おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

*

液晶モニタの正しい梱包方法とは? 大切な4つのポイント

   

液晶モニタは、引っ越しがあるときや、ネットオークションに出品するときなど、梱包作業をしなければならないことがあります。

そのときは、適当な方法で行うべきではありません。

不適切な方法で梱包した場合、破損してしまうこともあるのです。

梱包するのであれば、正しい方法を意識するようにしましょう。

では、液晶モニタを梱包するときのポイントについて、詳しく説明していきます。

おすすめ液晶モニタ・ディスプレイランキングはこちら

スポンサーリンク

液晶画面を保護する

液晶テレビを梱包するとき、最も注意しなければならないのは、運搬の際のダメージで壊れないようにすることです。

適当な梱包をしていると、運ぶ途中で破損してしまうことも多く、到着してから開けたとき、がっかりすることになってしまいます。

特に、液晶画面には気をつけなければなりません。

液晶画面は、運んでいるときに強い圧力がかかったりすると、簡単に割れてしまいます。

そのため、液晶画面をむき出しにして運ぶのは避けるべきです。

直接圧力がかかるような状態で運べば、壊れる可能性が高くなります。

できるだけ余計なダメージを与えないためには、液晶画面を保護する工夫をしていきましょう。

ダンボールで画面を覆う

液晶モニタの画面をしっかり保護したいときは、ダンボールを使うのがおすすめです。

画面が隠れるくらいの大きさのダンボールを用意して、液晶モニタの前面に固定します。

そうすることで、ダンボールがクッションとなり、画面にかかる負担を減らしてくれるのです。

液晶モニタが何かにぶつかったとき、むき出しの画面とダンボールで保護した画面では、後者の方がダメージは少なくなります。

それなら、運搬中にミスがあっても、簡単に割れてしまうことはありません。

ただし、液晶画面を保護するときは、直接ダンボールを当てるのではなく、シーツなどの布の上から当てるのがベストです。

そのままでも破損を防ぐことはできますが、細かい傷までしっかり防ぐには、柔らかい布が役立ちます。

まず布を当てて、その上からダンボールを被せれば、傷も破損も確実に防ぐことができるのです。

枚数を増やして強化

液晶モニタを梱包するときは、ダンボールを当てることで、運ぶときのダメージを大幅に軽減することができますが、それでも不安になることはあります。

しっかり保護していても、「これくらいで本当に大丈夫だろうか」「割れなくても傷くらいつくのでは?」と感じてしまうのです。

そんなときは、画面に当てるダンボールの枚数を増やしてみましょう。

1枚だけだと頼りなく感じることもありますが、2枚3枚と重ねておけば、クッション性が高くなります。

それなら、より多くの衝撃を吸収することができるため、傷や破損を心配する必要はなくなるのです。

固定はマスキングテープで

ダンボールを画面に固定するときは、ガムテープよりも、マスキングテープの方がおすすめです。

ただ固定するだけなら、ガムテープでも十分に役立ちますが、剥がすときのことを考えると、あまりよい方法ではありません。

ガムテープは、剥がしたあとに粘着糊が残ってしまうことも多いので、液晶モニタの側面がベタベタしてしまう可能性があります。

しかし、マスキングテープであれば、きれいに剥がすことができるため、跡が残ったりはしません。

液晶モニタを梱包するなら、解いたときのことも考えておくと、あとから面倒になることはないのです。

おすすめ液晶モニタ・ディスプレイランキングはこちら

スポンサーリンク

緩衝材を入れる

液晶画面をしっかり保護することができたら、あとは箱に入れることになりますが、このときに適当な入れ方をしてはいけません。

無造作に放り込んだりすると、運搬中に箱の中で動いてしまうので、思わぬダメージが加わってしまいます。

いくら画面を保護しているとはいえ、無駄に衝撃を与えるようなことは避けるべきです。

そこでおすすめなのが、緩衝材になります。

液晶モニタの周りを緩衝材が包んでいれば、箱が揺れたりトラックが揺れたりしても、大きく動くことはありません。

また、緩衝材を使っていれば、運んでいるときに何かトラブルがあっても、液晶モニタへの影響は少なくなるので、被害を最小限に抑えることができるのです。

上下左右にしっかり詰める

緩衝材を入れるときは、液晶モニタを包み込むように、上下左右を埋めていきましょう。

詰め紙や新聞紙などを使って、液晶モニタの周りを隙間なく塞いでいけば、少しくらい箱が揺れても、グラついたりはしません。

隙間があると、どうしても動きが大きくなってしまうので、できるだけぴっちりと詰め込むようにして、無駄な動きを抑えてください。

また、毛布やエアキャップなどを使い、液晶モニタを包んでおくのもおすすめです。

それなら、より多くの衝撃を吸収することができるため、破損のリスクはさらに少なくなります。

上からの圧力に備える

液晶モニタを梱包するとき、破損や傷を防ぐためには、上からの圧力を軽減する工夫も必要になります。

この点は見落としていることが多いので、注意しなければなりません。

画面を保護して緩衝材を詰めたとしても、箱の上から別の荷物などを乗せてしまったとしたら、その重さによる圧力で、液晶モニタにダメージを与えてしまうのです。

もちろん、液晶モニタが入った箱の上には何も重ねないことが一番ですが、うっかり間違えてしまう可能性はあります。

その対策としては、箱に書き込みをして、何が入った箱なのか判別しやすくする方法もありますが、その目印を見逃してしまうこともあり得るのです。

また、気をつけて箱を積み込んだとしても、何かの拍子に他の荷物がずれて、重なってしまうこともあります。

そうした万が一の事態に備えて、液晶モニタの上をガードするようにしましょう。

ダンボールで蓋をする

液晶モニタを箱の中に入れたら、箱を閉める前に、ダンボールを被せてください。

中の液晶モニタが隠れるようにダンボールをカットし、蓋をするように覆ってから、箱を閉めましょう。

そうしておけば、箱の上部が通常よりも厚くなり、上から圧力がかかったとしても、液晶モニタへの被害は少なくなります。

あまり重くないものでれば、上に乗せたまま運んでも、箱が凹んだりする心配はないのです。

複数の液晶モニタを梱包するコツ

液晶モニタの梱包作業をするとき、もし複数あった場合は、なるべくコンパクトにすることも考えなければなりません。

できることなら、ひとつの箱に複数の液晶モニタを入れてしまいたいものです。

そんなときは、ダンボールで液晶モニタを包んでしまいましょう。

まず、液晶モニタがすっぽりと入るくらいのダンボールを用意して、それを広げていきます。

すっかり平たくなったら、その中央に液晶モニタを置き、上下左右から包み込んでください。

このときは、液晶モニタをむき出しのまま包むのではなく、シーツや不織布などで事前に保護しておくのがおすすめです。

保護してから包むことで、ダンボールに擦れて細かい傷がつくことを回避できます。

そして、完全に包み終えたら、ダンボールがばらけないようにガムテープで止めて完成です。

あとは、大きい箱の中に、本を並べる感覚で縦にして入れていきましょう。

この方法なら、複数の液晶モニタを一度に、しかも安全に運搬することができるのです。

液晶モニタの数が多く、箱をいくつも用意できないときは、ぜひ試してみてください。

まとめ

液晶モニタを梱包するときは、雑に包んだりせず、きちんとポイントを押さえて、適切な方法で行うことが大切です。

正しい方法で梱包しておけば、運搬中に壊れるリスクを減らすことができます。

液晶テレビに負担をかけないためにはどうすればよいのか、ここで紹介したポイントを参考にして、よく考えてみてください。

安全な方法で丁寧に扱っていれば、液晶テレビを長持ちさせることができます。

スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 液晶モニタ