おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

*

液晶モニタは適切に使おう! 注意すべき4つのポイントについて

   

I-O DATA モニター ディスプレイ 20.7型 EX-LD2071TB  (ブルーライト軽減/スピーカー付/3年保証/土日もサポート)

液晶モニタは、現代の生活では欠かせないアイテムのひとつであり、多くの人が日常的に使用しています。

いろいろと便利な機能も備わっており、仕事でもプライベートでも重宝する液晶モニタですが、使うには、正しい方法を意識しなければなりません。

しかし、ありふれたものであるだけに、ただ何となく使っていることも多いです。

そこで、液晶モニタの適切な使い方を紹介していきましょう。

おすすめ液晶モニタ・ディスプレイランキングはこちら

スポンサーリンク

輝度を調節しよう

液晶モニタには、画面の明るさを指す、輝度という値があります。

輝度の単位は、cd/㎡(カンデラ毎平方メートル)であり、この値が大きいほど、画面は明るくなります。

一般的に、明るい画面の方が見やすくなるため、高輝度を売りにした製品もあるのです。

しかし、明るすぎる画面を長時間見続けた場合は、目に負担をかけてしまう恐れがあります。

そのため、液晶モニタを使う際は、輝度を適度に調節しておかなければならないのです。

特に、仕事で使う液晶モニタには注意してください。

テレビ番組や映画などを見るときは、少し高めの輝度の方が適していますが、机の前で作業するときは、それよりも近い距離で画面を見ることになります。

その状態で、テレビなどと同じような高い輝度にしていると、どうしても目が疲れてしまうでしょう。

つまり、液晶モニタの輝度は、使い方に合わせて調節することが大切なのです。

新品は輝度が高い

買ったばかりの新品の液晶モニタは、必ず輝度をチェックしてから使うようにしましょう。

なぜなら、新品の液晶モニタは、輝度が高めに設定されていることが多いからです。

製品によっては、最大の輝度になっていることもあります。

そのため、何もせずにそのまま使っていると、目に大きな負担をかけてしまうのです。

これを避けるには、輝度がどうなっているのか確認し、使い方に合わせて調節する必要があります。

多くの製品では、「映画モード」「テキストモード」など、用途に合わせたモードが備わっているので、それもうまく活用するとよいでしょう。

適切な輝度にして使えば、目の負担は軽減することができます。

おすすめ液晶モニタ・ディスプレイランキングはこちら

スポンサーリンク

ブルーライトの対策をしよう

液晶モニタを使用する際、目に負担をかけてしまう原因は、輝度だけではありません。

画面から発生するブルーライトも、そのひとつなのです。

ブルーライトは、液晶モニタやスマートフォンなどの画面から出ている光であり、かなり強いエネルギーをもっています。

そのため、目からブルーライトが入ると、角膜や水晶体で吸収することができず、網膜を直に刺激することになってしまうのです。

また、他の光よりも波長が短いため、画面の眩しさやチラつきを感じることも多くなります。

そんな光を長時間見つめていたのでは、目の疲労はどんどん蓄積されてしまうでしょう。

さらに、ブルーライトを浴び続けていると、睡眠不足になる可能性もあります。

ブルーライトは太陽光にも含まれており、メラトニンという眠りを促すホルモンを抑制し、体を目覚めさせてしまうのです。

この効果があるため、夜に液晶モニタやスマートフォンを見つめていると、体が眠る態勢に入ることができず、寝つきが悪くなります。

それが続くと、体内時計が狂ってしまい、生活のリズムも乱れていくのです。

こうしたトラブルを回避するためにも、ブルーライトを防ぐ対策を行い、少しでも浴びる量を減らすようにしましょう。

ブルーライトを軽減するには

できるだけブルーライトを浴びないようにするなら、先述した輝度の調節も、有効な手段になります。

画面が明るければ、それだけブルーライトの量も増えることになるので、輝度を抑えておけば、かなり軽減できるでしょう。

また、画面の設定を変えるのではなく、専用の眼鏡をかけて、目を保護する方法もあります。

ブルーライトをカットできる眼鏡は多く販売されているので、輝度の微妙な調節を面倒に感じる人は、これを活用してください。

しかし、普段から自分に合わせた眼鏡を着用している人は、別の眼鏡では不便に感じることも多いでしょう。

度付きの製品もありますが、すべての人に対応できるわけではありません。

そんなときは、専用の液晶フィルムがおすすめです。

画面に貼り付けることでブルーライトを抑えられるので、眼鏡がなくても十分な対策になります。

適切な手入れをしよう

液晶モニタを使うなら、自分にかかる負担だけでなく、製品の負担も考えることが大切です。

頻繁に使うものは、それだけ劣化が早くなることも多いので、こまめに手入れをするようにしましょう。

ただし、手入れの方法を間違えてはいけません。

もし間違った手入れを続けた場合は、逆に寿命を縮めてしまう可能性もあるのです。

例えば、画面の汚れを落とそうとした場合、窓拭きなどに使う洗剤をつけると、きれいになりそうなイメージがあります。

しかし、そうした洗剤には研磨剤が含まれているため、画面にはよくありません。

また、ティッシュで拭くのも、細かい傷がついてしまうので避けるべきです。

他にも、水道水を使うと、わずかな不純物の影響で、白い汚れがついたりします。

このように、普通なら特に問題のなさそうな方法でも、液晶モニタにとっては悪影響になるものは多いです。

したがって、手入れをするなら、手近にあるもので適当に済ませるのではなく、液晶モニタを傷つけないような正しい方法で行いましょう。

液晶モニタの正しい手入れとは

液晶モニタを拭くなら、ティッシュではなく、眼鏡やカメラに使うようなクリーニングクロスがおすすめです。

それなら、繊細な液晶モニタの画面にも、傷がつく心配はありません。

優しく繰り返し拭くようにすれば、ちょっとした汚れなら十分に落とすことができるでしょう。

もし頑固な汚れがあった場合は、息を吹きかけたり、余計なものが含まれていないミネラルウォーターを染み込ませて、少し水分を加えてください。

そうすると、落ちにくい汚れにも大抵は対応できるでしょう。

また、拭き始める前に、できるだけ埃を払っておけば、埃ごと拭いて画面を傷つけるリスクも回避できます。

汚れを防ごう

液晶モニタは、手入れをしながら使うのが基本ではありますが、汚れが付着しないような使い方をすることも大切です。

汚れが少なければ、それだけ画面のダメージも少なくなり、長持ちさせることができます。

そこで注意しておきたいのが、飛沫を発生させるような行動です。

例えば、液晶モニタの近くで汁物を食べたり、飲み物を飲んだりすることは、飛沫の汚れをつける原因となります「これぐらいなら大丈夫」と油断していると、思わぬ失敗をしてしまい、大量の汚れがつくこともあるので、十分注意してください。

また、くしゃみにも要注意です。

くしゃみの飛沫はかなり広範囲になるので、画面の前はもちろん、液晶モニタの近くでするのも避けた方がよいでしょう。

もし出そうになったら、できるだけ画面から顔を背けて、逆の方向に飛ぶようにしてください。

カバーを活用しよう

汚れから液晶モニタを守るには、カバーを使うとよいでしょう。

むきだしのまま置いておくと、どうしても汚れが付着しやすくなります。

飛沫などに注意していたとしても、何かのミスで汚れがついてしまう可能性は、ゼロではありません。

しかし、カバーで覆っておけば、そうした不測の事態が起こっても安心です。

埃をかぶる心配もなく、劣化の原因になるような汚れは、ほとんど防ぐことができます。

また、傷や破損を防ぐ効果もあるので、劣化を遅らせて長く使うためには、最適な方法です。

汚れがつかなければ手入れも楽になるので、液晶モニタを保護するなら、ぜひ利用してみましょう。

まとめ

液晶モニタは便利な製品ですが、使い方を間違えると、目を悪くすることもあります。

また、大切に扱わなければ劣化が早くなり、頻回に買い替えることになるかもしれません。

そのため、適当な使い方をするのは避けるべきです。

適切に使っていれば、目に負担をかける心配はなく、劣化を防いで長持ちさせることもできるでしょう。

スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 液晶モニタ