おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

*

液晶モニタはどう選ぶ?4つの用途から考える選ぶためのポイント

      2017/09/08

ASUS 薄い・軽量、USBで簡単接続 15.6型ワイドモバイルディスプレイ ( IPS / 広視野角178°/ 厚さ8mm / 重さ800g / 1,920×1,080 フルHD / USB3.0 / ノングレア / 3年保証 ) MB169B+

液晶モニタを購入する場合、どう選べばよいのか悩む場合があります。

一口に液晶モニタと言っても、その機能はさまざまなので、簡単には決められません。

そこで、ひとつの目安として、「何に使うか」ということを考えてみましょう。

使い方によって、あると便利な機能は異なるものです。

ここでは、4つの使い方を挙げ、それぞれどこに注目して選べばよいのか、説明していきます。

おすすめ液晶モニタ・ディスプレイランキングはこちら

スポンサーリンク

仕事で使う

画面を広く使えるか

パソコンを使う仕事の場合、画面がいくつもあると、視線が行ったり来たりするので、閲覧や入力がしづらくなってしまいます。

そこで、画面の表示領域が重要になります。

表示領域が広ければ、より多くの情報を表示することができるため、仕事の効率が上がります。

そのために必要な機能が、「マルチディスプレイ」です。

この機能があれば、複数のパソコンの画面を、ひとつ大画面にまとめて表示することができます。

また、ノートパソコンの画面を、より大きな画面に表示することも可能です。

他にも、解像度が高いものを選べば、表示領域は広くなります。

スペースを有効に使えるか

仕事で液晶モニタを使う場合、その置き場所も問題です。

なるべく解像度の高いものがよいとは言え、あまり大きすぎると場所をとってしまいます。

仕事のデスクであれば、モニタ以外にも必要なものは多いので、省スペースは重要です。

そんなときは、「スクエアタイプ」の液晶モニタを使ってみましょう。

ワイドタイプとは異なり、ほぼ正方形の形をしているため、横幅をとることがありません。

これは、縦に広くなっているため、ブラウザなどを閲覧しやすいというメリットもあります。

また、フルHDでありながらコンパクトなワイドタイプもあります。

目を酷使しないためには

仕事で液晶モニタを使う場合に心配なのは、長時間画面を見つめることで、目に大きな負担がかかってしまうことです。

ブルーライトが発せられていることを考えれば、この負担はなるべく減らしたいところです。

そのためには、「ブルーリダクション」という機能が、便利な働きをしてくれます。

これが搭載されていると、画面自体がブルーライトを軽減してくれるのです。

通常は、専用の眼鏡をかけたり、フィルターを張ったりして対策するものですが、この機能があれば、そのまま使っていてもブルーライトを抑えられます。

おすすめ液晶モニタ・ディスプレイランキングはこちら

スポンサーリンク

写真・動画・ゲームに使う

写真をきれいに映せるか

写真を表示するときに気になるのは、「色がしっかり再現されているか」、「角度によって色が変わらないか」ということです。

特に、高精細な写真を表示する場合には、その美しさを損なわないようなモニタを使いたいものです。

これには、「広色域パネル」や「広視野角パネル」がおすすめです。

広色域パネルは、元の画像の色を鮮やかに再現することができるので、写真には最適です。

また、広視野角パネルは、どの角度から見ても色が変化したりせず、美しい画像を楽しむことができます。

高画質な動画を再生できるか

動画を高画質で再生するためには、やはり「4K」がおすすめです。

フルHDの約4倍もの情報量を表示することができるので、より繊細で迫力のある映像が楽しめます。

大自然の鮮やかな色や、人物の微かな表情の変化なども、余さず映し出してくれます。

動画にこだわるなら、ぜひ4Kを検討してみましょう。

また、動きのある動画をきれいに再生するには、「オーバードライブ」も便利な機能です。

この機能は、動きの残像を軽減することができるので、よりクリアな映像になります。

映像の世界に入り込めるか

映画やゲームを楽しむ際には、その世界にどれだけ没入できるかも、大切なポイントです。

些細なことが気になって集中できないようでは、作品の魅力も伝わりにくくなります。

特に、ゲームにおいては一体感も重要になるため、没入できるかどうかは重要です。

この点を優先するなら、「フレームレスパネル」を選びましょう。

これは、通常のモニタのような周囲のフレームがなく、画面だけが切り取られて浮いているような感覚を軽減できます。

さらに、マルチディスプレイ機能を併せて使えば、より没入感を高めることも可能です。

教育に使う

楽しい授業をするためには

パソコンなどを使った授業では、ただ勉強するだけでなく、楽しく学ぶことも大切です。

楽しんで学ぶことで、しっかりと知識が身につきます。

そこで、タッチパネル液晶を活用してみましょう。

タッチパネルに対応した液晶モニタであれば、字を書くのも絵を描くのも、自由自在です。

キーボードやマウスを使うのが苦手な人でも、直感的に操作できるので、とても簡単に学習を進めることができます。

タッチペンを使用すれば、さらに細かい作業をすることも可能です。

大人数で使うためには

学校の授業となれば、複数の生徒が液晶モニタを使用します。

教室内に十分な数を用意しなければなりませんが、大きいモニタはかさばります。

それで作業しにくいような環境になっては、効率のよい授業はできません。

そのため、省スペースに有効な「スクエアモデル」がおすすめです。

仕事の環境を整えるためにも便利ですが、ストレスなく学習するためにも、省スペースは欠かせません。

授業のために何台も液晶モニタを設置するなら、このモデルを検討してみましょう。

耐久性があるか

授業で使う液晶モニタは、消耗しやすいものです。

大勢の生徒が使用するので、それだけ酷使するということです。

そのため、授業で使う液晶モニタを選ぶには、耐久性にも注目しなければなりません。

そこでおすすめなのが、「保護フィルター」です。

このフィルターがついたモニタであれば、タッチパネル操作による傷も、大幅に減らすことができます。

ガラスの2倍の強度をもつフィルターもあるので、授業で使うには最適です。

さらに、「耐指紋コーティング」があれば、指紋もつきにくくなり、手入れの手間が省けます。

プライベートで使う

家族や友人と楽しむためには

プライベートでは、家族や親しい友人と、楽しく液晶モニタを使う機会も多いものです。

そんなときに便利なのが、「PIP機能」と「POP機能」です。

PIP機能は、画面の中にもうひとつ、サブ画面を表示させることができます。

これを使えば、一方ではゲーム、もう一方ではテレビというように、ひとつの画面を複数で使うことができるのです。

重なって見にくいようなら、POP機能を使えば、画面の外にサブ画面を表示させることが可能です。

さらに、HML対応のモニタであれば、スマートフォンやタブレットの画面を映すこともできます。

目の負担を軽減できるか

液晶モニタを長く見続けるのは、仕事のときだけではありません。

プライベートであっても、趣味や娯楽のために長時間見つめることもあります。

そのため、プライベート用の液晶モニタを選ぶ際も、「ブルーリダクション」は大切な機能と言えます。

また、目を酷使しないためには、非光沢のモニタもおすすめです。

これは、画面の映り込みを防ぐため、目にかかる負担を抑えてくれます。

趣味や娯楽で使うならば、映り込みが少ないことで、より映画やゲームに没入できるというメリットもあります。

自宅でも大画面で楽しむには

自宅で液晶モニタを使う場合も、やはり場所の問題は発生します。

しかし、仕事や勉強で使うわけではないので、なるべく大きな画面で楽しみたいものです。

そんなときは、「フレームレスパネル」を選ぶとよいでしょう。

フレームレスパネルは、没入感を高めてくれるだけではありません。

これは、すっきりとしたスタイリッシュなデザインになっているため、大画面でありながら、場所をとらないというメリットもあるのです。

さらに、スピーカーが内蔵されているモニタであれば、スピーカーのスペースも節約できます。

まとめ

液晶モニタには、多くの便利な機能が備わっています。

それらの機能と、用途を照らし合わせて考えれば、最も適したモニタを選ぶことができます。

そのため、液晶モニタを購入する際には、どんな機能があるのか、それで何ができるのか、詳しく調べることが大切です。

せっかくお金を払って買うのですから、あとで後悔しないように、慎重に選びましょう。

スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 液晶モニタ