おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

*

液晶モニタを楽に使うには? 目の負担を軽減するための4つのポイント

   

液晶モニタを使うときは、適切な使い方を意識することが大切です。

間違った使い方をしていると、目に負担をかけてしまうことがあります。

あまりひどいときは、視力に影響することもあるので、決して軽視してはいけません。

しかし、正しい使い方といっても、詳しくない人からすると、よくわからないこともあります。

そこで、目に負担をかけないための4つのポイントについて、わかりやすく説明していきましょう。

おすすめ液晶モニタ・ディスプレイランキングはこちら

スポンサーリンク

画面に当たる光に注意

液晶モニタの画面を見づらくしてしまう原因のひとつに、光があります。

画面に光が当たりすぎていると、反射により、とても眩しく感じるのです。

そうなれば、目には大きな負担がかかってしまいます。

画面が見づらいだけでも、目の疲労は蓄積されてしまいますが、それに加えて光の量が多い状態になれば、目を刺激することになり、どんどん疲れが増していくのです。

特に、直射日光には注意しなければなりません。

画面に直射日光が当たり、それが反射することになれば、目によくないことは明らかです。

液晶モニタに限らず、スマートフォンや本などでも、直射日光が当たっていると、眩しくて見ていられなくなります。

どんなものでも、長く見つめるものには、日光を直接当てるべきではないのです。

もし直射日光が当たるような環境であれば、必ず改善してください。

位置を変えたり、カーテンを引いたりすれば、画面に当たる光の量を調整することができます。

部屋の照明もチェック

液晶モニタの画面を見づらくしてしまう光は、外から入る日光だけではありません。

部屋の中の照明も、画面に当たれば光を反射することになります。

そのため、照明の光が当たりすぎる環境も、極力避けなければならないのです。

これは、映り込みを防ぐためにも大切なことです。

部屋の照明は、画面にすっかり映り込んでしまうことがありますが、それだと画面の見やすさは低下してしまいます。

動画を見ているときなどは、暗めのシーンで蛍光灯がはっきりと映ってしまい、肝心の映像に集中できないこともあるのです。

もちろん、そんな画面を見ていれば、目の疲れも大きくなります。

照明の影響が少なくなるように、位置や角度を慎重に検討してください。

画面のタイプにも注目

反射や映り込みを防ぐためには、適した画面のタイプを選ぶことも重要です。

液晶テレビの画面には、グレア液晶とノングレア液晶があり、光の影響を受けやすいのは、グレア液晶になります。

グレア液晶は、画面に光沢があり、ツルツルしていることが特徴です。

そのため、日光や照明を反射する働きが強く、映り込みも多くなってしまいます。

一方、ノングレア液晶の方は光沢がないため、多少光が当たっても反射や映り込みは起こらず、目に負担をかけることはありません。

グレア液晶は、映像が鮮やかに見えるというメリットもありますが、反射を減らして目の疲れを軽減するなら、ノングレア液晶を選択しておきましょう。

おすすめ液晶モニタ・ディスプレイランキングはこちら

スポンサーリンク

明るさを適切に

液晶テレビで目の負担を減らすなら、周囲の環境だけでなく、画面の明るさにも注意しておくべきです。

いくら光を抑えても、画面の方が明るすぎる設定になっていると、眩しさを軽減することはできません。

画面の明るさをチェックして、楽に見ていられる設定にすれば、負担をかけることはなくなります。

特に、買ってきたばかりの新品の液晶モニタは、必ず明るさの設定を確認しておきましょう。

テレビなども同じですが、店の中に商品を並べておくときは、きれいに見せるために、明るさを高く設定しているものです。

新品の商品は、この設定がそのままになっていることがあるので、何もせずに使っていると、強い光で目を刺激することになります。

店内の照明に合わせた設定では、普通に使うには明るすぎるのです。

そのため、新品の商品の明るさのチェックは、忘れないようにしましょう。

部屋に合わせることが大切

液晶テレビの明るさを変えるときは、部屋の明るさをよく見てください。

使用する部屋の明るさに合わせて設定することが、目の負担を減らすためのコツになります。

例えば、その部屋がとても明るいときは、画面の設定も明るくするようにしましょう。

部屋が明るいのに、画面の方は暗い設定になっていると、とても見づらく感じてしまいます。

これは、部屋の明るさと画面の明るさに差がありすぎるからです。

差が大きければ大きいほど、画面は見づらくなっていきます。

つまり、部屋の明るさに合わせて画面の方も明るくし、できるだけ差が小さくなるようにすれば、目の負担を軽減できるわけです。

逆に、暗い部屋で使うときは、やはり画面の方も暗めにしておかなければなりません。

暗い部屋で明るい設定にしていると、画面の眩しさをより強く感じてしまい、目の疲労は増大します。

このときも、部屋に合わせて暗めに設定し、差を縮めておけば、快適に見ることができるのです。

また、自動で部屋の明るさに合わせてくれる商品もあるので、いちいち設定を変えるのが面倒な人は、そちらの導入を検討してください。

ブルーライトを抑える

液晶モニタを始め、液晶画面をもつ多くの商品で注意しなければならないのが、ブルーライトです。

ブルーライトは、紫外線に近い光であり、目に強い刺激を与えます。

そのため、ブルーライトを多量に浴びることになれば、目の負担は大幅に増えてしまうのです。

快適に液晶モニタの画面を見るためには、必ずブルーライトを抑える対策をしておきましょう。

色温度を変える

液晶モニタから出るブルーライトを抑えるには、画面の色温度を変更してみましょう。

多くの液晶モニタでは、色温度が高めになっており、白い色が青みがかって見えます。

しかし、その状態だと、ブルーライトが多く発生してしまうのです。

目の負担を減らすには、色温度を下げて、画面全体を赤や黄に寄せてみましょう。

そうしておけば、ブルーライトの量は軽減され、楽に画面を見ることができるのです。

ただし、画面の色温度を下げると、画像や動画の本来の色を再現できないため、違和感を感じてしまうことがあります。

色温度を下げる方法は、オフィス文書などの色が関係ない作業で用いるのがおすすめです。

明るさも重要

ブルーライトの刺激を防ぐには、画面の明るさを抑えることも、有効な方法のひとつです。

画面が必要以上に明るい状態だと、ブルーライトの量も増加してしまいます。

明るい画面で目が疲れるのは、ただ眩しいだけでなく、多量のブルーライトの影響も大きいのです。

そのため、画面の明るさは必ずチェックして、ちょうどよい設定にしておきましょう。

メガネやフィルムを使う

液晶モニタのブルーライトを抑えるなら、ブルーライトをカットするメガネを使ってみましょう。

それをかけて見ると、画面の設定を変えなくても、目に届くブルーライトをしっかりカットしてくれます。

「設定がよくわからない」という人には、こうした商品がおすすめです。

また、画面に貼ることでブルーライトをカットするフィルムもあります。

それなら、色温度の方法と違って、画像や動画の色を変えてしまうこともないので、どんなことに使うときでも、常にブルーライトを抑制できるのです。

休憩を忘れずに

液晶モニタで目の負担を減らすなら、必ず休憩を入れるようにしましょう。

光の当たり方や画面の明るさ、ブルーライトなどにいくら注意していても、使用する時間が長すぎると、目の疲労は軽減できません。

ときどき休みながら見るようにすることも、液晶モニタの正しい使い方のひとつなのです。

ただし、休憩中にスマートフォンなどを見るのはやめましょう。

せっかく液晶モニタから離れても、別の液晶画面を見ていたのでは、目の疲れをとることはできません。

休むなら、なるべく遠くを見るのがおすすめです。

長い時間画面を見つめていると、目のピントが固定されてしまうため、それを調整する機能が低下してきます。

そんなときは、遠くの景色を見て、機能を回復させることが大切なのです。

まとめ

液晶モニタは、現代の生活では欠かせないものですが、使い方を間違えると、目を悪くする原因になってしまいます。

使うなら、ここで説明したポイントを参考にして、なるべく目の負担を減らしてください。

特に、仕事などで長く画面を見ることが多い人は、必ず対策をしておくべきです。

正しい使い方を意識していれば、目の疲労を抑え、より快適に見ることができます。

スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 液晶モニタ