おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

*

液晶モニタはブルーライトに注意! おすすめの対策について

   

I-O DATA モニター ディスプレイ 23.8型 EX-LD2381DB (広視野角/ブルーライト軽減/スピーカー付/3年保証/土日もサポート)

液晶モニタは、目に負担をかけないように使うことが大切です。

というのも、液晶モニタからは、ブルーライトが出ているからです。

何も対策をせず、ただ使っているだけでは、大量のブルーライトを浴びてしまうでしょう。

ここでは、液晶モニタを使う際、ブルーライトの影響をなるべく受けない方法について、詳しく説明していきます。

おすすめ液晶モニタ・ディスプレイランキングはこちら

スポンサーリンク

ブルーライトの影響とは

液晶モニタから出るブルーライトとは、日光にも含まれているものであり、かなり強い光です。

そのため、これをまともに見てしまうと、角膜や水晶体では吸収しきれず、もろに網膜を刺激することになります。

つまり、ブルーライトを見つめ続けていると、目に大きな負担がかかってしまうわけです。

パソコンでの作業など、ブルーライトを長時間見つめるような場合は、ちらつきが増えたり、輪郭がかすんで見えることも多くなります。

これは、目に負担がかかり、とても疲れている証拠です。

放置しておけば、だんだん視力も下がってくるでしょうさらに、ブルーライトの刺激に加齢が加わると、白内障などの目の病気にもつながる場合があります。

現代では、ブルーライトが出るものを使う時間が多くなっているので、この対策はしっかり行わなければなりません。

睡眠を妨げることも

ブルーライトの影響は、目にかかる負担だけではありません。

体のリズムを乱し、毎日の睡眠にも悪影響を与えてしまうのです。

これは、ブルーライトにより、メラトニンというホルモンが抑制されてしまうことが原因です。

メラトニンとは、眠りを促す働きをもつホルモンであり、眠るときは、これが多く分泌されることになります。

しかし、ブルーライトには、このホルモンを抑える効果があるので、寝る前に液晶モニタやスマートフォンを見ていると、メラトニンが減ってしまうのです。

すると、眠りを促す働きが鈍るわけですから、どうしても寝つきは悪くなります。

そのような生活を続けていると、次第に体内時計が狂ってしまい、いつも睡眠不足の状態になってしまうでしょう。

このように、ブルーライトが健康に与える影響は、無視できないものがあります。

寝る前になったら、なるべくブルーライトを出すものは見ないようにしてください。

おすすめ液晶モニタ・ディスプレイランキングはこちら

スポンサーリンク

ブルーライトをカットしよう

液晶モニタを使う際、ブルーライトの刺激を軽減するためには、いくつかの方法があります。

そのひとつが、ブルーライトをカットするための、専用のメガネを使用することです。

これをかけて液晶モニタを見るようにすると、ブルーライトから目を守ることができます。

長時間モニタを見ていると、目が重くなってきたり、視界がかすんだりすることも多いですが、ブルーライトカットのメガネをかけていれば、そうした不調を感じにくくなるのです。

しかし、中には、「メガネでは効果が薄い」と感じている人もいます。

その場合は、レンズの色の濃さが足りていない可能性があるので、別の製品を使ってみるとよいでしょう。

ブルーライトカットのメガネは、濁った橙色のレンズになっており、色の薄いものと濃いものがあります。

このうち、よりブルーライトの光を抑えられるのは、やはり色の濃い製品なのです。

そのため、効果を実感できない場合は、できるだけ濃いめのレンズに変えてみると、改善されることがあります。

保護フィルムもおすすめ

液晶モニタのブルーライトをカットするには、目を保護するのではなく、モニタの方をフィルムで覆う方法もあります。

ブルーライトをカットできる専用のフィルムが販売されているので、それを使えば、簡単にブルーライトの量を軽減することができるのです。

画面にフィルムを貼る方法だと、「見にくくなるのでは?」という不安もありますが、実際には、それほど違和感を感じるものではありません。

色調の変化などを極力抑えた製品も多いので、フィルムを貼っていても、問題なく使うことができるでしょう。

また、一度フィルムを貼りつけてしまえば、その後は常にブルーライトをカットできるので、メガネのように、かけたり外したりする面倒がないこともメリットです。

メガネに抵抗を感じる人は、ぜひ試してみてください。

輝度を調節しよう

液晶モニタは、暗いよりも明るい方が見やすく感じるものです。

そのため、輝度をかなり高めにして使ってしまうこともありますが、ブルーライトを抑えるなら、これは避けた方がよいでしょう。

なぜなら、ブルーライトの量は、明るい方がより多くなってしまうからです。

ブルーライトの刺激を少なくするには、輝度を低めに設定して、明るさを抑えた画面にする必要があります。

これは、デスクで作業をするために使う液晶モニタの場合、特に注意しておきたいポイントです。

映画やドラマを見るためのものなら、ある程度は距離を空けることになりますが、デスクで何か作業をするとなれば、それよりも近くで画面を見つめる場合が多いでしょう。

つまり、その際に輝度を高くしていると、よりブルーライトの影響を受けやすいわけです。

近くで見なければならない液晶モニタは、必ず輝度を下げておいてください。

購入後は調節を忘れずに

液晶モニタは、新品の場合、大抵は輝度が高く設定されています。

中には、最大まで上げてある製品もあり、かなり眩しく感じることも多いです。

そのため、購入したばかりの液晶モニタを、そのままの状態で使うのはやめましょう。

何もしない状態では明るすぎるため、ブルーライトを多量に浴びることになってしまいます。

新品の液晶モニタは、使う前に必ず輝度を確認して、明るさの調節を行ってください。

ブルーライトカット機能のある製品を選ぼう

ブルーライトの対策は、多くの人が悩まされている問題です。

昔はそのような心配は不要でしたが、ブルーライトを出す機器を多く使う現代では、避けては通れないものになりました。

そのため、できるだけ簡単に対策をするための工夫が行われており、液晶モニタ自体にブルーライトカット機能を搭載した製品も、多く販売されているのです。

メガネやフィルムを用いた対策を面倒に感じるようなら、そうした製品を選ぶとよいでしょう。

では、おすすめの製品をいくつか紹介します。

I-O DATA 23.8型 EX-LD2381DB

I-O DATA モニター ディスプレイ 23.8型 EX-LD2381DB (広視野角/ブルーライト軽減/スピーカー付/3年保証/土日もサポート)

ブルーライトを最大で50%軽減することができる「ブルーリダクション」という機能が搭載されています。

フィルムを貼ってしまうと、剥がさない限りは常に効果が続きますが、ボタンひとつで簡単にONとOFFが切り替えられるブルーリダクションは、状況によって使い分けることが可能です。

さらに、5段階に調節できるようになっているため、作業の内容や使う人に合わせて変えることもできます。

グリーンハウス 23.6型 GH-LCW24B-BK

グリーンハウス ブルーライトカット機能搭載 23.6型ワイド液晶ディスプレイ ブラック GH-LCW24B-BK

この製品でブルーライトカット機能をONにしておくと、最大で76%カットすることができます。

また、30%・60%・76%の3段階で切り替えが可能なので、状況によって適切な設定にするとよいでしょう。

さらに、この3段階の切り替えはタッチ操作で手軽にできるので、面倒な作業などで煩わしさを感じる心配もありません。

EIZO FlexScan 23.8型 EV2451-RBK

EIZO FlexScan 23.8インチ ディスプレイ モニター (フルHD/IPSパネル/ノングレア/ブラック/5年間保証&無輝点保証) EV2451-RBK

EIZOのFlexScan EVシリーズには、ブルーライトカットのための2つの機能が備わっています。

ひとつは、紙を見ているような風合いを再現する「Paperモード」、もうひとつは、周囲の明るさに合わせて自動的に調整が行われる「Auto EcoView」です。

このふたつの機能を組み合わせ、ブルーライトを最大で73%カットすることができます。

また、ちらつきを抑える「EyeCare調光方式」も採用しているので、目にかかる負担を軽減するには、最適の製品です。

まとめ

液晶モニタは、現代ではありふれた製品であり、日常風景のひとつといっても過言ではありません。

しかし、そのように「当たり前のもの」となってしまったことで、正しい使い方を軽視してしまうことも多いです。

液晶モニタは便利なものですが、ブルーライトによる悪影響というリスクもあるため、使い方には十分注意しなければなりません。

ブルーライトを抑える方法を常に意識して、安全に使っていきましょう。

スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 液晶モニタ