おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

*

液晶モニタを中古で買うときのコツは?注意したい4つのポイント

   

液晶モニタを購入するとき、その選択肢は、新品だけではありません。

予算の都合などで、中古の商品を検討する場合もあります。

しかし、液晶モニタを中古で購入するとなれば、いくつかの注意点を確認しておくことも大切です。

中古を選ぶときは、新品とはまた別のポイントが重要になります。

では、液晶モニタを中古で買うときの4つの注意点について、詳しく説明していきましょう。

おすすめ液晶モニタ・ディスプレイランキングはこちら

スポンサーリンク

画面の傷をよく見よう

液晶モニタを中古で買うときは、画面の傷について確認しておくようにしましょう。

中古品となれば、それまで別の人が使用していた商品なので、多少の使用感はあるものです。

しかし、細かい傷があまりに多いようだと、画面の見やすさに影響してきます。

きれいな画面と、傷がたくさんついた画面では、どうしても傷のある画面の方が見づらくなってしまうのです。

液晶テレビが見づらく感じるときは、画面の傷が原因になっているケースも多くあります。

そうしたデメリットを避けるためにも、画面の状態には注意して選ぶようにしましょう。

中古とはいえ、画面の状態がよいものを購入できれば、美しい映像を楽しむことができます。

傷の消し方にも注目

液晶モニタの画面に傷がついていた場合、ちょっとした工夫をすれば、その傷を目立たなくすることも可能になります。

例えば、消しゴムを使う方法です。

この消しゴムとは、特別な商品ではなく、普通に字を消すときの消しゴムで構いません。

その普通の消しゴムを使い、画面についた傷を優しく擦ると、傷が消えることがあるのです。

あまりひどい傷や大きな傷だと効果はありませんが、ちょっとした傷であれば、この方法で十分に対応することができます。

液晶モニタの中古品を購入するなら、こうした便利な方法にも注目しておきましょう。

どうしても気になる傷があったら、自分で手入れをしてから使えばよいのです。

中古で売り出すとなれば、ある程度は傷の修復をしていそうなものですが、すべての商品がきれいになっているわけではありません。

そのため、こうした傷の対策があることも、頭に入れておくようにしましょう。

おすすめ液晶モニタ・ディスプレイランキングはこちら

スポンサーリンク

接続端子を確認しよう

液晶モニタを中古で買うなら、接続端子の確認も、忘れずに行うべきポイントになります。

一般的に、液晶モニタというのは、単体で使うことはない商品です。

パソコンのモニタとして使う場合もあれば、DVDやブルーレイを見るときのモニタとして使う場合もあります。

いずれにしても、他の何かと接続して使うことになるわけです。

そうなると、対応した接続端子がある商品を選ばなければ、せっかく購入しても意味がなくなってしまいます。

例えば、現在では主流となっているHDMIも、古い商品だと、必ずあるとは限りません。

もしHDMIがない商品を選んだ場合は、HDMI接続が必要な機器は使用できないのです。

そのため、中古を選ぶときは、この接続端子が自分の使用する機器と同じであることをチェックするようにしましょう。

同じ接続端子がしっかり搭載されていれば、すぐに使うことができます。

接続端子がないときは、接続コネクタを利用することで解決できる場合もありますが、そのようなコネクタは、液晶モニタとセットになっていることはありません。

そのため、利用するためには、別売りの接続コネクタを探して購入しなければならないのです。

そうなれば、手間も出費も増えてしまうので、できれば最初からきちんと対応した商品を選んでおきましょう。

ケーブルもチェックしよう

必要な接続端子があることを確認するときは、ケーブルについても、しっかりチェックしておいてください。

いくら接続端子があっても、ケーブルがなければ接続することはできません。

自分が使う機器と液晶モニタをつなぐケーブルが揃えば、準備は万端になります。

商品によっては、HDMIケーブルが付属していることもありますが、中古品の場合、それが確実に揃っているとは限りません。

新品であれば間違いはありませんが、中古品だと、本体だけが売られていることもあるのです。

そのため、必要なケーブルが揃っているかどうか、購入する前によく見ておくようにしましょう。

もし足りない場合は、そちらも購入する必要があります。

スピーカーがあるか

液晶モニタの中古を探すときには、スピーカーの有無もしっかり確認しておくことをおすすめします。

スピーカーは、テレビだとほとんどの商品についてますが、液晶モニタでは、搭載していない商品もあります。

特に、中古で古い型の商品を探すなら、スピーカーが搭載されているか、必ず見ておくようにしましょう。

もし見落としていた場合は、あとから困ることになります。

スピーカーがない商品では、液晶モニタから音が出ないので、映像だけになってしまうのです。

そのときになって慌てるのではなく、事前に商品をチェックして、きちんとスピーカーのある商品を購入してください。

あとから買い足す方法もある

もしスピーカーのない商品を選んでしまった場合は、あとからスピーカーだけを購入することもできます。

別に買って取りつけてしまえば、スピーカーが搭載されていない商品でも、十分に使うことができるのです。

しかし、液晶モニタとスピーカーを別々に購入するとなれば、それだけ出費も多くなってしまいます。

費用を抑えるために中古を選択するなら、余計な出費が増えるのは避けたいところです。

そのデメリットを考えれば、やはり最初からスピーカーのある商品を選んでおくようにしましょう。

スピーカーと液晶モニタが一体になった商品なら、中古の安価な値段で問題なく購入することができます。

実物を見て買おう

液晶モニタを中古で購入するときは、できるだけ実物を見て買うのがおすすめです。

というのも、実物をしっかり確認できないと、ここまで紹介してきたようなポイントを見落としてしまう可能性があるからです。

特に、画面の細かい傷などは、実際に見てみないとわからない場合も多いので、選ぶ際は十分注意してください。

中古の液晶モニタを買うときは、ネットで済ませてしまうことも多いですが、確実によい商品を選ぶなら、あまりよい方法ではありません。

ネットの買い物は何かと便利ですが、実物を確認できないというのは、中古品だとデメリットになってしまうのです。

新品であれば、ネットで確認できるだけの情報でも問題はありませんが、商品の状態が重要になる中古の場合は、なるべく実物を手に取る方法で選びましょう。

実店舗に行ってみよう

中古は実物を見た方がよいといっても、近くに店舗がないような場合には、ネットの利用も必要になります。

その場合は、できるだけ情報を細かく集めて、間違いのない買い物をするようにしましょう。

しかし、もし店舗が近くにある場合には、ぜひ足を運んでみるべきです。

利用できる店舗があっても、どちらが便利か考えると、ついネットを選んでしまったりしますが、まずは実店舗で商品を確認してみるのが、よりベストな方法になります。

ネットを利用するのは、店舗によい商品がなかったときでも遅くはありません。

自分の目で商品を確認できるようなら、なるべく自分で見て検討してみてください。

まとめ

液晶モニタを中古で購入するときは、新品の商品とは別の考え方が必要になってきます。

新品であれば、商品の説明さえ読んでおけば、だいたい予想通りの商品を購入できますが、中古品だと、劣化の具合や付属品のチェックも重要になるのです。

購入するときは、ここで紹介したポイントも参考にして、よい選び方をしてください。

中古であっても、自分に合った良質な商品を見極めれば、快適に使うことができます。

スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 液晶モニタ