おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

*

液晶モニタの掃除で汚れを残さないためには?おすすめの4つの対策

   

液晶モニタは、ときどき手入れをしながら大切に使うことが大切です。

汚れを落としてきれいな状態で使っていれば、いつも快適に映像を見ることができ、劣化を抑えることにもなります。

ただし、適当に画面を拭いていると、落としきれずに残ってしまう汚れもあるので、注意しなければなりません。

では、汚れを残さないための対策について、詳しく説明していきましょう。

おすすめ液晶モニタ・ディスプレイランキングはこちら

スポンサーリンク

電源を切る

液晶モニタの掃除で汚れを残さない方法を考えるときは、画面の拭き方にばかり注目してしまうことも多いですが、それ以外にもできることはあります。

それが、「掃除を始める前に電源を切る」というものです。

電源が入っていようが切れていようが、まんべんなく画面を拭けばそれで解決できそうな気もしますが、それは間違いです。

きちんと電源を切らずに掃除を始めた場合、どうしても拭き残しが多くなってしまいます。

なぜなら、汚れの見落としが増えるからです。

電源が入ったままだと、画面が白っぽくなってしまうため、指紋や水滴の跡などが見えづらくなります。

そうなると、汚れが本当に落ちたかどうか、確認することが難しくなってしまうのです。

「すみずみまで拭けば大丈夫なはず」と考えてしまうこともありますが、いくら全体を拭いたところで、すべての汚れを一発でぬぐい取れるとは限りません。

一部に頑固な汚れがあったりすると、自分では満足していても、結果を見たときにがっかりしてしまうことがあるのです。

そのようなミスを防ぐためには、しっかり電源を切るようにしてください。

黒い画面なら見落としはない

液晶モニタの画面に付着した指紋などの汚れは、白っぽく見えるものです。

そのため、電源を落として画面を黒くしておけば、どこにどんな汚れがあるのか、すぐに見分けることができます。

汚れの位置をきちんと把握できているのであれば、見落としが起きることはありません。

画面全体を拭いても落としきれなかい汚れがあった場合、そのまま放置したりせず、素早く対応することができるのです。

この方法で、画面をよく見ながら丁寧に拭いていけば、一回の掃除ですべての汚れが落ちるようになります。

あとから残った汚れを見つけて、また掃除をするような二度手間は起こりません。

一発で終わらせるためにも、忘れずに電源を切り、汚れが見やすい画面にしておきましょう。

おすすめ液晶モニタ・ディスプレイランキングはこちら

スポンサーリンク

水拭きをしない

液晶モニタの画面の汚れを残さず落としたいときは、濡れた布を使いたくなったりしますが、その方法は間違いです。

確かに、窓ガラスなどを拭くとなれば、濡れたもので拭くことも多いため、液晶モニタの画面の場合も、同様の方法で問題ないように思えてしまいます。

むしろ、乾いた布を使うよりも汚れが落ちやすそうなため、拭き残しをなくするにはぴったりなイメージすらあります。

しかし、実際には、汚れを落としきれないときの原因のひとつになっているので、安易に濡れたものを使うのはよくありません。

液晶モニタの画面を水拭きした場合、水分の乾いた跡が白く残ってしまい、掃除のあとでもきれいに見えなくなってしまうのです。

したがって、水拭きする方法だと、何度も掃除をやり直さなければならず、時間も労力も無駄にかかってしまいます。

そのようなデメリットを防ぐためには、濡れたものを使わずに汚れを落とすようにしましょう。

基本は乾拭き

液晶モニタの画面を拭くなら、基本的な方法は乾拭きになります。

柔らかいクリーニングクロスなどを濡らさずに使い、優しく画面を拭くようにすると、汚れが残ってしまう心配はありません。

水拭きだと、拭いても拭いてもなかなかきれいになりませんが、水の跡が残らない乾拭きなら、一回の掃除ですっきりさせることができます。

濡らした方が手っ取り早く感じることもありますが、なるべくきれいに仕上げるためには、ぜひ乾拭きにしてください。

曇らせる

液晶モニタの掃除で汚れを残さないためには、水分の跡を残さない乾拭きは、最適な方法になります。

とはいえ、すべての汚れが乾拭きで落としきれるわけではありません。

中には、普通に拭いただけでは落ちてくれない汚れもあります。

根気よく擦れば解決できることもありますが、落ちるどころか、前よりも汚れたように見える場合もあるのです。

そうなると、乾拭きにしただけで安心してはいられません。

本当にきれいな画面にするためには、汚れを落ちやすくする工夫が必要になります。

そこでおすすめなのが、息をかけて曇らせてから拭く方法です。

単純な方法なので、「なんだそんなことか」と軽く考えてしまうこともありますが、その効果はかなり期待できます。

画面が曇るということは、わずかに水分が加わるということであり、普通の乾拭きでは対応しきれなかった汚れも、意外に落ちやすくなるのです。

少し頑固な汚れがあったときは、まずこの方法を試してみてください。

曇るくらいなら跡は残らない

水分を加えることで汚れを落とす方法が有効なら、水拭きでも問題はないように思えますが、布を濡らすのはやはりNGです。

息で曇らせる方法と水拭きでは、水分の量が違います。

水拭きをするときは、ダラダラ垂れてこないように固く絞るものですが、それでも画面につく水分は多めになってしまうものです。

しかし、息で曇らせるくらいなら、ごく少量の水分にしかならないので、汚れと一緒に完全に拭き取ることができます。

それなら、乾いた跡が白く残るようなことはなく、とてもきれいな仕上がりになるのです。

汚れを残さないためには、できるだけ水分が少ない方法で掃除をしていきましょう。

液晶用のクリーナーを使う

液晶モニタの画面を拭くとき、曇らせる方法でも落ちないくらい頑固な汚れがあった場合は、洗剤を使うことになります。

基本的には普通の乾拭きがベストですが、すべての汚れを残さず拭き取るためには、洗浄力が高いものに頼る必要があるのです。

ただし、どんな洗剤を使ってもよいわけではありません。

窓拭きなどに使う通常の洗剤には、研磨剤が入っているため、液晶モニタの掃除には不向きです。

研磨剤によって表面を削ることになってしまうので、コーティングが剥がれてしまいます。

そのような劣化を防ぎ、なおかつ汚れもきちんと落とすためには、普通の掃除で使う洗剤ではなく、液晶用のクリーナーを用意してください。

液晶用のものは、液晶画面を拭くためのものなので、コーティングにダメージを与えるようなことはありません。

クリーニングクロスに染み込ませて使えば、頑固な汚れもすんなり落ちるので、積極的に利用していきましょう。

酢で代用する

液晶用のクリーナーは、画面を傷つけずに汚れを落とすには最適なものですが、少し値段が高いというデメリットもあります。

そのため、なるべく安上がりに掃除を済ませたいときは、避けてしまったりするものです。

しかし、酢を使えば、液晶用クリーナーと同じような効果を得ることができるため、お金をかけられない場合でも安心です。

1:1の割合で水と混ぜたものを染み込ませて使えば、クリーナーをつけたときのように、汚れが落ちやすくなります。

ただし、酢と混ぜる水は、余計なものが含まれていない方が望ましいので、水道水ではなくミネラルウォーターを使うようにしてください。

まとめ

液晶モニタをきれいに使うために画面を拭いても、汚れが落としきれずに残っていたりすると、またあとで同じ作業を繰り返さなければなりません。

そうした手間を減らすためには、一回の掃除で確実に汚れを取り除くことが大切なので、ここで紹介した対策をぜひ参考にしてみてください。

汚れが落ちやすくなる工夫をしていれば、拭き残しを防ぐことができます。

スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 液晶モニタ