、あまり疲れることはありません。

目の疲労を軽減するためにも、ぜひ試してみてください。

傷を防ぐ効果も

液晶モニタの保護フィルムには、画面を覆うことで、余計なダメージが加わることを防いでくれます。

そのため、細かい傷がつかないというメリットもあるのです。

睡眠への影響を抑えつつ、画面の劣化もできるだけ遅らせたいときは、眼鏡よりもフィルムを使うようにしましょう。

明るさを抑える

寝る前にも液晶モニタを使わなければならないときは、設定を変える方法もおすすめです。

画面の青色光を下げることで、ブルーライトの量が少なくなり、睡眠不足を防いでくれます。

しかし、画面の中の青色が減少するということは、それ以外の赤や緑が強調されてしまうということです。

あまり変化を感じないようなら問題ありませんが、どうしても気になってしまうときは、青色光だけを下げるのではなく、画面全体の明るさを抑えてみましょう。

そうすると、色の変化を最小限に抑えつつ、ブルーライトの量もしっかりと軽減することができます。

明るすぎる画面は、目にかかる負担が大きくなるというデメリットもあるので、眼精疲労などを防ぐためにも、やたらと明るい設定にすることは避けてください。

適度な明るさになっていれば、快適に使うことができます。

まとめ

液晶モニタは、仕事や趣味などで重宝される便利なアイテムですが、使い方には十分注意してください。

寝る前に長く見つめていると、熟睡できなくなり、ひどいときは体調を崩してしまうこともあるのです。

それを防ぐためには、ここで紹介した対策を試してみてください。

ブルーライトの影響を軽減していれば、ぐっすりと眠ることができます。

スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 液晶モニタ