おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

*

液晶モニタを見るときの眠気を解消するには?  おすすめの対策4選

   

液晶モニタを見ていると、妙に眠くなってしまうことがあります。

デスクワークでパソコンに向かっているときなどは、眠気のあまり仕事が進まなくなってしまい、かなり困ってしまうこともあるのです。

そんなときは、眠気を解消するための工夫を行いましょう。

眠気を防ぐことができれば、液晶モニタを使う作業をスムーズに進めることができます。

液晶モニタを見るときの眠気を解消するには?

 おすすめの対策4選

液晶モニタを見ていると、妙に眠くなってしまうことがあります。

デスクワークでパソコンに向かっているときなどは、眠気のあまり仕事が進まなくなってしまい、かなり困ってしまうこともあるのです。

そんなときは、眠気を解消するための工夫を行いましょう。

眠気を防ぐことができれば、液晶モニタを使う作業をスムーズに進めることができます。

おすすめ液晶モニタ・ディスプレイランキングはこちら

スポンサーリンク

ブルーライトを軽減する

液晶モニタを使っていて眠くなるようなときは、画面から出るブルーライトを浴びすぎている可能性がります。

ブルーライトは、網膜を刺激する強い光であり、あまり大量に浴び続けていると、眼精疲労になってしまいます。

それが、眠気を催す原因です。

眼精疲労がひどくなってくると、本来は起きているはずの昼の時間帯でも、強い睡魔に襲われるようになります。

さらに、体の動きが少ないことも問題です。

体が動いている状態なら多少眠くても耐えられますが、液晶モニタを使うときは、じっと座っていることが多いため、眠気がどんどん強くなっていきます。

これを防ぐためには、しっかりとブルーライトの対策を行いましょう。

目の負担を減らして眼精疲労を軽減すれば、日中に睡魔を感じることもなくなります。

便利なアイテムを使う

ブルーライトの影響を抑えて眼精疲労を軽減するには、眼鏡や保護フィルムを使いましょう。

そうした便利なアイテムの助けを借りることで、簡単にブルーライトの量を減らすことができるのです。

まず、専用の眼鏡をかけた場合は、画面から出るブルーライトをレンズがガードしてくれます。

それなら、目に入る量は少なくなり、ひどくダメージを受けるようなことはありません。

保護フィルムの場合は、液晶モニタの画面の上に重ねることで、発生するブルーライトの量を抑えることができます。

また、眼鏡と違い、一度貼ってしまえば、かけたり外したりする手間がかからないというメリットもあります。

使いやすいものを選んで、ブルーライトのデメリットをしっかり防ぐようにしましょう。

体の不調を防ぐためにも

ブルーライトの浴びすぎによる眼精疲労のデメリットは、眠くなることだけではありません。

何も対策をしなかった場合、目のかすみや充血を引き起こします。

さらに悪化すれば、頭痛や肩こりといった症状が出る可能性もあるのです。

健康を維持しながら液晶モニタを使うためにも、ブルーライトの影響を軽視したりせず、常に量を減らす工夫を行うようにしてください。

眠気と体調不良をどちらも防ぐことができれば、デスクワークも捗るようになります。

おすすめ液晶モニタ・ディスプレイランキングはこちら

スポンサーリンク

休憩する

液晶モニタを見ていて眠くなってしまうようなときは、作業にまるで集中できなていないことが原因になる場合もあります。

集中力が低下していると、なかなか作業が進まず、ネットサーフィンなどをぼんやりと続けてしまうことがありますが、それはよくない状態です。

集中しているときは、眠気を感じる暇がないほどに頭と手を働かせますが、まったく集中できていないときは、いくらでも睡魔が入り込む隙があります。

そのため、集中力が切れたときは要注意です。

いつのまにかウトウトしてしまい、気がついたら意外なほど時間が経過しているということも、集中できていないときにはよく起こります。

そんなときは、無理に続けたりせず、思いきって休むことも大切です。

いったん休んでリフレッシュして、しっかり眠気を覚ましましょう。

そうすれば、またサクサクと仕事を進めることができます。

1時間を目安に

人間が集中して何かをするとき、その状態が持続するのは、50~60分くらいになります。

したがって、休憩を入れるのであれば、1時間に1回がおすすめです。

「休憩なんて眠くなってからでいいだろう」と考える人もいますが、集中力が切れてくると、作業のスピードもどんどん落ちてくるので、だらだらと続けるのはよくありません。

1時間ごとに少しだけ休憩を入れるようにすると、常に集中した状態を保つことができるのです。

それなら、睡魔に襲われることも少なくなります。

体を動かす

眠気を覚ますためには、ただぼんやりと休憩するのではなく、ストレッチをしてみましょう。

ストレッチで体をほぐすようにすると、血流もよくなるので、脳に酸素が供給され、集中力アップにつながります。

また、周りに迷惑をかけない場所で、ラジオ体操をするのもおすすめです。

体操の刺激で、かなりしっかりと目が覚めるので、ぜひ試してみてください。

熱いタオルでスッキリ

休憩中に眠気を覚ますなら、少し熱めの蒸しタオルを用意して、顔に当てるのもよい方法です。

単純な方法ではありますが、タオルの熱さが眠気を吹き飛ばしてくれるため、かなりスッキリすることができます。

時間があるときはストレッチをするのもよいですが、あまりゆっくりしていられないときは、この方法で目を覚ましてください。

タオルさえ準備できれば、顔に当てるだけですぐ効果が得られるため、短時間で眠気をとばすには最適です。

飲み物や食べ物を用意する

液晶モニタを使うときの眠気を抑えるなら、ただ画面を見るのではなく、眠気を覚ましてくれるものを飲んだり、食べたりするのがおすすめです。

飲み物なら、最もおすすめなのは、やはりコーヒーです。

カフェインには目を覚ます効果があるので、積極的に飲むようにすると、そう簡単に眠くなることはありません。

ただし、利尿作用があるため、トイレが近くなる点には注意してください。

また、食べ物ならガムを用意しておきましょう。

ガムを噛むことによる眠気覚ましは、液晶モニタを使うときだけでなく、車を運転するときなどにもよく行われている定番の方法です。

ミントとメンソールを強く効かせた眠気覚ましにぴったりな商品も多く出ているので、眠くならないためには、しっかりチェックしておいてください。

換気する

ぴっちりと密閉された部屋で液晶モニタを見ていると、酸素が足りなくなることで、眠気を催すことがあります。

閉め切った部屋の中では、吐き出される二酸化炭素がどんどん増加していくため、十分な酸素を体内に取り込むことができません。

そうなると、集中力が低下したり、強い睡魔に襲われたりするのです。

とはいえ、ひとりだけの部屋なら、消費する酸素も吐き出す二酸化炭素も少ないので、ほとんどデメリットはありません。

問題は、複数人で使っている部屋です。

何人もの人間が酸素を吸い、二酸化炭素を吐き出している部屋の中では、眠気を催す可能性が高くなります。

換気しよう

部屋の中の酸素を減少させないためには、ずっと閉め切っておくのではなく、ときどき窓を開けて新鮮な空気を入れてください。

それなら、人が多い部屋の中でも、酸素不足になることはありません。

寒い時期に暖房をつけていたりすると、暖かさを逃がさないために、ほとんど開け閉めしないでこもってしまうこともありますが、そんなときこそ換気が大切です。

常にたっぷり酸素を吸って、脳がすっきりした状態を維持しておけば、眠くならずに液晶モニタを使うことができるのです。

まとめ

液晶モニタを使っているときに眠気に襲われるようなことは、できれば避けたいものです。

大事な仕事の最中だったり、早く済ませたい作業があったりすると、かなり困ったことになってしまいます。

そんなときは、ここで紹介した方法をぜひ試してみてください。

どれも簡単にできる方法なので、しっかり対策をして、すっきりした頭で液晶モニタを使うようにしましょう。

スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 液晶モニタ