おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

*

液晶モニタをきれいにするには?正しい手入れの方法と注意点

      2017/09/08

プラス クリーナー 毎日液晶用 大判 OC-300GE 68-765

液晶モニタは、使っているうちに、だんだんと汚れてくるものです。

そのため、何もせずに使い続けていれば、蓄積された汚れによって、液晶モニタの寿命を縮める可能性があります。

そこで、定期的な手入れが重要となるわけですが、その際は適当に画面を拭いたりしてはいけません。

間違った方法では、逆にダメージを大きくすることもあるので、必ず正しい方法で行うことが大切です。

おすすめ液晶モニタ・ディスプレイランキングはこちら

スポンサーリンク

こんな方法はNG

正しい方法を説明する前に、まず、やってはいけない方法を紹介しましょう。

その方法について知っていれば、取り返しのつかない事態は回避できます。

もし、すでにやってしまったものがあれば、それ以上は決して行わないでください。

洗剤を使う

この洗剤とは、普通に市販されているような、スプレー式の液体クリーナーのことです。

ガラス窓を拭くのと同じイメージで、そうした洗剤を使えばきれいになるように思えますが、実は、画面に多大なダメージを与えてしまうことになります。

なぜなら、そのような洗剤の場合、ほとんどが研磨剤や溶剤を含んでいるからです。

これらは、液晶モニタの繊細な画面には刺激が強すぎます。

もし使用した場合は、画面のコーティングが剥がれたり、フィルターが傷ついたりするので、液晶モニタの劣化を早めることになるでしょう。

ティッシュペーパーやウェットティッシュを使う

ティッシュは柔らかいイメージがあるため、液晶画面を拭くには最適のように見えます。

しかし、人の肌には優しくても、液晶画面にはよくありません。

実は、ティッシュを使って拭いた場合、ぱっと見にはわからないような細かい傷がついてしまうのです。

たとえ小さな傷だとしても、それが蓄積されていけば、やがては大きなダメージになってしまいます。

ティッシュは身近にあるため、知らずに何度も拭いてしまうことも多いので、特に注意が必要です。

また、ウェットティッシュの場合、アルコールを含んでいることが問題です。

アルコールは、液晶画面を傷める原因となるので、これも使わないようにしましょう。

水道水を使う

意外に思えますが、液晶モニタには、水道水もよくありません。

水道水の場合、塩素や不純物が画面に付着し、白っぽい斑点のような汚れがつくことがあります。

つまり、きれいにするために拭いたつもりが、逆に汚れを増やしてしまうというわけです。

普段の生活で使う分には問題のない水道水ですが、ほんの少し入っている成分でも、そのような悪い影響が出てしまいます。

このことからもわかるように、液晶モニタはとても繊細なので、不用意に水をつけたりしないように注意しましょう。

おすすめ液晶モニタ・ディスプレイランキングはこちら

スポンサーリンク

正しい方法

避けるべき方法がわかったところで、次は、正しい方法の手順を説明していきます。

液晶モニタの正しい手入れは、ティッシュや水道水が使えないとはいえ、何も特殊なことをするわけではありません。

それらを使わずに、誰でも簡単に手入れをすることができます。

電源を切る

正しい方法で液晶モニタの手入れをするなら、これは基本中の基本です。

何をするにしても、まず最初に電源を切ってください。

これは、画面についた汚れを見えやすくするために必要なことです。

電源が入っていると、汚れがついた部分が非常にわかりにくいため、どうしても拭き残しが多くなります。

また、電源が入った状態だと静電気が発生しているので、きれいにしたそばから埃などが付着していく恐れがあります。

それを避けるためにも、電源が切れていることを必ず確認してください。

埃を払う

電源を切ったら、次は、画面についた埃を取り除いていきます。

この作業は、画面に傷をつけないために必須となるものです。

埃がついたままで拭いてしまうと、画面に多くの傷をつけてしまうので、これはとても重要です。

もし目に見える埃がなかったとしても、なるべく省かず、軽くでも払うようにしてください。

先述のとおり、液晶画面は繊細なので、目に見えない埃であっても十分に傷の原因となり得ます。

この作業は、柔らかいブラシや、カメラに使うブロアーなど、画面へのダメージが少ないもので行いましょう。

画面を拭く

電源を切り、埃を払い、しっかりと下準備ができたら、汚れを拭き取る作業に入ります。

このときに使うのは、柔らかいクリーニングクロスです。

主に眼鏡やカメラの手入れに使われるクリーニングクロスは、ティッシュで傷がつくほど繊細な液晶モニタには、最適な布となります。

これを使い、優しく画面の汚れを拭き取りましょう。

液晶モニタの手入れでは、この「優しく」という点がとても重要です。

汚れを落とすためとはいえ、決して力を入れて擦ってはいけません。

そのような乱暴な拭き方をしたのでは、傷をつけないためのクリーニングクロスも、意味がなくなってしまいます。

なるべく軽く、繰り返し拭くことで汚れを落とすのが、正しい手入れのコツなのです。

落ちにくい汚れの対処法

液晶モニタの正しい手入れは、柔らかい布で、優しく画面を拭くことが大切です。

しかし、「本当にそれで汚れが落ちるの?」という疑問を感じる人も多いでしょう。

確かに、なかなか落ちない頑固な汚れもあるので、上記のような方法だけでは心許ないものがあります。

そんなときは、ちょっとした工夫を加えてみるのがおすすめです。

息を吹きかける

単純な方法ですが、これはかなり効果的です。

水滴の跡など、軽く拭いただけでは対応しきれない汚れの場合、その部分に息を吹きかけて、少し曇らせてみましょう。

そして、曇りがとれないうちに素早く拭けば、落ちにくい汚れもきれいに拭き取ることができます。

適度な水分が加わることで、乾拭きではとれなかった汚れも、ぐっと落ちやすくなるのです。

ピンポイントで濡らす

息を吹きかけてもとれない汚れは、その部分だけ少し濡らしてみましょう。

息よりも若干多めの水分を加えることで、落ちる場合があります。

ただし、NGな方法で紹介したとおり、水道水を使ってはいけません。

ここで使う水は、余計なものが含まれていないミネラルウォーターとなります。

また、水滴が残れば、それがまた跡になってしまうので、なるべくきれいに拭き取るようにしましょう。

お湯を使う

濡らしても落ちない場合は、水を温めてから使うのがおすすめです。

冷たい水よりも、温かいお湯であれば、格段に汚れが落ちやすくなります。

ただし、使うのはあくまでも「温かいお湯」であり、熱すぎるものを使ってはいけません。

熱湯を使ったりすると、液晶画面に悪い影響を与えてしまいます。

したがって、温めるときは、ぬるま湯になるように注意しましょう。

この方法であれば、軽く拭いて落ちない汚れも、大抵は落とすことができます。

汚れを予防する

ここまで手入れの方法を説明してきましたが、これらの作業は、普段から汚れの予防をすることで、より簡単に済ませることができます。

そもそも汚れが少ないのならば、ミネラルウォーターを使ったり、それを温めたりする手間はなくなるはずです。

では、そのためには、どんなことに注意すればよいのでしょうか。

画面が汚れる行動を避ける

液晶モニタについた水滴などは、跡になって落ちにくくなります。

そのため、液晶モニタの近くでは、飲食や歯みがきなど、飛沫が発生しそうな行為は避けることが大切です。

テレビなどを見るときは、つい飲んだり食べたりしたくなりますが、そのときは十分に画面から離れてください。

また、くしゃみで汚してしまうことも多いので、その際は顔を背けましょう。

使わないときはカバーをかける

Parblo タブレットモニター用タブレットケース 静電防止/防塵/割れ避け 軽量携帯可能ポリエステル作られ0.3*0.3スクリーン防護カバー  21インチと22インチ画面/モニタLCD UGEE/ Huion/ Parbloなどの21.5"グラフィックスタブレットモニターに対応

液晶モニタは、むき出しのままで置いておくのはよくありません。

どんなに注意していても、不足の事態によって汚れがつくことも考えられるからです。

そのため、使わないときは、カバーをかけておくようにしましょう。

それならば、ふいに水が飛んだときでも安心です。

また、埃がつくのを防ぐこともできるので、手入れがより楽になります。

まとめ

液晶モニタの汚れを落とすときは、つい手近なものを使ってしまうこともありますが、それで画面を痛めることも多いです。

画面を守るためにはダメージの少ないものを使う必要があるので、それらを手が届くところに置いておくのも、有効な手段となります。

近くにあるものが柔らかいブラシやクリーニングクロスであれば、「ついやってしまった」という事態は防ぐことができるでしょう。

スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 液晶モニタ